この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

大塚海渡騎手が話題です!

大塚海渡騎手が、所属先の木村哲也調教師から暴行を受けたとして、被害届を提出し、5日に受理されました!

大塚海渡騎手は木村哲也調教師からどのようなパワハラを受けたのかなどを調査してみました。

スポンサーリンク

大塚海渡騎手が木村哲也調教師からパワハラを受ける!

1月12日、大塚海渡騎手の父・哲郎さんと代理人弁護士がリモート会見をして、大塚海渡騎手(20歳)が、所属先の木村哲也調教師(48歳)から暴行を受けたとして、茨城県稲敷署に被害届を提出し、1月5日に受理されたことを発表されました。

現在民事訴訟中でもあり、第1回口頭弁論は1月20日に水戸地裁土浦支部で行われる予定で、850万余の損害賠償を求めたとのことです。

尚、大塚海渡騎手のお父様は勢司和浩厩舎で調教助手をされていて、当時勢司厩舎の調教助手・厩務員だった木村哲也調教師の先輩にあたります。

パワハラの内容は?

大塚海渡騎手は、木村哲也調教師からどのようなパワハラを受けていたのかについても、大塚海渡騎手の父・哲郎さんがお話されていました。

大塚海渡騎手は、競馬学校生の厩舎実習中から2019年12月25日までの間に、頭部を手拳で殴打されたことが10件ほどあったそうです。

手拳とは握りこぶしのことなので、握りこぶしで頭を殴られたということですね。

競馬学校騎手過程では、2年生の9月から1年間の厩舎実習開始されるのですが、大塚海渡騎手は、2016年に競馬学校騎手課程に入学されましたので、約1年半~2年間の間にこのようなパワハラを受けたということになると思われます。

このパワハラが10件ほどあったとのことなのですが、そのうち日時、場所などを正確に覚えている2件を主として、被害届を提出されたそうです。

大塚海渡騎手プロフィール

  • 名前:大塚 海渡(おおつか かいと)
  • 生年月日:2000年10月25日(現在20歳)
  • 出身地:茨城県
  • 身長:162.8cm
  • 体重:46.8kg
  • 血液型:O型
  • 所属団体:JRA
  • 所属厩舎:美浦・木村哲也(2019.3.1~)
  • 免許種類:平地・障害
  • 初騎乗:2019年3月2日 2回中山3日 1R ヤシャジン(9着/16頭)
  • 初勝利:2019年4月7日 3回中山6日 12R リモンディ
  • 目標とする騎手:ジョアン・モレイラ騎手
  • 一番勝ちたいレース:東京優駿、ダービージョッキーが目標

大塚海渡騎手の経歴について

大塚海渡騎手は、2016年に競馬学校騎手課程に入学し、2019年2月、競馬学校騎手課程を卒業、大塚海渡騎手は第35期で、同期には斎藤新騎手、岩田望来騎手、亀田温心騎手、小林凌大騎手、菅原明良騎手、団野大成騎手がいらっしゃいます。

そして、2019年3月に木村哲也厩舎からデビューされましたが、2020年1月5日の落馬負傷によって療養中で、2020年6月頃の復帰を目指していました。

しかし、右頭部の慢性硬膜下血腫が悪化したため、2020年いっぱい休養されていて、2021年の年明けから、筋トレや乗馬など、復帰に向けた訓練を再開されています。

スポンサーリンク

大塚海渡騎手の現在の顔画像は?

大塚海渡騎手の事名前を聞いたことがあっても顔画像を知らない方も多いのではないでしょうか?

しかし、今回の騒動で名前と顔が一段と有名になることは言うまでもありません。

ネットの声

  • 自分の騎手人生に影響が出るかもしれないのに勇気ある行動だと思います。暴力は絶対に許してはいけないと思います。JRAもちゃんとした責任ある対応をして欲しいし騎手の事も守って欲しいですね。

  • あの酷い落馬事故だったので気になっていましたが意識を取り戻していたのですね本当に良かったただ、騎手を続けるかどうかは慎重に考えてください乗り方を含め本当に怖い落馬でした

  • 事実ならキムテツが悪い話ではあるけれど話が重いな。結果によってはキムテツはノーザンからのバックアップが怪しくなる。他方で村社会でこういうことになると、大塚は大塚で騎手の世界でやっていくのは相当苦労しそう。

  • パワハラはあってはならない事だからしっかりやった方が良い。今後のためにも。あと自分の騎手としての事も十分考えた方が良い。他人を巻き込む危険な騎乗が多すぎる。命は裁判じゃ取り戻せないのだから

  • パワハラは事実であればしっかり調査すべき。ただ、彼の騎乗技術には疑問符がつくし、斜行で他の騎手巻き込んで怪我させてるから、今後騎手続けるのかも考えた方がいい。

スポンサーリンク

 

最後に

大塚海渡騎手について書かせていただきました。

今後どのような展開になるのか注目ですね。