この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

丸山智己さんという俳優をご存知だろうか?

主役級の番組や映画は少ないものの、よく悪役や、脇役などで活躍する俳優さんで、顔を見れば、見たことあると思う人も多いはず!

最近は話題のドラマ『コードブルー』にも出演しており、徐々に活躍の場を増やしています。

そこで、丸山智己さんとはどのような人物なのか?

嫁が韓国人?という噂やセブンスターというワードに関してもリサーチしていきます!

スポンサードリンク

丸山智己 プロフィール

本名:丸山智己(まるやま ともみ)

生年月日:1975年3月27日

出身:長野県東御市

身長:185cm

血液型:O型

特技:バレーボール、料理、サーフィン

資格:栄養士

丸山智己さんはスポーツマンらしく小学校から中学校までは柔道に励んでおり、高校に入学してからはその長身を生かしバレーボール部で活躍していました。

さらに栄養士の資格を持っているとありますが、いつ取得したの?と気になります。

栄養士となると国家資格ですから、独学では取得できないはず!

そうなると高校卒業後の進学もしているはずですが、調べて見ると大学には進学しておらず、専門学校に進学し栄養士の資格を取得したみたいです。

残念ながら専門学校名までは分かりませんでしたが調理関係の専門学校に進学したのでしょうね。しかも家では料理を積極的に作るのだとか♪

丸山さんが作る料理とか美味しんだろうな〜!

セブンスターのモデル?

丸山さんは2003年にはセブンスターのポスターに起用されていました。

顔のワイルドさや、キリッとしたイケメンが適役と言えますね!!

NANAのヤス役だった!?

アニメや実写版でも大人気のバンド映画『NANA』!

2005年に公開された実写版では中島美嘉さんが主人公のNANA役としてクールな役柄を演じ話題となっていましたが、そのバンドのメンバーでドラム担当に、スキンヘッドでコワモテのヤスという人物がいました。

そう!その人こそ丸山智己さんだったのです!!

動画も載せておきます

映画監督の大谷健太郎氏が当時のセブンスターの広告に出ている丸山さんを見てヤス役に抜擢したらしいのです。

セブンスターの広告のワイルドさが適役だったのでしょうね!

因みに映画NANAの中のヤスはセブンスターではなく、バンド名もブラスタだからか『ブラックストーンズ』を嗜んでいました。笑

スポンサードリンク

嫁は韓国人!?

丸山智己さんで検索すると、ネットでは嫁が韓国人ではないかと噂されています。

丸山さんは確かに既婚者なのは間違い無いのですが嫁が韓国人という噂は本当なのでしょうか?気になり調べて見ました。

結果としては韓国人という可能性は低そうです。

何しろ嫁の情報がとても少ないし、丸山さんみたいに数々の作品に出演していり俳優さんが韓国人と結婚したらもっと話題になるでしょ!!

因みに丸山さんが過去の舞台『ちは立ったまま眠っている』で在日朝鮮人の役を演じたことがあるので、もしかしたらこのことが関係しているかもしれないですね!

家族構成は?

先ほども言いましたが、丸山さんは子宝に恵まれており、2005年に長男、2009年に長女、さらに2011年には次男と3人の子宝に恵まれています。

ということは奥さんも入れて5人家族いうことになりますね。

因みに子供の出産は3人とも立ち会ったのだとか!!忙しい仕事を抜けてきて出産立会いなんてとても家族思いな方なのでしょう。

さらに子煩悩なところもあるみたいで『自分の休みより子供の休みをどう過ごすかが我が家では重要な案件』というブログを公開していることから、コワモテの顔に似合わずか優しい一面があることが分かりました。笑

これからの活躍に期待していきたいですね!

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク