スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

衝撃的なニュースが飛び込んできました!

1月27日、沖縄県沖縄市の路上でバイクに乗っていた17歳の男子高校生が、巡回中の警察官と接触し、右目の眼球破裂で失明するという大けがを負ってしまったのですが、接触した警察官はその時に手に警棒を持っていたということです。

手に警棒を持っていた警察官と接触し、眼球破裂で失明してしまった高校生は誰なのか、本名や顔画像、高校などについて調査してみました。

スポンサーリンク

【手に警棒】高校生失明で眼球破裂は誰?

1月27日午前1時ごろ、沖縄県沖縄市宮里の路上で「バイクが暴走行為をしている」という通報を受け、複数の警察官が駆け付けました。

男性警察官は、バイクに乗っていた17歳の男子高校生に職務質問しようとしましたが、男子高校生は逃走し、その際に接触して警察官は右腕を負傷しました。

その後、男子高校生から「バイクの単独事故で顔面を負傷した」と通報が入り、病院に運ばれ、右目の眼球破裂で失明するという大けがを負っていたことが分かりました。

警察署によると、「警察官がバイクを停車させ職務質問しようとして右手が当たった」ということで、手には警棒を持っていたということです。

しかし、警棒は通常腰に提げているため、警察官が左右どちらの手に警棒を持っていたのか、警棒自体が男子高校生に当たったのかは明らかになっていません。

また、男子高校生は搬送された際、救急隊員や母親に「右側から警棒で殴られた」と証言しており、大けがの様子もインターネットの動画で拡散されていて、1月27日深夜~28日未明には若者300~400人が沖縄署を取り囲んだということです。

沖縄署は、高校生から話を聞いたり、同僚警察官の目撃情報を調べたり、周辺の防犯カメラの映像を分析したりして、詳しく調べていく方針ということです。

眼球破裂とは、眼球の全てが破裂してなくなってしまうというわけではなく、“一部に裂け目ができてそこから中身が出てきてしまう”という状態のことで、早期に治療すれば、視力を完全に失わない方もいらっしゃいます。

なお、右目の眼球破裂で失明してしまった男子高校生ですが、高校生の叔父にの動画によると、名前は「あ◯き」くんと言われていますが、確定情報ではありませんのでご注意ください。

スポンサーリンク

【手に警棒】高校生失明の本名や顔画像は?

手に警棒を持っていた警察官と接触し、眼球破裂で失明してしまった高校生の本名や顔画像は公表されているのでしょうか?

調べてみたところ、名字や漢字などは明らかになっていませんでした。

しかし、顔画像については意識を失って血を流している様子の画像がツイッターで拡散されていました。

【手に警棒】高校生失明の高校は沖縄どこ?

手に警棒を持っていた警察官と接触し、眼球破裂で失明してしまった高校生は沖縄のどこの高校に通っているのでしょうか?

通っている高校については明らかになっていませんが、ツイッターでは「安慶田の17歳が暴走グループと間違われて片目失明」というツイートがありました。

沖縄県沖縄市にある高校は、

  • 沖縄県立美里高等学校
  • 沖縄県立コザ高等学校
  • 沖縄県立球陽高等学校
  • 沖縄県立美里工業高等学校
  • 沖縄県立美来工科高等学校

の5校であり、この中で安慶田に近い高校では「沖縄県立コザ高等学校」が挙げられます。

沖縄県立コザ高等学校は、沖縄県沖縄市照屋にある高校で、安慶田まで車で3分、徒歩で15分ほどでした。

他の高校は徒歩で30分以上かかるため、「安慶田の17歳」とは表さないと思います。

ネットの声

1月27日、手に警棒を持っていた巡回中の警察官と接触し、右目の眼球破裂で失明するという大けがを負ってしまった17歳の男子高校生について、ネットでも様々な声が上がっているため、その一部をご紹介していきます。

  • この警官だけをねらって石なげてくれ。

  • 警察官が警棒していた事は認めたが、警棒損傷がなく「接触は不明」と言う

  • 制止を振り切って人間(警察官)に突っ込んだ方が悪い。

  • 要するに自ら警棒あたりにいったのね。

  • 接触しただけで、失明しないやろ その警官早く出してくれ

 

最後に

1月27日、手に警棒を持っていた巡回中の警察官と接触し、右目の眼球破裂で失明するという大けがを負ってしまった17歳の男子高校生について書かせていただきました。