この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

こんにちは。コメ太郎です。

今、仮想通貨取引所である「ビットポイントジャパン」が大変なことになっています。

なんと35億円もの仮想通貨が流出しました!

これは、昨年の仮想通貨取引所の「コインチェック」が580億円もの不正流出に続く大問題ですね。

現在、ビットポイントジャパンは全てのサービスを停止しており対応に追われています。

そんな中、代表取締役社長である小田玄紀さんはどのような解決策を見出すのでしょうか?

そして、小田玄紀さんの人物像にも迫ります!

スポンサードリンク

事件の詳細は?

今回の不正流出は11日の夜に発覚し、翌12日に発表されました。

各メディアも一斉にビットポイントジャパンの不正流出事件を取り上げています。

[東京 12日 ロイター] – リミックスポイント<3825.T>は12日、子会社の仮想通貨交換業者、ビットポイントジャパン(東京都港区)で仮想通貨の不正流出が判明したと発表した。流出したのはホットウォレットで保管している仮想通貨で、流出額は概算で約35億円と見込んでいるが、詳細が分かり次第、公表するとしている。

今回の不正流出による損害額、連結業績に与える影響は現在精査中。詳細が判明し次第、公表する予定。

発表によると、11日夜にビットポイントの仮想通貨取引システムで仮想通貨の送金に関するエラーを検出。調査の結果、ホットウォレットに保管している仮想通貨の不正流出が判明した。なお、コールドウォレットで管理している仮想通貨や法定通貨は流出を確認していない。

出典元:ロイター

小田玄紀 プロフィール

名前:小田玄紀(おだ げんき)

生年月日:1980年

出身地:東京都

最終学歴:東京大学法学部

職業:ビットポイントジャパン代表取締役社長

経歴が凄い!

小田玄紀さんの経歴を見ていきましょう。

なんと、東京大学在籍時に若者の夢を支援する「NGO-terminal」を設立しており自身が事務局長として就任しました。その後、1000人以上の学生団体やスポーツ選手アーティスト、起業家などと交流を図り、2001年には「有限会社ソーシャルベンチャーキャピタルアソシエーション」を設立し、起業しまます。

その後、軌道に乗せたのちに事業自体を売却し、マッキンゼー出身者たちと投資活動を開始します。

その後は株式、FX、債権、仮想通貨など手広く事業を展開していき、2016年3月に現在の「ビットポイントジャパン」を設立し代表取締役社長として就任しました。

ここまで、トントン拍子で事業に成功し、ブランク知らずの小田玄紀さんですが、今回の35億円流出事件は流石に大打撃でしょう・・・

顔画像は?

小田玄紀さんの顔画像を本人アカウントのインンスタグラムでチェックしてみました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Genki Odaさん(@genki.oda)がシェアした投稿

大変落ち着いた雰囲気で気品、知性溢れる人物像が伝わってきます。

しかし内面では常に野心に溢れ、次々に新たな展開を構築する思考回路を持っているのでしょう。

筆者も小田さんの思考回路の一部分くらい貰いたいものです。笑

スポンサードリンク

事件発覚2日前にツイートが!?

小田玄紀さん本人アカウントのツイッターで事件発覚2日前の7月9日にビットポイントジャパンについてのツイートがされていました!

小田さんはこの時すでに、35億円不正流出事件が動き始めていたとは夢にも思わなかったことでしょう。

現在のところ事件全容は明らかになっていませんが、すでに被害額数十億円と言われている利用者も出ていきています・・・

コインチェックの流出事件の際も相当数の利用者が大損害をし、離れていきました・・・

今回も利用者が離れていくことは避けられなしでしょう。

小田玄紀さんは今後、どのような対応や損害賠償をするのかに注目が集まりますね。

SNSが大炎上!?

小田玄紀さんのSNSが現在デイ炎上している模様です。

今回の不正流出事件で周りからの注目が集まり、アクセスが集中している模様です。

すでにフェイスブックにはコメントできない状態になっています。

小田玄紀 facebook

ツイッターでも厳しい意見が多数寄せられています。

小田玄紀 Twitter

とどめは小田さんの公式ブログが存在するのですが、アクセスが集中しているせいかアクセスできませんでした。

今後この余波は広がりを見せそうですね。

ネットの声

https://twitter.com/430moroq/status/1149530200008355840

スポンサードリンク

最後に

35億円もの不正流出が発覚したビットポイントジャパンの小田玄紀さんについて書かせていただきました。

小田さんはこの事件の対応に迫られ、てんてこ舞い状態でしょう。

さらにコインチェックの時と同じであれば社長自ら謝罪会見をしなくてはいけないことから、会見にも注目が集まりそうです。