この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

こんばんは。コメ太郎です。

笠りつ子さんが話題です!

なんと不適切発言をしたとしてバッシングを受けているのです。

その不適切発言とは「黙れ」「死ね」でした。。。

一体、笠りつ子さんとはどのような人物なのでしょうか?

スポンサードリンク

詳細は?

なんの理由もなしにいきなり「黙れ」「死ね」などの暴言は吐かないはずであり、何か理由があるはずです。

そこで理由について調べてみると、どうやら風呂場に問題があったというのです。

なんと、風呂場にバスタオルがないことに激怒した笠りつ子さんがコース関係者にこのような不適切発言をしたというのです。

正確には、コース関係者に「頭が固い。しね」と吐き捨てたとのこと。

確かに風呂にバスタオルがないと不便でイライラはしますが、「死ね」という発言は大人と考えると不適切ですね。。。

ましてプロゴルファーという紳士なスポーツから考えると少々下品ではないでしょうか?

プロゴルファーたるもの常にクレバーな気持ちでいてほしいですが。。。

まあ、笠りつ子さんの虫の居所も悪かったのかもしれませんね。

笠りつ子 プロフィール

名前:笠りつ子(りゅう りつこ)

生年月日:1987年11月4日(31歳)

出身地:熊本県菊池郡

身長:160cm

体重:58kg

職業:女子プロゴルファー

経歴

ゴルフを始めたきっかけはゴルフ場を経営する父の笠清也さんでした。

9歳の時に父親がコーチを務める「坂田ジュニアゴルフ塾」に入門します。

父親譲りのゴルフセンスでみるみるうちに実力を発揮した笠りつ子さんは、高校生(九州東海第二高校)になる頃にはわずか1年生にも関わらず九州女子アマゴルフ選手権の最年少で優勝してしまいます!

その後2006年のプロテストに合格し、2011年8月の「ニトリレディスゴルフトーナメント」でツアー初し優勝を飾っています。

ゴルフ界追放!?

真摯なスポーツであるゴルフでこのような不適切発言はどのような処分を下されるのでしょうか?

現在のところ、ゴルフ協会などからは発表されてはいないことから、今現在は処分について審議されていることでしょう。

少なくともここまで話が広がりを見せているので、処分なしはなさそうです。

スポンサードリンク

ズボン落ち事件とは?

笠りつ子さんについて調べを進めていくと「ズボン落ち事件」というワードが出現しています。

気にならないはずがないこのワード、早速調べてみました。

事件は、2013年に行われた「CAT Ladies」最終日で起きました!

なんと、最終ホールの18番のパットでズボンが落ちてしまったのです!

その際の画像がこちら。

しかもインナーには黒タイツ?的なものも見えています。

これはある意味サービスショット!?とでもいいましょうか。

この画像を一目見ようと多数の人物が「ズボン落ち事件」と検索したものと思われます。

母が死亡?

笠りつ子さんのインスタに最愛の母親が亡くなった際の投稿がアップされていました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

笠りつ子(@ryuritsuko)がシェアした投稿

この投稿の内容から母親は病気で亡くなったものと思われます。

調べてみるとやはり、ガンでお亡くなりになられていました。

その後は気丈にも前向きにゴルフと浮きあっていた笠りつ子さんは強い女性ですね。

さらに、母の死をきっかけに病気で髪の毛を失った方のために「ヘアドネーション」という毛髪を寄付する行為を積極的に行なっていることも判明!

このことから気の強さの反面、心の優しさも持ち合わせていることがわかります。

実家はどこ?

実家は、ゴルフ場を経営されているということで所在地も注目されています。

そのゴルフ場は「武蔵ヶ丘ロイヤルゴルフレンジ」でした。

 

ネットの声

https://twitter.com/kazulazu123/status/1188789702414888961

スポンサードリンク

 

最後に

笠りつ子さんの不適切発言について調査しました。

この発言をした正確な背景は明らかにはなっていませんので、一方的に笠りつ子さんをバッシングするのは良くないでしょう。

しかし、死ねという言葉については謝罪した方がいいかもしれませんね。

最後まで閲覧していただきありがとうございました。