この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

こんばんは。コメ太郎です!悲しいニュースが飛び込んできました。

なんと、漫画家の園田小波さんが42歳という若さでお亡くなりになられました。

少女漫画の「りぼん」で「チョコミミ」の作者として多くの方から知られていただけに非常に残念です。

死因は乳がんと公表されていますが、園田さんには以前から病気説が浮上していました。

スポンサードリンク

詳細

園田小波さんの訃報はメディアではこのように報道されています。

「チョコミミ」の園田小波が8月4日に乳がんのため死去したことが、りぼん(集英社)の公式サイトにて発表された。

1995年にりぼん早春のびっくり大増刊号(集英社)にて、「ハイテンション・アワー」でデビューした園田。2004年にりぼんで連載がスタートした「チョコミミ」は、2007年から2008年にかけてTVドラマ化も果たしている。発売中のりぼん9月号では、同作は園田の体調不良のため休載していた。

出典元:ナタリー

園田小波 プロフィール

名前:園田小波(そのだ こなみ)

生年月日:1977年5月3日(42歳)

出身地:兵庫県

職業:漫画家

血液型:AB型

代表作:チョコミミ

園田小波さんは1995年にりぼんで「ハイテンション・アワー」でデビューを果たします。

その後は今でも人気を誇っている「チョコミミ」の連載を開始し、テレビドラマ化されるほどの人気ぶりでした。

主な代表作

園田小波さんの代表作品を見てみましょう。

●ハイテンション・アワー

●僕の学校

●魔法使いパンジー

●え〜かげんにせい!

●コナミルクSHOW

●チョコミミ

●べらぼーにブラボー

いずれも少女漫画りぼんに掲載されており、皆さんも一度はご覧になった方は多いのではないでしょうか?

スポンサードリンク

顔画像は?

園田小波さんの顔画像について注目が集まっています。

早速調べてみましたが顔画像は公開されていませんでした。

漫画家の方は確かに顔画像はおろかプライベートの情報は公開されている方は少ないですからね。

死因は乳がん

死因は乳がんと公表されています。

乳がんは日本人の12人に1人が発症するがんです。

早い方は20代でも発症する場合がありますが、多くは40代後半から50代にかけてが多くいるようです。

しかし、最近の医療の発達で早期発見できれば完治する可能性も非常に高くなってきています。

園田さんは42歳という若さでお亡くなりになられていますね。

乳がん検診など行っていたかは不明ですが、若い方のガンは進行が非常に早いことで知られていますので気付いた時には大分がんが進行していた状態だったのかもしれません。

以前から病気説があった?

園田小波さんで検索してみると「病気」というワードが浮上しています。

その理由は発売中のリボン9月号で「体調不良のため休載」というアナウンスがあったことから、ファンの間では病気ではないかと心配の声が上がっていました。

実際にその心配が現実のものになってしまい非常に残念です。

結婚し子供がいた!

園田小波さんは自身のプライベートはほとんど明かしておらず、謎が多いことで知られています!

結婚や子供に関する情報はほとんどなかったのですが、一つだけ園田小波さんのツイッターにお子さんの写真がありました!

このアップされた画像は娘さんにエプロンを作ったようですね!

非常に微笑ましい画像ですが、このツイートは2015年にされたものです。

それから4年経っていますが、この画像を見る限り、現在もまだ娘さんは幼いでしょう。

幼い娘を残して旅立つとは園田さん本人も無念だったことでしょう。。。

同じ幼い子を持つ親として非常に心苦しいものがあります。

このようにお子さんがいるということは結婚されているということだと思いますが、夫(旦那)に関する情報などは一切ありませんでした。

ネットの声

https://twitter.com/morinekomariri/status/1163387387235319808

スポンサードリンク

 

最後に

園田小波さんの死因や病気説、顔画像や結婚などに関する記事を書かせていただきました。

園田さんが書いた漫画はいつまでも皆の心の中で生き続けることでしょう。

どうか天国でも大好きな漫画を描いていただきたいと感じます。

園田小波さんのご冥福をお祈り致します。