この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

平昌オリンピックで人気されている種目といえばスノーボードですよね?

そんなスノーボードのスロープスタイルに出場する岩渕麗楽さんにメダルの期待が高まっています!

まだ16歳の岩渕選手ですが、底知れない実力の持ち主で今季はW杯を優勝しているのです。

そんな岩渕選手を知らない方のために人物像や両親について調査していきます!

スポンサードリンク

岩渕麗楽 プロフィール

名前:岩渕麗楽(いわぶち れいら)

生年月日:2001年12月14日

身長:149cm

体重:44kg

趣味:料理、お菓子作り

所属:キララクエストスノーボードクラブ

経歴

両親がスノーボードをやっており、4歳の頃から雪山に連れて行かれていました。

その当時は年に2~3回行くくらいだったのですが、小学校に上がるときには毎週末通うくらいにスノーボードにのめり込んでいます!

すでにその頃になると

「スノーボードのオリンピックに出たいです」

と言っておりスノーボードに対する熱意が半端じゃなかったみたいですね。

小学2年生になる大人の部で大会に出場し、予選落ちこそしましたが、これをバネに猛練習を始めます。

2015年3月には中学生1年生にして「JSBAz年日本スノーボード選手権大会」にて優勝しプロとなっています。

その他の大会成績は

・2017年 全日本選手権女子スロープスタイル 優勝

・2017年 全日本選手権女子ビッグエア 3位

・2017年 世界ジュニア選手権女子スロープスタイル 準優勝

・2017年 世界ジュニア選手権女子ビッグエア 準優勝

・2017年 トヨタU.SスノーボーディンググランプリFISワールドカップ 優勝

両親はどんな人物?

若干16歳にして世界に通用するプロスノーボーダーに育て上げた両親とはどのような人物なのでしょうか?

調べてみた所、父親は「岩渕和宏」さんという方で生年月日は1975年6月25日生まれの42歳で会社員として働いています。

母親は「岩渕恵里香」さんという方で1972年10月1日生まれの45歳で父親と同じく会社員として働いているようです。

父親の和宏さんは、幼いころの麗楽さんの滑りを見て

「この子は才能があるな!」

と思っていたそうです。

そんな人を見る目のある父親も以前はプロを目指してスノーボードをしていたのかもしれませんね?

更に、麗楽さんのために練習や大会の送迎をしたり、岩手県から練習に環境の良い福島県のスキー場まで片道4時間を運転し、時には車中泊などをしてサポートしている両親なので娘に対する愛情の深さが伺えますね!

妹がいる!

家族構成を調べていると妹がいることが分かりました。

岩渕瑠音(りおん)さんという名前で麗楽さんと同じくスノボードをやっていたのですが、中学生になると新体操部に入ってスノボードは辞めてしまっていました・・・

もし、スノーボードを続けていたら姉妹揃ってオリンピックなんて事もあったかもしれません!

まあ道は人それぞれ違いますからね〜

スポンサードリンク

出身中学や高校はどこ?

岩渕麗楽さんの出身中学校や高校を調査した所、判明しました!!

どうやら中学校は岩手県の一関市立東山中学校でした。

在学時の部活動はスノーボード部がなかったのでしょう。器械体操部に入部していました。

ん!?

もしかして!

この器械体操部で培った、体の柔らかさは今のスノボードのテクニックに生かされてるのかもしれませんね〜

高校は同じ市内の一関学院高等学校でした!

引用元:http://ichinoseki-gakuin.jp

これは一関学院高等学校のホームページの画像です。

やはり岩渕麗楽さんを全面的にPRしていますね!

どうやらこの高校は部活に力を入れている高校みたいで、スノーボード以外のスポーツも数々の大会で賞を受賞していました!

スノーボード画像が可愛い!

岩渕麗楽さんのスノーボード画像が可愛いと話題になっているので早速見てみましょう!

いかがでしょうか?

ニット帽が似合っていてとても可愛いですね〜

こんな子がゲレンデにいたらスノーボードウェアのモデルとしてスカウトされてしまいそうな気がします!

これからの成長が楽しみです。

まとめ

平昌オリンピックでメダルが期待されている岩渕麗楽さんについてまとめてみました。

岩渕さんがここまで成長できたのは、家族のサポートが大きかったのかもしれませんね。

メダル獲得し日本に戻ってくることを応援しています!頑張れ岩渕麗楽選手!

最後まで閲覧していただきありがとうございました。

スポンサードリンク