この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

衝撃のニュースが飛び込んできました。

なんと元農林水産省事務次官の熊沢英昭容疑者が逮捕されました。

なんと、自身の息子を刺してしまったと自首し逮捕されたことで話題となっています。

そんな熊沢英昭容疑者とはどのような人物なのでしょうか?

スポンサードリンク

事件の詳細

1日午後3時40分ごろ、東京都練馬区早宮の民家から「息子を刺し殺した」と110番通報があった。警視庁練馬署によると、長男とみられる男性が胸から血を流しており、同署は殺人未遂容疑で、この家に住む元農林水産省事務次官で自称無職、熊沢英昭容疑者(76)を現行犯逮捕。調べに「長男を刺したことは間違いない」と容疑を認めている。

 同署によると、男性は搬送先の病院で死亡が確認された。同署は容疑を殺人に切り替え、長男とのトラブルの有無を調べる。

 逮捕容疑は1日午後3時半ごろ、自宅で長男とみられる40歳くらいの男性の胸など複数箇所を室内の包丁で刺すなどして、殺害しようとしたとしている。

 熊沢容疑者は昭和42年に農林省(現農林水産省)に入り、事務次官を務めて平成14年に退官。その後、チェコ大使も務めた。妻と長男の3人暮らしで、近所の男性(86)は熊沢容疑者が妻と出掛ける姿をよく見掛けたといい、「10年ほど前に引っ越してきたと思うが、息子の姿は見たことがない」と驚いていた。

出典元:産経ニュース

熊沢英昭 分かっていること

名前:熊沢英昭(くまさわ ひであき)

年歴:76歳

出身地:岐阜県

住所:東京都練馬区早宮4

経歴は?

熊沢容疑者の経歴について調べてみました。

1967年に農林省に入省し、畜産局長や経済局長を担当していました。

平成13年になると農林水産省の事務次官として勤め上げていました。

この経歴を見るともうお分かりでしょうが、いわゆるエリートな人材ということです。

スポンサードリンク

顔画像は?

熊沢英昭容疑者の顔画像について注目が集まっています。

早速ネットで調べてみると、ネットでは多数流出していました。

立場が立場なだけに注目されるのは致し方ないのかもしれません・・・

犯行動機は?

76歳の父親が40代の息子を手にかけるとなると相当な理由があったはず!

そこで犯行動機を調べてみました。

どうやら、あらゆる情報を精査した結果、犯行不動機は息子の「ひきこもり」だったようです。

どうやら、息子さんは40代にして引きこもりだったようで、日々ゲームに明け暮れる日々だったのだそう。

そんな中、熊沢容疑者は自身の高齢化と息子のこれからの未来に不安を感じこの事件に及んだものと思われます・・・

最近は、中年の引きこもりが急増していることが分かっており、高齢となった保護者が困惑していることが問題として上がられていました。そんな矢先この事件が起きてしまい、非常に残念でなりません。

嫁は?

熊沢容疑者の嫁について調べてみましたが情報はほとんど皆無でした。

このことから一般人である可能性が高いですね。

類似事件も!?

最近は、一般人だけではなく社会的地位の高い人物の不祥事が目立ちますね!

つい先日も、経済産業省に勤務していた西田哲也容疑者が違法薬物で逮捕されました。

やはり、国を背負って立つという仕事は想像を絶するストレスがあるのでしょう・・・に

しかし、いかなる理由があるにせよ法を犯してはいけないのですが。

ネットの声

https://twitter.com/abcSJochql1ve52/status/1134790255029080064

スポンサードリンク

 

最後に

熊沢英昭容疑者について書かせていただきました。

事件の背景はまだ明かされていませんが、いかなる理由があるにせよ人を傷つけることは許されません。それが息子でもです。

しかし、今回の事件は息子の引きこもりなどが関係していることから奥が深そうに感じます。

一刻も早い事件の解明が急がれます。

財布後まで閲覧していただきありがとうございました。