この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

衝撃的なニュースが飛び込んできました!

2018年4月11日に都内で強風にあおられた看板の下敷きになってしまい入院中の仮面女子の猪狩ともかさんが現状を明らかにしました。

なんと!!

両下肢まひで、車椅子生活になっていたんだそうです。

どうやら脊髄損傷してしまったようです・・・

これに対し猪狩ともかさんは明るく前向きに芸能活動に意欲を見せているそうです。

なんて強い女性なんでしょう〜!!

今日はそんな猪狩ともかさんの本名や両下肢麻痺の状態、看板会社の損害賠償金などに迫っていきたいと思います!

スポンサードリンク

猪狩ともか プロフィール

名前:猪狩ともか(いがり ともか)

生年月日:1991年12月9日(26歳)

出身地:埼玉県

職業:アイドル、歌手

身長:153cm

所属事務所:アリスプロジェクト

経歴

2014年にスライムガールズというアイドルグループに所属し、芸能活動をスタートした猪狩ともかさんはですが、下積み時代が長くグループを転々としています。

OZ→アレアガールズ→スチームガールズを経て2017年2月26日に仮面女子に正式加入しています。

仮面女子の窪田美沙さんの紹介はコチラ

本名は?

猪狩ともかさんって変わった名字をしていますね!

もしかして本当の名前は別な名前?と考えてしまいます。

真の名前を探すべくネットやSNSを探しまくったのですが、猪狩ともか以外の名前がヒットしませんでした・・・

もしかしたら猪狩ともかは本名の可能性が高いですね!

両下肢まひは嘘!?

猪狩ともかさんは、脊髄を損傷して車椅子の生活を余儀なくされてしまっています。

本人のコメントも

「治る可能性は極めて低く、今後、車椅子での生活をよぎなくされました」

とブログでコメントしています。

これが自分自身だったらって考えただけでも恐ろしいですよね?

猪狩さんもさぞ落ち込んでいるのかと思ったのですが、このコメントを見て驚きました!

「私は前を向いています。もう心配しないでね。これからも猪狩ともかを見守ってください。そして一緒に歩んでいければ嬉しいです」

いや、メンタル強すぎです!!

普通のアイドルは歩けなくなったら、アイドルを諦めるはずですが、猪狩さんはなんと諦めておらず、アイドル活動を続けていくようなコメントをしていますね!

両下肢まひが嘘のように感じると思っているファンも多いようですね。

ファンもがっかりさせない対応は流石プロですね!

スポンサードリンク

損害賠償金がヤバい!?

落ちてきた看板は「湯島聖堂」で、どうやら東京都文京区にある史跡らしいのです。

事故当時は強風で風が強かったとありますが、ただの強風で看板が落ちてきたら、看板を設置した会社に責任がありますよね?

ましてや、点検していなく劣化していたなんて明らかになったら過失の100パーセントが会社に問われるはず・・・

報道では過失割合などは報道されていませんでしたが、当日の強風で他の看板や建物の倒壊はなかったようなのでかなりの確率で損害賠償金は発生しているはず!

因みに猪狩さんは両下肢麻痺で車椅子生活となっているので後遺障害等級は1級の可能性があります。

両下肢まひの賠償のケースは一例によると2億円を超えるケースも有るようです・・・

確かに、今後の可能性があった女性の今後を奪ってしまったとなったらお金では図りしれないものがありますけどね!

因みに湯島聖堂は国の管轄らしいので相当な賠償が予想されます!

 

まとめ

両下肢麻痺で車椅子生活を公表した、仮面女子の猪狩ともかさんについて調査しました。

現在の状態を聞いてショックをウケたファンも多いようですが、ファンのために一日でも早く元気な姿を見せようと頑張っている猪狩ともかさんの姿は同じような状態の人にたくさんの元気を与えたに違いないでしょうね!

またステージの上でダンスができるようになることを祈っています。

最後まで閲覧していただきありがとうございました。