この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 2020年3月30日の未明に俳優の坂本真さんが暴行容疑で逮捕されたとのショッキングなニュースが飛び込んできました。

都内自宅のマンションで奥さんと義理のお母様を殴ったのが、その逮捕の理由です。

坂本真さんの逮捕も驚きですが、その理由がもっと気になります。何せ身内の家族の二人を殴ったのですから。

近所の目撃情報などもあるようですのでどうやら本当っぽいです。

とはいえ、時々坂本真さんは、奥さんと一緒に外出していく姿を見かけるとの近所の話もあります。

何やらただ事でない感じがしてきましたので、早速、色々と調べてみることにしました。

プロフィール

プロフィール 詳細
  • 名前:坂本 真 (さかもと まこと)
  • 生年月日:1977年6月17日(42歳)
  • 出身地:茨城県
  • 身長:162㎝
  • 血液型:B型
  • 主な代表作:『家政夫のミタゾノ』恩田良彦役 『ATARU』第八話・伊藤稔役 『相棒Season8』第四話・福永ミノル役など。

その独特な風貌と演技で、個性派俳優として脚光を浴びている坂本真さん。時には主役を食いかねない存在感は、ドラマはもちろん、映画・舞台・CMにと余すところなく、文字通り、個性を発揮しています。

坂本真さんの名前を知らなくても、あのマッシュルームカットに黒縁眼鏡をかけた姿は、一度目にしたら強烈なインパクトを残します。

『のだめカンタービレ』『電車男』『ライアーゲーム』などで、ちょっとオタクっぽい感じの役は、まさにハマり役といっても過言ではありません。

あくまでも、映像から感じるイメージとしては、今回の逮捕の理由である暴力とはまるっきり真逆のイメージでしかない坂本真さん。

暴行を受けたとしてのニュースなら、失礼ですがしっくりとくるのですが。あの坂本真さんが、しかも、奥さんなどの身内を殴ったのですから。

今回の逮捕には正直ビックリです。

逮捕理由がヤバい!

坂本真さんは、30日の午前0時20分頃、東京都・台東区の自宅マンション内で奥さんの頭を数回殴り、騒ぎを聞いて駆け付けて仲裁に入った別の階に住んでいる義理のお母様の頭も数回殴ったとのことです。

幸い奥さんも義理のお母様も大きなけがには至っていなかったとのことですが、坂本真さんは通報を受けて駆け付けた警察官に現行犯で逮捕されました。

近所の人の目撃によれば、奥さんも義理のお母様も頭に相当数、かなり執拗に殴られていたみたいですが、それでも大したけがをしていないということは、坂本真さんの暴力の威力の程は微妙だったということでしょうか。

ここで面倒くさいというか、話がややこしいのは当の坂本真さんは犯行の際、かなり酔っぱらっていたらしく、記憶も曖昧で容疑を否認しているとのことです。

近所の人によると坂本真さんは、以前にも時々夜中に大声で怒鳴り散らしたり、マンションの出入り口で酔って寝ていたりと、いろいろと迷惑をかけていたみたいです。

坂本真さんの住むマンションは、台東区内でも割と閑静な住宅街にあります。そんなところで、夜中に寄って大声でも上げようものなら、いくらマンション内といえども、たちまち通報されてしまいますね。

身内が大したケガも負っていないのに、通報されたり、酔って記憶を無くしたりとなると、警察沙汰は今回が初めてではなさそうです。

どうやら、坂本真さんはお酒で豹変してしまうタイプのようですね。

嫁は?子供は?家族について

また、そこで一つ気になってくるのが、今回の件で出てくる坂本真さんの奥さんと、その義理のお母様の存在。

画像など調べてみましたが、奥さんも義理のお母様も一般の方との事なので見当たりませんでした。

坂本真に関してツイッターやインスタグラム等、その周辺のSNSなども調べてみましたが、やはりどこにも写っていませんでした。

それでもどうにか調べてわかったことは、奥さんは、坂本真さんと同世代の40代。義理のお母様は70代ということです。

お子様はいないとのことです。

ただ、近所の方の話によると、坂本真さんの奥さんは、相当な美人だそうです。スタイルもよく近所でも評判とのことです。

そうであるならば、尚の事、下衆な考えを抜きにして坂本真さんの奥さんが気になりますね。

 

まとめ

今回、坂本真さんは暴行容疑で逮捕されてしまいましたが、まだ42歳。役者人生としても、まだまだこれから脂がのっていく年齢です。

むしろ、これから洗練されて、より一層の熟練した芝居をされていくと思います。

ただ、お酒だけはほどほどにした方がいいですね。過去にも酒に溺れて消えていった役者さんは数多くいましたからね。

坂本真さんは前述したように演技に定評がありますし、役者仲間からも愛されていることがSNSを通じて伝わってきます。

せっかく独自のキャラクターを確立して、それが重宝されているのですから、大事に今後の役者人生を歩んでいってほしいですね。

坂本真さんの今後も、引き続き追いかけていきたい思います。