この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

戦後最悪と言われる火災事件がおきました!

2019年7月18日11時頃に京都市富士見区の京都アニメーション第1スタジオで火災がおきました!

この火災はなんと放火によるもので犯人は41歳の男性であると伝えられています。

死者を25人も出してしまったこの犯人とは一体誰なのか?真相に迫ります!

スポンサードリンク

京都アニメーションの火災の詳細

「けいおん!」などの人気作で知られるアニメ制作会社「京都アニメーション」の京都市伏見区のスタジオで18日、放火火災が発生した。

犯人とみられる男の関係先とされる関東地方の民間の更生保護施設には報道関係者が集まった。入寮を委託する法務省の保護観察官が対応し、「個別の案件には答えられない」と入寮の有無については答えなかった。

同施設は、犯罪を犯し、刑事手続きで身柄を拘束され刑務所を出所などした人が希望で自立するまでの期間、入寮できる施設だという。保護観察官によると「出所などした後、さまざまな事情で帰る場所がない人が希望すると自立できるまでの半年間、入れる施設。国が委託して宿泊代や食費も負担している」と話した。

犯人とみられる男は12年に茨城県内でコンビニに包丁を持って強盗に入り、その後、逮捕されている。

出典元:日刊スポーツ

41歳の男 分かっていること

犯人とみられる男は41歳ですが今回の火災で怪我をして重体とのこと!

現在は麻酔で眠っているようですが予断を許さない状態ということが明らかになっています。

まずは41歳の男の情報をまとめていきましょう。

年齢:41歳

性別:男

出身:茨城県

住所:さいたま県

前科:2012年にコンビニ強盗

特徴:腹に入れ墨

どうやら、犯人は2012年に茨城県内でコンビニに包丁を持って押し入り逮捕されていた前科を持っている人物ということが明らかになっています。

このことから、茨城県に住所を持つ可能性が高いと思われます。

※2019年7月18日22:00現在:さいたま県在住という情報が出ています。

スポンサードリンク

コンビニ強盗は下妻市!?

2012年のコンビニ強盗の事件から犯人の割り出しをしていくと、条件が一致する事件がヒットしました!

それは2012年8月25日に茨城県・下妻市で起きたコンビニ強盗事件でした。

その事件の詳細を見ていきましょう。

事件発生日:2012年8月25日

場所:茨城県下妻市

容疑:コンビニ強盗

着用していた服:黒い服赤い手袋

年齢:35〜45歳

身長:165〜170cm

犯人の名前は残念ながら明かされていませんが、年齢、容疑、場所、時期の全てがヒットしていることから、この事件と今回の放火の犯人は同一人物である可能性が濃厚ではないでしょうか?

因みに防犯カメラの画像も公開されていました。

これだけでは人相などは分かりませんね。

しかし、この事件と同一犯と決まったわけではありませんのであくまで可能性の一つとして見てください。

更生施設はどこ?

京アニ放火犯の41歳の男は関東地方の民間の更生施設に入寮していた可能性を聞きつけ多数の報道関係者が施設に集まって来ているとのこと。

肝心な施設名は明かされていませんが、「関東・茨城・民間・更生施設」で検索してみると数件がヒットしました。

・茨城県保護観察協会

・有光苑

・茨城学園

この辺りが可能性としては高いことでしょう。

犯行動機はパクリ!?

犯人の41歳男は目撃者の証言ではこのように叫びながら火をつけていたと言います。

「死ね!」 「パクりやがって」

一体なんのことか分かりませんが、強い恨みを持って放火したことは確かです。

パクりというと、アニメの原作を盗作されたとかそういった類が考えられますが、この犯人の男は従業員でもなんでも無いということが明らかになっているので被害妄想の可能性も考えられます。

ましてや、前科があり更生施設に入寮していたこともあり精神疾患を患っていたということもあり得ます。

なんにせよ正常な考えを持った人間には到底できることのない行為ですね・・・

ネットの声

https://twitter.com/u26pg/status/1151832087734845441

スポンサードリンク

最後に

意識不明の重体の犯人ですが、個人的には意識を取り戻し罪の重さを理解し、一生をかけて罪を償ってもらいたいと感じます。

そうでもしないと罪もない25人の犠牲者とその遺族が浮ばれないですよね。

一刻も早い意識回復を願います!

今回被害にあった方のご冥福をお祈りいたします。