この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

めちゃイケなどで活躍する女優の『鈴木紗理奈』さんがマドリード国際映画祭で最優秀外国映画女優賞を受賞しました。

いつも、おちゃらけたキャラのイメージがある鈴木紗理奈さんがこのような賞を受賞したことに私自身ビックリしています!!さらに、プライベートではシングルマザーで奮闘中なのに仕事も疎かにしないガッツある女優なんだと思いますね〜

そこで鈴木紗理奈さんの受賞した映画『キセキの葉書』や、子役、公開日などについて調べて見ました。

スポンサードリンク

鈴木紗理奈 wikiプロフィール

 

名前:鈴木 紗理奈(すずき さりな)

本名:宗廣 華奈子(むろひね かなこ)

生年月日:1977年7月13日

出身地:大阪府摂津市

血液型:A型

ジャンル:バラエティタレント、モデル、歌手

活動期間:1994年〜

鈴木紗理奈さんはデビュー後はグラビアや歌手として活動していました。

筆者は昔、少年誌に鈴木紗理奈さんの写真が表紙に載っておりドキドキしていたという甘酸っぱい青春の記憶があります笑。

その後はみなさんお馴染みの笑っていいとも!やめちゃイケなどのバレエティ番組に出演し知名度をぐんぐん上げていきました。

個人的にはめちゃイケのコーナーで鈴木紗理奈がキャッツアイに扮するシーンがとても好きでした。個人的な話で申し訳有りません・・・

キセキの葉書とは?

早速鈴木紗理奈さんが主演女優賞を受賞した映画『キセキの葉書』の内容を調べて見ました。

映画の内容は、1995年の兵庫県西宮氏が舞台になっており、阪神・淡路大震災から半年が経過し脳性まひの 5歳の娘を抱えながら生活する主婦を鈴木紗理奈さんが演じています。大分県に住むうつ病を患う母親には、励ますために毎日葉書を送り続け、その数は5000通にも及んだ。

という難役を演じているみたいです。

本人コメントは↓

私も子育て真っ最中なので、脚本を読んで様々な感情を湧き出てきました。なので、子育てする母親のリアリティーを率直に表現できたらと思って演じました。

同世代の母親にはとても心に響く感動作となりそうですね。

スポンサードリンク

気になる子役は誰?

脳性まひというこれまた難役を演じるというのは子供であれ、すごいことですよね?

そんな子役を演じているのは誰なのか気になり調べて見ましたが残念ながら、わかりませんでした。ただこの役をこなす子役は相当な実力を持っていると言えますので、この映画が公開されると注目されるのは間違いないと言えるでしょうね。

8/18追記

脳性まひを演じる女の子は『八日市屋天満』という女の子でした。

ちょっと名前が特徴ありますね。所属はテアトルアカデミー大阪校に所属していました。

その他の情報としてはまだ知名度が低いため不明なところがほとんどでした・・・

同じく、キセキの葉書で子役として出演している福富慶士郎くんも載せておきます。

 

ロケ地はどこ?

気になるロケ地は兵庫県西宮市上田東町にある武庫川団地みたいです。

団地ということから、地元の方などは『ロケシーンなどを目撃した!』なんてこともあるのではないでしょうか?

公開日はいつ?

公開日ですが、関西先行ロードショーで8月19日から公開みたいです。

関東地区の公開も待ち遠しいですね!!

スポンサードリンク