この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

不世出のコメディアン・志村けんさんが亡くなって早や一週間。

ここにきて、志村けんさんを取り巻く環境が大変騒ぎ始めています。特に女性関係がザワついています。志村けんさんと仲が良かった、親密だった、最後に愛したなどという女性たちが現れ出しています。事の真相はいずれも微妙だったりするのがほとんどなのですが、一概にそうとは言えない女性が現れました。

その女性の名は奥村美香さん。

奥村美香さんの持っているその内容がどれも真実味を帯びているんです!これは、徹底的に調べないわけにはいきません。それでは早速、奥村美香さんについて調べていきたいと思います。

奥村美香プロフィール

プロフィール詳細
  • 名前:奥村美香 (おくむら みか)
  • 生年月日:1988年3月25日
  • 出身地:三重県
  • 身長:170㎝

奥村美香さんはモデルをメインに活動しています。最近はTVを中心にタレントとしても活動の幅を広げています。

主なTV出演番組はMXTV系「内村さまぁ~ず」。TBS系「ジョブチューン」「山里と100人の美女」。NTV系「金田一少年の事件簿」。NHK「SHIBUYA DEEP A」。関西テレビ系「芸能界煩悩CUP」。などです。

志村けんの最後の彼女?

ネットでは現在、奥村美香さんが雑誌やSNS等で大々的に志村けんさんと最後まで付き合っていたことをアピールしていて、その信ぴょう性が本当っぽいという事でかなり話題になっています。

そもそも奥村美香さんと志村けんさんは2017年の秋に食事会で出会ってから、お付き合いが始まったそうです。以後は多い時で週に3回。ほとんどが志村けんさんの城下町と言っていい麻布十番デートとの事です。

写真やメールのやり取り等を見ても、確かに奥村美香さんは、志村けんさんの最後の彼女、または志村けんさんが新型コロナウイルスに感染して入院する最後まで付き合っていた女性として可能性が高いといえます。

志村けんさんと仲睦まじいツーショット写真や、二人で志村けんさんのお膝元である麻布十番をデートしているところの写真など、そこに写る志村けんさんの柔和な顔の写真を見ても、志村けんさんと奥村美香さんの親密さは確実に伝わってきます。

最近出た奥村美香さんが雑誌のインタビューで話している内容も、とても作り話にはできない内容と確信性の高さがあります。

そして決定的なのは、志村けんさんと奥村美香さんとのLINEのやり取りのその内容です。

最後のLINEの内容は?

奥村美香さんは、志村けんさんとのLINEのやり取りをネット上で、赤裸々に公開しています。その内容はかなりのインパクトがあります。中にはかなり生々しいものも……。

ただ、志村けんさんが入院する前日の3月19日のLINEは、いつもは奥村美香さんがLINEを送れば、志村けんさんはすぐ返事するそうなのですが、この日は既読だけで返事はなかったそうです。

嫌な胸騒ぎがした奥村美香さん。案の定、3月25日のニュースで愕然とする事に……。

その後、奥村美香さんは何度もLINEをしてみますが返事がなく、とうとう既読すら付かない状況に。奥村美香さんでなくても、志村けんさんが新型コロナウイルスで入院だなんて信じられないですよね。

奥村美香が売名行為!?

また奥村美香さんについては、これも当然といえば当然なのですが、「売名行為だ!」との批判が相次いでいます。

時期も時期ですし、奥村美香さんの立場的にも確かにそう受け取られてしまうのでしょう。

その一つが、奥村美香さんは志村けんさんへの追悼のお悔やみメッセージをインスタグラムに投稿しているのですが、その文中に物凄い量の#ハッシュタグが入っています。「#タレント」「#携帯」「#撮影会」等、およそ追悼には関係ない単語にまで#ハッシュタグを付けていることから、不謹慎だ!節操がない!などと批判されています。

さすがにこれは、売名行為と取られても仕方がない事例のような気がします。

とは言え、奥村美香さんが今後も芸能活動を続けていくのであれば、今回の一連の流れはいずれついて回るものだったのではないでしょうか。

まとめ

今回、奥村美香さんを調べてみて思ったのは志村けんさんも、奥村美香さんを彼女として付き合っていたのではないでしょうか。

子供好きで知られる志村けんさんが、奥村美香さんに、自分の子供を産んでほしいとお願いしている様子があまりにもリアルに感じられましたし、志村けんさんがまだご健在でしたら何らかの形で奥村美香さんとの関係を公にしていたのでなないかと思われます。

奥村美香さんが、今回ネット上でクローズアップされていますが、志村けんさんの逝去が大変悔やまれ、そして、影響がデカいものであったという事です。

これは、ひとえに志村けんさんの偉大さが今後ますます大きくなっていくことを示唆していると言っていいでしょう。