浦賀和宏さん訃報|死因は?嫁や子供の存在は?デルタの悲劇や殺人事件の筆者!

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

悲しいニュースが飛び込んできました。

なんと作家の浦賀和宏さんが41才という若さでお亡くなりになられました。人気ミステリー小説家として知られる浦賀さんは「彼女は存在しない」や「デルタの悲劇」などが代表作でした。

そんな浦賀和宏さんの人物像に迫ります!

浦賀和宏 プロフィール

出典元:twitter

名前:浦賀和宏(うらが かずひろ)

生年月日:1978年12月8日

享年:41才

出身地:神奈川県

職業:小説家、推理作家

浦賀さんの小説家デビューは1998年でした。自身の作品である「記憶の果て」が第5回メンフィスト賞を受賞したことでデビューします。

主にミステリーを扱いますが、中には過激な作品やタブーとされているものを取り扱うことでも知られており熱烈なファンが多くいました。その中でも「彼女は存在しない」や「ifの悲劇」、「デルタの悲劇」は自身の代表作として大ヒットしています。

死因は?

浦賀さんの死因は「脳出血」と公表されています。

脳出血について調べてみるとこのような病気でした。

何らかの原因により脳の血管が破れてしまい、脳の中に出血を起こす病気です。 血管から溢れた血液は血腫という血の塊を作り、その血腫が脳に直接ダメージを与えたり、また、血腫が大きくなることや脳のむくみ(浮腫)により頭蓋骨の中の圧が高まり、正常な脳を圧迫することで脳の機能に様々な障害が生じます。

出典元:https://www.koseikan.jp

脳出血の恐ろしいところはなんの前触れもなくいきなり症状に襲われることです。

代表的な症状は、頭痛、吐き気、嘔吐、手足の麻痺ですが、場合によってはこの症状すらほとんど出ないこともあります。

その証拠に浦賀さんはお亡くなりになる3日前もいつもと変わらずに自身のtwitterでツイートしていました。

この時には症状は出ていなかった可能性も考えられます。普通に頭痛や吐き気などは日常的にもあり得る症状ですし、疲れからも同様の症状が出ることもありますから本当に強く症状が出ないことには本人も脳出血とは考えないでしょう。ましてや浦賀さんのように41才という若さですと尚更です。

嫁や子供の存在は?

浦賀さんに嫁や子供はいたのか?について調べてみました。

しかし、嫁や子供についての情報はありませんでした。続いて浦賀さんのtwitterを見てみるとこのようなツイートがありました。

このツイートを見ると分かりますが、母親とお墓参りに行ったことが書かれています。おそらく父親のお墓参りだと思うのですが、ここでは母親と二人で行っていることを考えるとご結婚はされていない可能性が高いでしょう。

さらに今回の浦賀さんの葬儀は母親が喪主を務めていることから結婚はされていない、若くは結婚はしていたが離婚しており独身だと考えます。

ネットの声

浦賀和宏亡くなったのか…ショック…

最近出たデルタの悲劇も読んだばかりでした。大好きな作家さんでした。ご冥福をお祈りします。

まだお若いのに。 言葉が見つからない。

浦賀和宏さんの訃報がショックでさらに本名見てさらにショックを受けてる。

浦賀和宏先生の本でカニバリズムに興味を持ったんですよ

このように数多くのファンが驚きと悲しみの声が寄せられています。

 

最後に

浦賀和宏さんについて書かせていただきました。

小説家としてこれからという時に非常に残念です。浦賀和宏さんおご冥福をお祈りいたします。