この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

日本中を震撼させるニュースが飛び込んできました!

14年前の2004年に岡山県津山市で当時9歳だった筒塩侑子さんが殺害された事件で、犯人が捕まらず迷宮入りしていましたが、

なんと!現在服役中の39歳男性が殺害を認めた供述をしたことが判明し、逮捕状が出されたのです。

現在、別の罪で服役中の39歳男性の名前は勝田州彦受刑者です。

一体どのような人物なのでしょうか?

スポンサードリンク

14年前の事件とは?

事件は2004年9月3日に発生。午後3時35分ごろ、帰宅した姉が、1階の洋間で血を流し倒れている侑子さんをみつけた。侑子さんは病院に運ばれたが、間もなく死亡。

胸に数カ所の刃物による刺し傷があった。

侑子さんに乱暴された形跡はなく、家の中にも物色された跡もなかった。玄関の扉は閉まっていたが施錠されておらず、現場に狂気は残っていなかった。

侑子さんは同日午後2時50分ごろ、小学校から友人と一緒に下校。

同3時15分ごろ帰宅したとみられ、県警は姉が発見するまでの20分ほどの間に事件に巻き込まれたとみて捜査を続けていた。

引用元:https://www.jiji.com

未解決事件とされていた!

この事件は犯人を特定する手がかりが非常に少なく未解決事件として取り扱われており、

2016年10月放送のTV番組「未解決プロファイル」にも取り上げられていたようです!

そのときに透視した犯人の似顔絵がコチラです。

コチラが犯人の勝田州彦受刑者

見比べてみてみると結構似ているように感じます。

恐るべし透視能力です・・・

勝田州彦とは?

名前:勝田州彦(かつた くにひこ)

年齢:39歳

住所:兵庫県加古川市平岡町新在家

家族:母親?

専門学校で英語を勉強しアメリカにも短期留学経験があるという事実も判明しました!

なぜ犯罪者に?

中学生の時にいじめをうけて以来、自分の体を傷つける行為をしています。

さらに両親の厳しいしつけが勝田受刑者の性格を歪ませた原因だと言われているようです。

このようなことが積み重なり、自傷行為が人を傷つけ快感を得るに変わっていったのでしょう!

スポンサードリンク

経歴がヤバい!

勝田受刑者は数々の犯罪歴があり、そのいずれも女児に対する犯罪でした。

・2000年 暴行や強制わいせつの罪で有罪判決

・2004年 岡山県津山市で塩筒侑子さん殺害

・2009年 兵庫県姫路市内で小学生1年の女児の腹部を殴って6ヶ月の重症負わせる

・2015年 姫路市車崎で女子中学生刺傷

さらに犯行動機も

「女の子が苦しむ姿が見たかった」

と供述していることから健常者ではないですね・・・

このような人物を保釈してしまう日本の法律にも疑問を抱いてしまいます!

職業は?

2009年の逮捕当時、勝田受刑者の職業は無職と報じられていました。

当時は

37歳なのでずっと無職なはずがない!と思い調べてみると意外なことが判明しました!

地元の中学を卒業し、兵庫県内の高校に進学し、卒業後はなんと海上自衛隊に勤務した過去があったのです。

国を守る職業についていながらなぜ幼い女の子に手を出してしまったのでしょうか・・・

集団行動が苦手な勝田受刑者は半年で辞めています。

その後、郵便局や運送会社に就職するもすべてが長続きしていなかったようですね。

スポンサードリンク

ネットの声は?

最後まで閲覧して頂きありがとうございました。