小野瀬あや子(小野瀬フーズ社長)の経歴や顔画像は?返礼品騒動で破産で場所は?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

小野瀬フーズの社長である小野瀬あや子さんに注目が集まっています。

ふるさと納税の返礼品として、新年を祝うおせち料理が届くという筑西市のシステムだったのですが、納税者におせち料理が届かないというクレームが殺到して話題になっていましたね!

このおせち料理を製造をしていた会社こそこの小野瀬フーズだったのです。

期待していたものが届かないというと、2016年に起きた新成人の振袖が着れなくなったあの「はれのひ」事件を思い出しますね。。。

さて、そんな小野瀬フーズ社長の小野瀬あや子さんとは一体どのような人物なのでしょうか?

スポンサードリンク

小野瀬あや子 プロフィール

出典元:onose.jp

名前:小野瀬あや子(おのせ あやこ)

年齢:不明

職業:小野瀬フーズ社長

所属:株式会社小野瀬フーズ、小野瀬水産株式会社、ビジネスジャパン株式会社

経歴は?

小野瀬あや子さんについての経歴は残念ながらほとんどと言っていいほど情報がありませんでした。

しかしながら、経営している会社について調べてみるとある程度の経歴を把握する事ができました。

小野瀬フーズが設立したのは1991年でした。

飲食店運営業者として、回転寿司の「すし勢」や和風レストラン「ごほう」、とんかつ店の「かつ萬」などを運営していました。

主に茨城県や栃木県、千葉県我孫子市に事業を展開し、地元住民から愛される味となり2003年には売上高約17億5600万円もの黒字に成功していました。

が、しかし!

好調な時期も束の間、消費者が節約思考になり外食離れが始まり、追い討ちをかけるように大手チェーン店がどんどん参入したことから一気に売上がガタ落ちしてしまい、2017年には売上高8億400万円と赤字に陥りました。

その後も数々の手法で経営を立て直そうとします。

しかし、極め付けは関連会社の小野瀬水産が請け負っていた、ふるさと納税のおせち料理の返礼品が期日までに間に合わないというトラブルが引き金となり現在は破産手続きという最悪の結果を招いてしまいました。

小野瀬あや子 顔画像は?

小野瀬あや子社長の顔画像について注目が集まっています。

ネットやSNSを駆使して調査しましたが、ほとんど顔画像は出回っていませんでした。

しかし、小野瀬フーズの企業紹介ページで小野瀬あや子社長の顔画像が紹介されていました。

出典元:onose.jp

因みにこのサイト(onose.jp)を閲覧しようとするとアクセスできない状態になっていますので関心を持ったユーザーが多数サイトを閲覧していてサーバーが過負荷状態になってアクセスできないか、若しくは小野瀬フーズの倒産にともない、サイトを閉鎖しているかなどでしょう。

スポンサードリンク

返礼品騒動の小野瀬フーズの場所は?

今回の騒動の発端となった小野瀬フーズの場所はどこになるのでしょうか?

実際にGoogle マップにてリサーチしてみました。

こちらが小野瀬フーズの場所になります。

倉庫前に小野瀬フーズのトラックがあるので間違い無いでしょう。

しかし、おせち料理が間に合わないと聞くと完全に業者の責任になると思いますが、間に合わない理由はおせち料理の個数にありました。

昨年に小野瀬フーズが受けたおせち料理の注文数は450個でした。

一方で今年に注文を受けたおせち料理の個数はなんと2183個だったのです。

昨年の5倍以上の数のおせち料理に注文を受けてしまったのです。

これはふるさと納税の納税者の数を把握できていなかった市の問題でもあるように思えてしまうのですが。。。

受けた方(小野瀬フーズ)ももちろん作成できる限界が分っていなかったことも問題はありますが納税担当部署との連携が全くできていなかったことになります。

仮に2183個全てを小野瀬フーズだけではなく、別業者に振り分けていればこの問題は起きなかったでしょうね。

スポンサードリンク

最後に

小野瀬あや子社長について書かせていただきました。

今回のおせち料理による返礼品騒動は、個人的ですが悪意はなかったものと思われます。

必死に会社を再建しようとしていた矢先にとんでもない個数のおせち料理の受注が来てしまい倒産の引き金になったしまったものと思われます。

確かに納税者にしてみたら迷惑な話ですが小野瀬フーズもある意味被害者でしょう。

一刻も早く騒動が鎮静化することを願っています。