この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

野球ファンなら誰もが知っている読売ジャイアンツの澤村拓一さんが大変なことになっています!

なんと4月中旬に新宿区内で泥酔し、男性を暴行していたことが発覚しました!

現役野球選手の澤村拓一さんに一体何が起きたのでしょうか?

スポンサードリンク

詳細は?

ネオンの看板が連なる飲食店ビルのエレベーターの中、男は同乗していた見知らぬ男性をにらみつけるといきなり胸倉に掴みかかった。隆々とした太い腕で、有無を言わさず男性の首根っこを締め上げると、そのままエレベーターの壁までドスンと突き飛ばした。筋肉トレーニングで鍛え上げられた圧倒的な腕力でミシミシと締め上げると、男性の首はポキッと折れそうなほどひしげた。その怒気を帯びた表情の三角マユの男の正体は誰あろう、読売ジャイアンツ・澤村拓一その人だった。巨人番記者が語る。

「澤村は、4月6日のDeNA戦で今季初先発のマウンドに登っていますが、4回4失点、5回まで持たずに降板しています。その翌日には、登録が抹消され、2軍落ちとなりました。その翌週の2軍戦で先発が予定されていたのですが、何の前触れもなく登板を回避したのです。その原因が飲みに行った先で客とトラブルを起したことだった」球団関係者が重い口を開く。

「4月中旬、場所は新宿区内、クラブなど飲食店が立ち並ぶビルのエレベーター内でした。見ず知らずの人の首を締め上げる暴挙には、さすがに澤村と同行していた仲間が止めに入り、男性に大きなケガはなかった。澤村は泥酔状態でまったく覚えていないようです。ちなみに、澤村と一緒だったのは選手ではありません」

澤村は過去にも酒席でのトラブルを報じられたことがある。同様の騒動を起こし、ひた隠しておきたかっただろうが、その情報はすぐチーム内に拡散。みな、あきれ返っている。

「選手やコーチは『またやらかしたらしいな』と口々に話し、中には担当記者などに『騒動を報じちゃったほうがいい』とお灸をすえる意味で話す声もあったといいます。原監督も『またバカをやったんだ』と、もはやオモシロ話として話しているほどです」(スポーツ紙デスク)

 波紋を広げるばかりの暴行騒動だが、その陰では澤村がトレード要員になっていたとも──。

出典元:アサ芸プラス

澤村拓一 プロフィール

名前:澤村拓一(さわむら ひろかず)

生年月日:1988年4月3日(31歳)

出身地:栃木県栃木市

身長:184cm

体重:102kg

経歴

野球を始めたのは小学生2年生の時。

6年生の時には投手に選ばれ、それからは野球一筋の人生でした。

中学高校と野球を続け、佐野日大高校の時には惜しくも登板がないまま県大会決勝で敗退するという悔しい思いをしていました。

大学は中央大学硬式野球部に進学し、一躍脚光をあびることになります。

なんと、2年生の時に東都大学1部リーグ初先発・初勝利を完封で飾ったのです!

その後、大学生初となる156km/hをマークし一躍その名前が知れ渡ります!

2010年10月には自身が望んでいた読売ジャイアンツに1位指名を受けています。

元嫁は森麻季!

澤村拓一さんは2011年に日テレアナウンサーの森麻季さんと結婚していました。

ミス青山にも選ばれたこともあり大変美しい女性ですね。

野球選手と女子アナという黄金夫婦で順風満帆かと思われた矢先、いきなり離婚を発表しました。

結婚生活はわずか1年5ヶ月でした・・・

一部では離婚理由はDVではないかとささやかれていました。

正式な離婚理由は明かされていませんでしたが、今回の暴行事件を考えるとDVがあったのは濃厚ではないかと感じてしまいます。

因みに、森麻季さんは2017年2月に会社経営者の男性(森健一さん)と再婚し、2018年5月には第一子を出産しており幸せな家庭生活を送っているようです。

今回の澤村拓一さんの暴行事件を見て何を思うのでしょうか・・・

スポンサードリンク

暴行事件は過去にも!?

今回、新宿区内で暴行を起こしてしまった澤村さんですが、これが初めてではないというのです・・・

なんと、26歳の時に六本木のクラブで暴行事件を起こしていたのです!

暴行を受けた男性が被害届けを出し田ということまで明らかになっていました。

このことから、澤村さんはお酒が入ると凶暴化するようですね。

そして、事件のことは全く覚えていないという供述をしているようです。

つい先日もAAAの浦田直也さんがお酒に酔って女性を暴行するという同様の事件を起こしていましたね!

お酒が入っている上に、自身が有名人だということから気持ちが大きくなってしまうのかもしれませんが、有名人だからこそお酒の飲み方には気をつけないといけませんよね。

ネットの声

スポンサードリンク

 

最後に

澤村拓一さんの暴行事件について書かせていただきました。

過去に同様の事件があったのにも関わらず、反省しているようには思えないです。

このままだと悲願の巨人からも引退勧告を受けてしまう可能性も考えられます。

一刻も早く事件を認めスポーツマンらしく被害者とファンに謝罪することが先決でしょう。

最後まで閲覧していただきありがとうございました。