この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

世間が悲みにに包まれた事件が話題となっています。

2018年5月7日の夜に新潟県新潟市のJR越後線の線路上で小学2年生の女の子が亡くなっていた事件が報道され、女の子が近くに住む大桃珠生(おおももたまき)さん7歳だと報道されました。

しかも、死因は電車に轢かれたのではなく窒息死だと警察が公表しました!

一体誰が何のために幼い命を奪ったのでしょうか?

犯人像や情報をまとめていきます。

スポンサードリンク

大桃珠生さん 

名前:大桃珠生(おおもも たまき)

年齢:7歳

住まい:新潟県西区

大桃珠生さんの性格は穏やかで優しく頑張りやさんだったといいます。

近所ではおとなしい子だったといい、知らない人にはついていかない人見知りタイプの女の子とと言われています。

小学校はどこ?

引用元:https://www.fnn.jp/posts/00391577CX

大桃珠生さんが通っていた小学校を調べてみると小針小学校ということが分かりました!

なんと!

この小針小学校不付近ではが2017年9月〜12月の間に不審者が出没していました。

・刃物を持った男がうろつく

・女子児童が腕を掴まれる

・足を触れられる

・叩かれる

などの事件が発生したようです。

いずれも幼い子どもに対しての変質者による行為と考えられますが、今回の事件と関連性が高いように感じませんか?

事件前の足取りは?

大桃珠生さんが事件に巻き込まれる前の足取りをまとめてみました。

事件当日の7日の3時頃に途中まで友人と一緒だったのですが途中で友達と別れた後から足取りが分からなくなっています。

4時頃に家に帰った来なかったことを不審に思った母親が学校に連絡を入れています。

その後、5時になっても行方が分からなかったために警察に捜索願を出し、警察が捜査を始めた所、午後10時半に起きた列車事故で大桃珠生さんが亡くなったことが判明しています。

しかもその事故現場は大桃珠生さんお自宅からわずが数十メートルの位置だったらしいのです・・・

不審な車が停まっていた!?

事件があった線路沿いの家に話を聞いた所、事件の数時間前にある民家の家の前に見慣れない黒い車が停まっていたのを住人が目撃していました!

夜で回るが暗く街灯も少なかった為に黒い車ということ以外はわからなかったのですが、約30分後に玄関を開けた時にはすでにいなかったといいます。

スポンサードリンク

事件当日の朝に接触していた!?

なんと、大桃珠生さんは、事件当日の朝に不審な男に声をかけられていたと、学校の先生や友人に話していたことが判明しました!

これは犯人逮捕につながる有力な情報ですね!

犯人は大桃珠生さんに狙いを定め一日の動きを監視したりして犯行に及ぶ時間を見計らっていたのかもしれません。

おそらくこの人物が犯人の可能性が高いと見て警察も動いていると思われます。

犯人の人物像は?

犯人は突発的な犯行というよりも、計画的な犯行と言われています。

なぜなら、閑静な住宅街で見慣れない人がいたらPTAなどにも連絡が行き登下校時には注意が呼びかけられるはずです。

可能性としてあるのは、近くに住んでいて土地勘のある人物の可能性が高いということもささやかれているようです。

列車事故により今回の事件が発覚したのですが、事故を起こした列車の一本前は約10分前に通過しています。

その時に線路には異変がなかったと言われているので、電車の時刻表を把握している人物であることが伺えますね。

このことから土地勘があり、計画的犯行だといわれています。

スポンサードリンク

まとめ

大桃珠生さんは何のためにこのような事件に巻き込まれなければいけなかったのか一刻も早い真相解明が求められています。

筆者も同じように女児を持つ親として絶対に犯人は許しません。視聴者が一丸となって犯人逮捕を祈りましょう。

最後まで閲覧して頂きありがとうございました。