この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

栗原心愛さんの虐待死で父親である栗原勇一郎容疑者が逮捕されてから新展開がありました!

なんと母親である「栗原なぎさ」さんも逮捕されたのです・・・

容疑は暴行を知りながら止めなかったことで傷害罪が適用されるとのこと。

栗原なぎささんとはどのような人物なのでしょうか?

スポンサードリンク

事件の詳細

1月24日、小学4年生の栗原心愛(みあ)さん(10)が父親である栗原勇一郎容疑者(41)に首付近をわしずかみにされたり、冷水のシャワーをかけられた後に死亡した事件。

4日、母親である栗原なぎさ容疑者(31)も、暴行になんらかの形で関与した”共犯”として、傷害の疑いで逮捕された。

FNNの取材では、なぎさ容疑者は心愛さんに十分な食事を与えていなかったとみられることも新たに分かった。

引用元:FNNPRIME

栗原なぎさ 分かっていること

名前:栗原なぎさ(くりはら なぎさ)

年齢:31歳

住所:千葉県野田市山崎

職業:主婦

容疑:傷害罪

顔画像は?

栗原なぎさ容疑者の顔画像を検索すると逮捕された事により多数流出していました。

引用元:JNN

しかし人相などが分かる画像などはなさそうです。

続いて学生の時の写真も出回っています。

当時は明るく活発的な少女のように見えますが、知人によると栗原勇一郎容疑者と結婚後は徐々にふさぎこむようになっていったとの証言もあり、結婚生活に問題があったことが分かります。

スポンサードリンク

DVを受けていた!

栗原なぎさ容疑者は娘である心愛さんが虐待を受ける前は自身もDVを受けていたということが判明しました!

千葉県に引っ越してくる前(2017年8月)までは家族で沖縄に住んでいました。

そこではなぎさ容疑者の親族から「勇一郎容疑者からDVを受けている」という相談があったことが明らかになっています。

さらに!

2017年11月に心愛さんが児童相談所に一時保護された時に自身もDVを受けていることも相談していたというのです・・・

きわめつけはなぎさ容疑者の友人の証言で「勇一郎容疑者は結婚前は優しかったのに結婚後、急に様子が変わった」と話していたことも分かっています。

このように勇一郎容疑者はなぎさ容疑者にも日常的にDVを行なっていたことが決定的になっています。

一度は離婚していた?

なんとも気になる見出しですが、なぎさ容疑者と勇一郎容疑者は一度離婚しています。

時期的には2011年10月でその当時は心愛さんが2〜3歳の時のようですね。

噂ではその当時勇一郎容疑者のDVに耐えきれなくなったなぎさ容疑者が離婚を申し出たとのこと。

このまま互いに違う道に進んでいれば今回の子のような悲しい事件は起きていなかったのですが、離婚しているにもかかわらず、なぎさ容疑者は勇一郎容疑者との間に次女を身ごもります・・・

いったいなぜ!?と思いますが、ダラダラと関係が続いていたようですね。

それが原因で2017年2月には再婚しており現在に至るというわけです。

DVを止められなかったのか?

ネットで物議がされているのはなぎさ容疑者は虐待を止められたのではないか?ということです。

多くの人々は自身の子供が虐待されているのをみたら止めるのが普通かと思いますよね?

しかし、専門家の意見はNOです!

なんでも日常的にDVを受け、高圧的に支配され続けるとマインドコントロールのようなものが働き、虐待されていてもそれが正しく思えてくる可能性があるというのです・・・

なんとも恐ろしい話ですが、実際にあり得るというのです!

現に心愛さんは十分な食事も与えられていなかったことも明らかになっており、勇一郎容疑者の命令は

絶対であったものと思われます。

ネットの声

スポンサードリンク

最後に

栗原なぎさ容疑者について書かせていただきました。

詳しい人物像などは分かりませんでしたが、勇一郎容疑者の支配下にいたことは間違い無いでしょう。

なぎさ容疑者も被害者であったことは明らかです。

しかしあまりにも悲しすぎる事件で同じ子を持つ親として言葉が出ません・・・

そして、両親が逮捕され姉が天国に旅立ち残された妹は一人になっておりそれを考えるだけでも心が張り裂けそうになります。

とにかく、心愛ちゃんは天国では幸せに楽しく暮らせることを祈っています。

心愛ちゃんのご冥福をお祈りいたします。