この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

深山英世さんをご存知ですか?

この人物、今世間で騒がれているレオパレス問題の社長なのです。

現在、施工不良の問題で1万4000人以上の人達に退去の可能性が出てきました。

これに対しレオパレスオーナーは怒りをあらわにして、怒りの矛先は社長の深山英世さんにも向けられています。

さて、渦中の深山英世さんとはどのような人物なのでしょうか?

スポンサードリンク

詳細は?

先週、発覚したレオパレス21が建てた1324ものアパートの物件での天井や外壁などの施工不備。天井部分の板を2枚組み合わせる仕様のはずだが1枚だけだったり、壁に使われている部材が規格外のものだったり・・・。

耐火性能が法令を満たしておらず危険性が高いなどの理由で、最大で1万4440人あまりが退去を迫られる可能性があります。

レオパレスは、一般から募ったオーナーに建築費などを払わせアパートを建設。オーナーは、そのアパートの部屋を貸し家賃収入を得ています。今回の施工不備は、建築費を払ったオーナーにとっても寝耳に水の出来事でした。

オーナー達がつくる被害者の会は、12日、今回の問題に関する独自の調査結果を国土交通省に報告する予定です。

引用元:TBS NEWS

深山英世 プロフィール

名前:深山英世(みやま えいせい)

生年月日:1957年11月13日(61歳)

出身地:長崎県壱岐市

職業:レオパレス社長

経歴は?

深山さんは1977年に大学を中退し、叔父である深山祐助の創業した株式会社ミヤマ(レオパレスの前身)に入社しています。

もともと営業センスも抜群で若くして出世していきます!

賃貸事業本部→経営企画部本部長→専務、そして2009年には副社長、2010年には代表取締役社長に就任しています。

1985年には敷金無料型賃貸マンションであ「レオパレス21」を開始して軌道にのせた経歴を持っています。

すでに学生や若者などが一人暮らしを始める時にはレオパレスが代名詞になっているくらいに有名ですよね!

スポンサードリンク

年収は?

深山英世団の年収に関心が高まっております。

まあレオパレスは年間売上5200億円という大企業の社長ですから浮世離れした年収をもらっているはずです。

世間やメディアでは「お騒がせ企業のトップも1億円プレーヤー」という異名を持っており年収の高さが伺えます。

2018年の役員報酬は1億2500万円とも公表しており、1億円越えは間違い無いようです!

韓国人説!?

深山社長には韓国人説が浮上しています。

まさかとは思いますが詳しく調べてみました。

まず、この噂が浮上している原因は2012年の韓国企業との合併会社を設立したのが始まりと思われます。

2012年11月28日に韓国の住宅会社ウリ管理との合併会社「ウリレオPMC」を韓国の安養市に設立していました。

名前も互いの会社の頭文字をくっつけたようですね。

どうやらか韓国に勝機を見出したようでグローバルに進出したということですね。

現在も売上高510億円ということもありこの戦略も大成功だったということになります。

話はそれましたが、レオパレスが韓国進出で韓国人説が浮上したということが分かります・・・

これだけで韓国人と断定するのはあり得ませんね。つまりガセネタと思っていただいていいでしょう。

嫁や娘は?自宅?

深山英世さんの嫁や娘について多数検索されているようです。

しかし、ネットやSNSを駆使して調べてみたのですが詳しい情報はありませんでした。

続いて自宅ですが、これまた詳しい情報はありませんね。

間違い無いのは想像もつかない大豪邸ということでしょうね。笑

現在は逃亡!?

深山英世さんはレオパレスオーナーからの批判に対しこのようにコメントしています。

「機会があれば。私は別に逃げてるわけじゃございませんので」

このようにコメントしており、視聴者やオーナー達からは反省の色が見えていないと、逆効果だったようですね・・・

今後の深山社長の動きが気になるところです。

スポンサードリンク

 

ネットの声