この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

山田真貴子内閣広報官が話題となっています!

菅義偉首相の長男・菅正剛さんが勤める放送事業会社「東北新社」による総務省幹部の接待問題で、総務省は既に接待を受けたと判明していた職員4人に加え、22日になって山田真貴子内閣広報官ら9人も接待を受けてたとの調査結果を報告しました。

山田真貴子内閣広報官の夫や子供、経歴や電話疑惑の真相などについて調査してみました。

スポンサーリンク

山田真貴子内閣広報官も高額接待に同席!

菅義偉首相の長男・菅正剛さんが務める放送事業会社「東北新社」から総務省幹部が接待を受けていた問題で、総務省は2月22日、調査結果として、既に接待を受けていたと判明していた職員4人に加え、山田真貴子内閣広報官ら9人、計13人が接待を受けていたことを報告しました。

発覚した接待は計38件にのぼり、総務省が公表した資料によると、山田真貴子内閣広報官が接待を受けたのは総務審議官在任中の2019年11月、一人74203円の豪華な会食だったとのことで、東北新社社長、菅正剛さんを含む東北新社関係者4人と会食していたことが分かっています。

菅義偉首相は国会で追及された際「長男は別人格」と答えていましたが、政府は接待を受けた職員、元職員13人のうち、11人が国家公務員倫理規程上の「利害関係者からの接待」に該当する可能性があることを認めていて、11人を懲戒処分にする方針を固めました。

しかし、山田真貴子内閣広報官は特別職の国家公務員であるため、処分対象からは外れています。

山田真貴子内閣広報官プロフィール

  • 名前:山田 真貴子(やまだ まきこ)
  • 生年月日:1960年9月13日(60歳)
  • 出生地:東京都
  • 出身高校:東京学芸大学附属高等学校
  • 出身大学:早稲田大学法学部

山田真貴子内閣広報官の経歴について

山田真貴子内閣広報官は早稲田大学法学部卒業後、国家公務員採用上級甲種試験(法律)に合格して1984年4月に郵政省に入省し、第二次安倍政権下の2013年11月31日には、女性初の内閣総理大臣秘書官に就任し、2015年まで広報、女性政策、少子化対策などを担当していました。

2017年7月11日に総務省情報流通行政局長し、2019年まで務めた後、2019年7月5日に女性初の総務省次官級ポスト・総務審議官(国際担当)に就任したのですが、山田真貴子内閣広報官が接待を受けたのは2019年11月であるため、この時は総務審議官在任中であったことが分かっています。

2020年7月20日に総務省を退官後、同年9月16日、菅政権発足とともに女性初の内閣広報官に就任し、山田真貴子内閣広報官は現在、官邸で唯一の女性幹部となっています。

官房長官時代から菅首相の信頼は厚く、菅首相は官邸の会見場でこれまで7回記者会見を実施してきましたが、山田真貴子内閣広報官はその会見の司会、仕切り役を務めてきて、菅首相への厳しい質問が飛ぶと質問希望者がいたとしても「次の日程」などを理由に会見を打ち切っていました。

スポンサーリンク

山田真貴子内閣広報官の夫は吉田博史総括審議官で子供の存在は?

総務省は2月19日、今回の疑惑で秋本芳徳情報流通行政局長を官房付に異動させるのに伴い、後任に山田真貴子内閣広報官の夫である吉田博史官房総括審議官を起用する人事を発表しました。

吉田博史総括審議官は、東京大学法学部卒業後、1987年に郵政省(現総務省)に入省し、総務省地上放送課長、官房審議官などを経て、2020年7月に官房総括審議官に就任しました。

吉田博史総括審議官は、山田真貴子内閣広報官より3歳年下の57歳で、官房総括審議官も兼務することになっています。

山田真貴子内閣広報官と吉田博史総括審議官の間には、息子さんが1人いらっしゃいます。

顔画像もなく、年齢についても分かっていませんが、山田真貴子内閣広報官は2014年の総務省のインタビュー記事にて「総務省の同僚である夫とまもなく高校生になる息子との3人という小さな家庭」と発言されていたため、おそらく現在は21歳ぐらいだと考えられます。

山田真貴子内閣広報官のクレーム電話疑惑の真相とは?

山田真貴子内閣広報官は、2020年10月26日、NHK「ニュースウオッチ9」で有馬嘉男キャスターが菅首相に日本学術会議会員の任命問題について詰め寄った事に対して、放送翌日に「総理怒ってますよ」と、NHKの原聖樹政治部長にクレームの電話を入れたと報じられています。

2月22日の衆院予算委員会で、立憲民主党の本多平直さんがこの件について追及した際、菅首相は「本人に確認したところ、NHKにクレームの電話をしたという報道は事実じゃないと報告を受けている」と、報道の内容を否定していましたが、電話の有無については明言を避けていました

なお、NHKは2月10日、有馬嘉男キャスターが3月いっぱいでニュースウオッチ9を降板することを発表しましたが、正籬聡放送総局長は有馬嘉男キャスターの降板について、官邸の圧力の影響を否定しています。

ネットの声

  • いやはや腐敗は底無し

  • どうかご内密に、的なやり取りがあったりして 時代劇さながら(´・ω・`)

  • 更迭された秋本の後任が山田真貴子の夫だってさ。ズブズブ

  • 自分が菅に取り入られるためだけに、他人の人生を踏みにじって平気でいられる山田真貴子

  • 内閣広報官に相応しくない、すぐ免職して下さい。

スポンサーリンク

 

最後に

山田真貴子内閣広報官について書かせていただきました。

ネットでは、秋本芳徳情報流通行政局長を官房付に異動させるのに伴い、後任に山田真貴子内閣広報官の夫である吉田博史官房総括審議官が起用されたことに対しての批判が多かったですね。