この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

悲しいニュースが飛び込んできました。郷原洋行さんが76歳という年齢でお亡くなりになられました。

剛腕と呼ばれた騎手であった郷原さん。その人物像に迫ります。

スポンサーリンク

郷原洋行 プロフィール

プロフィール

名前:郷原洋行(ごうはら ひろゆき)

生年月日:1944年1月21日)

出身地:鹿児島県鹿谷市

職業:元騎手

初騎手:シオカゼオー

初勝利:アイデアル

 

郷原さんは農家の家系に生まれました。

幼い頃から農耕馬に乗っていたこともあり、馬には親しみを持っていたといいます。中学時代に中央競馬会の騎手講習生募集の小王国を見て東京へ出たいという思いが強くなり中学卒業後に上京します。

デビューは1962年3月でした!デビュー初年度は8勝しかできませんでしたが、2年目になると31勝と飛躍的に伸びていきます。3年目には38勝を挙げ初のベストテンにランクインを果たします。

1968年には自己最多の85勝を挙げ、付いたあだ名が「剛腕・郷原」で、そんな郷原さんが騎乗した馬の中で有名なのはニッポーテイオーだと競馬ファンの間では語り継がれています。

現役時代の郷原さんですが当時悩まされたのは痛風でした。右足の激痛により馬に乗ることさえも困難になったと言います。

一時は引退という言葉も頭をよぎったほど!しかし、馬主の説得により体質改善に取り組んだ結果見事に克服したのです。

その後も数々の賞を受賞し、1993年2月28日に騎手を引退しました。

引退後は茨城県で美浦トレーニングセンターを開業し、調教師として活躍されていました。2014年には競馬殿堂入りも果たし名実ともに競馬会のレジェンドとなったのです。

嫁や子供は?

郷原さんにはお子さんがいるので結婚していることが分かります。しかし奥様に関しての情報はほとんどありませんでした。

続いてお子さんですが息子さんがいるようです。なんとその息子さんは郷原洋司さんと言い、現在は父親と同じ騎手だったのです。

スポンサーリンク

息子も騎手!

プロフィール

名前:郷原洋司(ごうはら ようじ)

生年月日:1972年11月6日

年齢:47歳

身長:167cm

体重:50kg

血液型:O型

 

 

1991年に騎手としてデビューした洋司さん。

一躍有名になったのは2002年に行われたカブトヤマ記念でした!

カンファーベストに騎乗し1位で入線したのですが明らかな斜行により進路妨害と判定され10着に降着になってしまったのです!

しかし、これが原因で注目が集まりました。その後の視聴者の投票によりベストレースを選ぶ企画でこのカブトヤマ記念が7位に選ばれています。

その後2010年に現役を引退しています。現在は父親が歩んだ道と同じ騎手→調教師(調教助手)になっています。

現在は病気を患っていた!

競馬騎手として華々しい経歴を持った郷原洋行さんですが、近年は病気を患っており入退院を繰り返していたことが明らかになっています。

詳しい病名までは明らかになっていませんが、現役時代に痛風を患っていたことから、これに関連した病気の可能性が考えられます。

スポンサーリンク

最後に

郷原洋行さんについて書かせていただきました。

常に競馬と関わって生きてきた人生は多くの競馬ファンの目に焼き付いているのではないでしょうか?

郷原洋行さんのご冥福をお祈りいたします。