この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

金沢恵美里容疑者が逮捕されて注目を集めています。

逮捕容疑は違法薬物です!

なんとアメリカから自身の自宅に向けて90錠の違法薬物を送った容疑で逮捕されました。

そんな金子容疑者とは一体どのような人物なのでしょうか?

事件の詳細

事件の詳細はメディアではこのように報道されています。

違法薬物を所持した疑いで22歳の女子大学生が逮捕された事件で、女子大学生が「何が入っているか知らなかった」などと供述していることが分かりました。

金沢恵美里容疑者は13日、仲間と共謀して自宅マンションで違法薬物の成分を含む錠剤90錠を所持した疑いが持たれています。錠剤はアメリカからバターの瓶の中に袋に入れられた状態で送られたものでした。

 

その後の警視庁への取材で、金沢容疑者が「アメリカの交際相手から『瓶の中に何かが入っている』と連絡があったが、何が入っているか知らなかった」と容疑を否認していることが分かりました。警視庁は他人に譲り渡す目的で密輸した可能性もあるとみて捜

この90錠という膨大な量は販売目的で輸入されたの可能性が高いと感じます

この錠剤を送ったのはアメリカの交際相手とされています。この交際相手がバイヤーなのか、若しくは交際相手がバイヤーとの深い繋がりがないと到底仕入れられる量ではないでしょう。

金沢恵美里容疑者 分かっている事

  • 名前:金沢恵美里
  • 年齢:22歳
  • 職業:大学生
  • 住所:東京都渋谷区広尾3丁目

 

金沢容疑者は現役の大学生です。コロナウイルス の影響で4月から一時帰国していたようです。噂では8年前からアメリカの生活をしていたと言う情報があります。

コロナウイルス の影響が長引く事を懸念し、帰国前にこの違法薬物を日本に持っていく方法を考えており、帰国と同時に持ち帰ることのリスクを避け、時間差で日本に送付する手法をとったのでしょう。

ここまでして薬物を自身の身近に置いておきたい理由はどのようなものなのでしょうか?

  • 自身で使用?
  • 他人に譲渡?

いずれにしても最近違法薬物を知ったと言うレベルではなく、長期間使用、もしくは所持していたことでしょう。

さらに、送付されたものはピーナツバターの入った瓶の中に錠剤を紛れ込ませるといった細工が施されていた事から完全犯罪を狙っていたものと思われます。

一方でピーナツバターに紛れ込んでおり匂いもほぼ発生しないような状態で違法薬物を発見した税関の検査レベルの高さにも驚かされますね。。。

自宅住所は?

金沢容疑者が逮捕された自宅住所は「東京都渋谷区広尾3丁目」となります。

詳細な番地までは未公開になりますが、近隣住民は逮捕当時の騒がしさで気付いている方もいるのではないでしょうか?

立地はマンションで名義は親名義になっていたことが判明!

facebookで顔画像は?

今現在、注目を集めているのが金沢容疑者の顔画像です!

年齢的にもSNSを利用している可能性が非常に高い事から顔画像の特定に期待が高まりましたが、facebookを始めツイッターやインスタなどといったSNSでは金子容疑者のアカウントを見つけることができませんでした。

アカウント名を実名ではなく利用しているものと思われます。

今後、操作が進むにつれてこの辺りの情報は明らかになる可能性が高いので引き続き調べていき、情報が入り次第アップデートします。

大学はどこに通っている?

現役大学生である金子容疑者。大学はアメリカの大学に留学していました。

大学名は公表されていません。ネットやSNSも情報も大学名については憶測しかありませんでしたので分かりませんでした。

しかしながら参考程度に見てみると日本人留学生が一番多い大学は「ニューヨーク大学」でした。次に南カリフォルニア大学、コロンビア大学といった順位になります。

語学を学びにアメリカへ留学し、違法薬物を学んで日本に帰国していては本末転倒です。。。そして間違いなく退学という処分が待ち構えている事でしょう!