この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

スポンサードリンク

こんばんわ。コメ太郎です。驚きのニュースが入ってきました。

福岡市内で、職務質問していた警察官を車で引きずってけがをさせたとして、傷害と公務執行妨害のようで、住所不定・建設業の西利文容疑者が逮捕されました。

警察官は50m引きずられましたが、肘にかすり傷を負っただけでした。

西利文容疑者とはどのような人間なのか、また事件の詳細について調べました。

警察官引きずり事件の詳細

警察官を車で引きずるという、身勝手な事件ですが、詳細は次のように報じられています。

福岡市内の路上で職務質問中の警察官を車で引きずりけがをさせたとして、福岡県警西署は8日、公務執行妨害と傷害の疑いで、住所不定、建設業、西利文容疑者(31)を逮捕した。

 署によると、西容疑者は警官を振り切り、逃走。警察が約1時間後に同県太宰府市周辺の路上で車を発見し、近くにいた容疑者の身柄を確保した。逃走理由について「翌日、朝から仕事があったから」と述べ、容疑を認めている。

 逮捕容疑は7日午後10時ごろ、福岡市西区今宿東の路上で職務質問を受けた際、車を急発進させて男性巡査長(26)を約50メートル引きずり、ひじにかすり傷を負わせたとしている。

 運転中に携帯電話を耳に当てていたため、職務質問された。

引用元:産経新聞

仕事を理由に逃走することは許せません。携帯電話で捕まらないために逃走したということでしょうか。

身勝手な理由で、職務質問から逃走し、なおかつ警察官をケガさせることは許されません。

スポンサードリンク

西利文容疑者の顔画像は?

西利文容疑者について、報道されているのは以下の事項になります。

氏名 西利文(にしとしふみ)

年齢 31歳

住所 不定

職業 建設業

住所不定ということは、住所を話さなかったり、あるいは住む場所を転々としているときの使う言葉です。

建設業ということは、日雇いの作業員という可能性もあります。

ただし、事故を起こした車は日産のノートなので、それなりの収入があると思われます。

しかし、西利文はSNSなどをしている形跡がなく、警察も顔写真を発表されていません。

西利文容疑者への刑罰は?

今回、西利文容疑者は傷害と公務執行妨害で逮捕されました。

「傷害」は警察官を引きずってけがをさせたことについて、「公務執行妨害」は職務質問を正当な理由がないのに断って公務を妨害したことに対しての容疑になります。

さて、どのような刑事罰が与えられるのでしょうか。

傷害罪は「15年以下の懲役又は50万円以下の罰金」

公務執行妨害罪は「3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金」

刑法ではこのように定められています。

2つ以上の犯罪の時は、重い方の刑罰を与えるので、西利文容疑者は「15年以下の懲役または50万円以下の罰金」になります。

判例などから見ますと、ケガが軽傷なので実刑ではなく重くて執行猶予付き判決、あるいは罰金刑になると思います。

いずれにしても前科がつきます。

スポンサードリンク

最後に

最近、煽り運転のように車の運転による事件が多くなっています。

今回も、素直に職務質問を受けていれば、逮捕などにならなかったことでしょう、

警察官の方の回復も待たれます。

皆さんも、このような事件に巻き込まれない様、気をつけましょう!

最後まで閲覧していただきありがとうございました。