この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

こんにちは。コメ太郎です!

衝撃のニュースが飛び込んできました。

24日の午前3時頃に茨城県八千代町で大里功(76)さんが殺害される事件が起きました。

さらに妻も腹など複数箇所を刺されており警察が犯人の行方を追っています。

現場は畑に囲まれたのどかのな所で起きた事件なだけに注目が集まっています。

そこで当サイトも事件の詳細について独自に調べてみます!

スポンサードリンク

事件の詳細は?

大里功さんが殺害された事件はメディアでも注目を集めています。

事件の概要はこのように伝えられています。

24日午前3時15分頃、茨城県八千代町平塚、無職大里功さん(76)方で、「家族が倒れている」と同居する次男(42)から消防を通じて110番があった。下妻署員が駆けつけたところ、寝室で大里さんが刃物のようなもので胸などを刺されているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。大里さんの妻(73)も縁側で倒れ、腹部などを刺される重傷を負っていたが、搬送時は意識があったという。同署が殺人事件として調べている。

 発表によると、大里さんは妻と次男の3人暮らしで、夫婦が木造平屋の母屋に、次男は敷地内の離れに住んでいた。次男が犬の鳴く声で異変に気づき、母屋に駆けつけたという。家の中で刃物が見つかっており、同署は凶器の可能性があるとみて調べている。

 現場は、関東鉄道常総線下妻駅の西南西約8キロ・メートルの場所で、住宅と畑が点在する地域。

 大里さんの小中学校の同級生という男性(75)は友人からの連絡で事件を知り、現場を訪れた。男性によると、2か月に1回は同級生同士で集まって酒を飲む機会があったといい、大里さんもほぼ毎回参加していた。男性は「温厚で人から恨みを買うような人ではない」と唇をかんだ。

 近くの畑に農作業をしに来た男性は「奥さんもとても優しい感じの人。こんな静かな場所でこんな事件が起きるとは」と顔をこわばらせた。

出典元:産経新聞

第一発見者がこの家の離れに住む次男のようです。

深夜に犬の鳴き声がしていることを不審に思って様子を見に行った際に殺害されている所を発見したとあることから、犯人は堂々と庭を突っ切って逃走したということでしょう。

犯行現場は?

事件の詳細でも紹介していますが事件が起きたのは茨城県八千代町平塚という所です。

近隣の住民も「静かな所」といっていることもあり、周りは畑に囲まれたのどかの場所ということが分かります。

実際の事件現場付近を地図で見てみましょう。

 
 
上の画像が大里功さんが住んでいた家になります。
隣り合う民家はなく周りは畑に囲まれていることから、不審者の目撃証言は皆無に等しいでしょう。
深夜ともなると人出は全くと言っていいほどなくなりそうです。

スポンサードリンク

犯人の特徴は?

現在のところ犯人にな有力な情報は見つかっておりません。

しかし、大里さんの飼い犬が吠えていたとなると、顔見知りの人物ではないと予測できます。

なぜならこのような地域ですと空き巣や泥棒被害の防止として番犬として庭で犬を飼っている風習が多くみられます。

番犬はいつも見る知人や友人などは吠える可能性は低いですよね?

しかし、今回の事件時には番犬が吠えていたとなると見たことのない人物が庭先にいたという事になるのではないでしょうか?

犯行動機は?

今回の事件では金品が荒らされたという報道はされていないことから、金銭目的の犯行ではないと思われます。

単純に大里さん夫婦に恨みがあったということになるのでしょう。

大里さんの知人は「穏やかで人の恨みを買うような人物ではない」と言っていることから、犯人を割り出すのに苦戦を強いられそうです。

大里功さん 分かっていること

名前:大里功

年齢:76歳

職業:無職

スポンサードリンク

 

最後に

大里功さん殺害事件の犯人像や犯行動機など詳細をまとめてみました。

まだ事件の関しての情報が少なく犯人を特定するには困難です。。。

しかし、凶器となる刃物は屋内で見つかっていることから指紋やDNA鑑定で犯人に繋がる重要な証拠が見つかる可能性は十分にあります!

一刻も早い犯人逮捕が望まれます!