この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

スポンサードリンク

こんにちは、コメ太郎です。またもや未成年者誘拐のニュースが入ってきました。

SNSで知り合った14歳の少女を自宅に住まわせたとして、会社員の43歳男性が逮捕されました。

容疑は未成年者誘拐です。

未成年者は本人が同意しても、保護者が同意しなければ誘拐となります。

少女の方がTwitterで「部屋を貸してくれる人いませんか」というメッセージを発信し、それに対して容疑者が応えたわけですが、いったい何があったのでしょうか。

今回は、逮捕された容疑者がどのような人物なのか調査しました。

事件の詳細

今回の事件は、以下のように報じられています。

SNSを通じて知り合った愛知県内の少女(14)を自宅に住まわせたとして、愛知県警豊橋署は29日、東京都八王子市明神町1丁目の会社員、小林政司容疑者(43)を未成年者誘拐の疑いで逮捕し、発表した。小林容疑者は「14歳とは知らなかった。支配下には置いていない」などと供述し、容疑を否認している。

 豊橋署によると、逮捕容疑は23~26日、未成年の少女を八王子市内の自宅に住まわせ、誘拐したというもの。

 小林容疑者は21日、ツイッターに「部屋を貸してくれる人、いませんか」と投稿していた少女と連絡を取り、「のんびりしてください」「ワンルームマンションなのでベッドひとつなんです。なので、一緒に寝ることになりますが大丈夫ですか」などとメッセージを送って誘い出したという。

 22日、少女の祖母が豊橋署に行方不明者届を提出。27日に捜査員が八王子市内の路上で少女を発見した。少女にけがなどはないという。

引用元:朝日新聞

報道では、少女の住所は愛知県となっていますが、豊橋警察署が容疑者を逮捕していますので、住んでいるのは豊橋警察署管轄内になります。

豊橋警察署の管轄は豊橋市全体なので、少女の住所は愛知県豊橋市になります。

スポンサードリンク

小林政司容疑者のプロフィール

氏名:小林政司(こばやし まさし)

年齢:43歳

住所:東京都八王子市明神町1丁目

職業:会社員

住んでいるマンションはテレビニュースで報道されています。

ワンルームマンションとのことなので、おそらく独身でしょう。

少女の方が家出をしたかったのか、Twitterに投稿したので、少女の方が八王子市まで来た可能性もあります。

一つのベットで寝たのでしょうか?

もしかすると、誘拐以外にも犯罪を犯しているかもしれません。

小林政司容疑者の顔画像、SNSは?

小林容疑者はTwitterで少女とやりとりをしています。

よって、確実に小林容疑者はTwitterのアカウントは持っています。

しかし、それらしきアカウントは見つけられませんでした。

おそらくニックネームなどでアカウントを作っているようです。

また、11月21日に投稿されたとされる、少女の「部屋を貸してくれる人いませんか」という投稿ですが、削除されたのか確認できませんでした。

Facebookについても確認ができませんでした。

顔画像も、テレビニュースなので報道されておらず、不明です。

ネットの声

家庭環境とかいろんなことがあるんだろうけど
知らない男と暮らす方がましな環境なのかなぁ。
子どもだからと言えばそうなんだろうけど、
14歳だったらもうそれなりに分別もあるだろう。

 

他の記事でこの男は、ワンルームマンションなのでベッドは一つだけどいいですか?的な事を書いていたが、
それでも行ってしまった女子中学生の女の子も変わってると思う。

いかにまだ14歳とはいえ、
流石にベッド一つの見ず知らずの男の家に寝泊まりしに行こうと考えるなんて、そこまで丸わかりに危険な事言っているのにそれすら判断が出来なかったのだろうか。

もしくはそれ以上に家庭環境に問題がありとにかく家出したかったのだろうか。

未成年でスマホを持たせている年頃のお子さんを持つ親御さんはくれぐれも気を付けて下さい。

 

事件として成立しているのは理解したけれど。
背景が良くわからないが、この男が女子中学生を誘拐して何か(身代金や性的な犯罪など)を企んでいたのであれば事件性があると思う。
この男が本当に善意で保護しているつもりだったら、情状酌量の余地があると思う。
考えが甘いかもしれないが、こういう偏った善意の塊の人は少なからずいると思う。
本来は警察や児童相談所などの公共機関でこのような子供たちを守るべきだが現実的には難しそうだし。

そもそも本来SNSなど子供たちが簡単に触れられるのが問題なんだけど。

でもこれも解決できないだろうな。

スポンサードリンク

最後に

最近、未成年者によるTwitter投稿が発端となる事件が相次いでいます。

SNSの普及で世の中が大きく変わりましたが、未成年者に関しては、規制を考えなければいけない段階に来ているのかもしれません。

最後まで閲覧いただきありがとうございます。