この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

こんばんは。コメ太郎です。

尼崎で事件が起きました!

なんと居眠りの末、信号無視した車が対向車に正面衝突しました。

これだけでも相当ヤバイのですが、車から降りてきた男はなんと恫喝を始めたのです。

ここまで自分勝手な男は見たことがありません!

さて、そんな居眠り逆ギレ男の名前や顔画像について分かる限りの情報を集めましたので最後までご覧ください。

スポンサードリンク

事件の詳細が衝撃的!

2019年はあおり運転が問題視された上で新たにあおり運転に対する法律が厳罰化されました。

そんな中で新たな運転トラブルが兵庫県尼崎市で発生しました。

なんと、信号待ちの対向車が赤信号を無視してノロノロと直進し、対向車に正面衝突したのです。

さらにぶつかってきた車の後部座席から降りてきた男は謝罪する気配もなく、あろうことか「下がれ!」という始末。。。

信じられない事件が実際に起きたのです。

そのまま逃走し現在も逮捕されていません。

信号無視動画がヤバイ!

実際の事件の動画を見てみましょう。

すでにTwitterで多数拡散されており胸糞悪い動画として騒がれています。

被害のあった車はいっさい動いておらず、一方的にぶつかってきたことが分かります。

過失から言うと完全に10:0で赤い車(アルファード)が悪いでしょう。

犯人の名前や顔画像!?

犯人についての情報をネットやSNSを駆使して調査しましたが現在のところ残念ながら分かっておりません。

顔画像についてもモザイクがかかっており人相すらわかりませんでした。

実際の運転者は車から降りてきていないので性別もわかりませんが、代わりに後部座席の男性が降りてきて恫喝したと言うことから、女性が運転していた可能性も考えられます。

この手の悪質な運転に関する事件は、逮捕される際に顔画像や名前などが公開される可能性が高いことから引き続き調査し、いち早くキャッチしてお伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

事件現場は?

今回の事件が起きた事件現場となる交差点を実際に見てみましょう。

現場は見てお分かりの通り見通しの良い大きな交差点になります。

今回の事故はスピードが低かった点と、偶然にも交差点に車両が侵入していなかったことが重なり従大な死亡事故に繋がっていませんが、どちらか片方でも欠けていたとすると死亡事故が起きていても不思議ではありません。

信号無視は居眠りだった!

なぜこのような事故が起きてしまったのか?

それは加害者の居眠りが原因ということが判明しています。

確かにスピード的にもブレーキペダルから足を離してしまった感じのスピードの様に感じます。

このことから以下の時系列が想像できます。

寝不足?で運転→ウトウトしていた→信号待ちで寝てしまう→ブレーキペダルから足が離れる→クリープ現象で車が走り出し対向車にぶつかる。

このような流れではないでしょうか?

しかし、気になるのは同乗者が注意しなかった点です。

居眠りして赤信号の交差点に進んでいくのに気づいたら、慌てて注意するのが普通です。

軽い居眠りであれば注視する声ですぐ起きそうですが、動画を見る限り一向に止まる様子がないことから同乗者も気づかなかった、または一緒に居眠りをしていたことが考えられます。

ネットの声

・尼崎信号無視 どう喝 当て逃げ。被害者が危険回避でクラクション鳴らすから、加害者が逆上したかもね。やはりクラクションが原因かも。

尼崎信号無視事故は宮崎2世 まだこんな奴居るの?

尼崎で居眠り信号無視して正面からぶつけといて逆ギレ逃走というニュース 実に尼崎らしくてほっこりする

信号無視,衝突の事件 どこかな〜って思ったら尼崎 あっ…(察し)

スポンサードリンク

 

最後に

尼崎の信号無視逆ギレ男について調査しました。

このドライブレコーダーの動画を持って警察も調査していることから逮捕も時間の問題と思われます。

その際には、今回の記事で分からなかった情報を詳しくお伝えしようと思います。

皆さんも普段の運転にプラスし、予防運転にも努めてくださいね。

最後まで閲覧していただきありがとうございました。