この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

悲しいニュースが飛び込んできました!

なんと俳優の萩原健一さんがお亡くなりになられました。

まだ68歳という若さでの早すぎる旅立ちに悲しみの声が多数上がっています。

今日は萩原健一さんについて書かせていただきます。

スポンサードリンク

詳細は?

ドラマ「太陽にほえろ!」「傷だらけの天使」「前略おふくろ様」など数々の作品で知られる俳優で、グループサウンズ「ザ・テンプターズ」のボーカルも務めた萩原健一(はぎわら・けんいち)さんが26日午前10時30分、GIST(消化管間質腫瘍)のため都内の病院で死去したことが28日、分かった。68歳。埼玉県出身。所属事務所が発表した。「ショーケン」の愛称で親しまれ、一時代を築いた。

 所属事務所によると、2011年から闘病していたが、本人の強い希望で病名の公表を控えていた。容体が急変し、妻に看取られて息を引きとった。故人の遺志により、葬儀は家族のみで営まれ、27日に都内の斎場でだびに付された。

 1967年、17歳の時に「ザ・スパイダース」の弟分バンド「ザ・テンプターズ」のボーカルとして「忘れ得ぬ君」でデビュー。「神様お願い!」「エメラルドの伝説」などの大ヒット曲を生み、グループサウンズ全盛期を支えた。

 ザ・テンプターズは70年に解散。72年、映画「約束」に助監督として参加したが、降板した俳優の代役を務め、岸惠子(86)の相手役を演じた。これが高く評価され、本格的に俳優に転身。同年、日本テレビ「太陽にほえろ!」の初代新人刑事・マカロニ役で人気を決定的に。74年に同局「傷だらけの天使」、75年に同局「前略おふくろ様」と立て続けに連続ドラマに主演した。

 映画も「八つ墓村」「影武者」「誘拐報道」「恋文」「いつかギラギラする日」「居酒屋ゆうれい」など多数出演。

 昨年3月に放送されたテレビ朝日の2時間「明日への誓い」に主演。同年9~10月に放送されたNHK総合「不惑のスクラム」(全7話)に出演した。

 私生活は80年から女優・いしだあゆみ(70)と事実上の結婚生活を送り、96年にはヘアメーク担当だった女性と結婚したが06年に別れた。11年にモデルの冨田リカ(57)と再婚した。

出典:スポニチ

萩原健一 プロフィール

名前:萩原健一(はぎわら けんいち)

生年月日:1950年7月26日

出身地:埼玉県安達郡与野町

身長:174cm

職業:俳優・歌手

死因が衝撃的!?

萩原健一さんは皆さんも一度はテレビで見たことがあるのではないでしょうか?

最近はほとんどテレビの出演も少なくはなってきていましたが、まさかのお亡くなりの情報に筆者自身も驚きしかありません。

さて、気になるのは死因です!

メディアが公表したのは「消化管間質腫瘍」です。

消化管間質腫瘍とは消化管の粘膜下の筋肉層に発生する粘膜下腫瘍です。

腫瘍とはいうもののガンとは性質も拡がり方も違うとされています。

発生頻度は10万人に1人とも言われており極めて稀な病気と言えるでしょう・・・・

しかも萩原健一さんはこの病気と2011年から戦っていることも判明しました!

苦しい症状が出ることで知られており、闘病生活は非常に苦しいものだったに違いありません。

スポンサードリンク

嫁は冨田リカ?

萩原健一さんは2011年2月にモデルの冨田リカさんと結婚しています。

まずは冨田リカさんのプロフィールをご覧ください。

名前:冨田リカ

本名:冨田理加

生年月日:1962年3月8日

出身地:神奈川県

血液型:A型

身長:167cm

冨田リカさんはバツイチで萩原健一さんが2度目の結婚となります。

幼児教室経営のグロースエンタープライズ取締役を経験し、その後は読者モデル活動など幅広く活躍している女性です。

現在は離婚?

萩原健一さんと冨田リカさんには離婚という噂が出回っておりました。

しかし調べて見ても離婚の事実はなく仲の良い夫婦だということがわかります。

おそらく、お二人は結婚・離婚を繰り返している過去があるのですぐに離婚するだろうという声からこの噂が浮上していたものと思われます。

結果的にいうとガセネタですね!

ネットの声

https://twitter.com/Pjgf1QcNEvnfxs4/status/1111254450474106880

https://twitter.com/windyeah019/status/1111254789948469255

https://twitter.com/serious2511/status/1111254767735439361

スポンサードリンク

最後に

萩原健一さんの訃報について書かせていただきました。

日本を代表する俳優の早すぎる死にネットでは悲しみの声が止まりません。

天国でも大好きだった芝居を続けてもらいたいですね。

萩原健一さんのご冥福を心よりお祈りいたします。