この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

戦後最悪と言われる京都アニメーション放火事件ですが、犯人特定の動きがネットで話題になっています!

そんな中、犯人は過去に茨城県内でコンビニ強盗として逮捕されているという情報を元に調査したところ「青葉真司」との情報が流れてきています。

そこで、青葉真司の人物像について調査していきます。

スポンサードリンク

事件の詳細

京都市伏見区のアニメ製作会社「京都アニメーション」のスタジオの放火火災で、火を付けたとみられる男が警察に取り押さえられたときの様子について、現場近くに住む女性(61)が18日、日刊スポーツの取材に応じ、生々しく語った。

午前10時35分ごろ、女性の自宅の呼び鈴が鳴った。外に出てみると、玄関左のの道路脇に大柄な男が倒れていた。あおむけで、膝を曲げた状態で横たわっていた。白いTシャツに青いジーンズ姿の素足。足は血だらけだった。ジーンズの両膝の下が燃えていたため、女性は火災の被害者だと思い、ホースで水をかけて消火した。女性が「大丈夫ですか?」と声をかけたが、返事はなく、男は苦しそうな表情を見せたという。両腕はやけどで皮膚がめくれ、髪はチリチリに焼けていた。

間もなくして、数人の警察官が到着。男を取り囲み、「なんでこんなことをしたのか」「どこから(現場の)建物に入ったのか」などと質問を始め、男を連れて行った。内容はよく聞き取れなかったが、男は強い口調で、なにかに対する恨みつらみのようなことを話していたという。ただ女性がはっきりと聞き取ることができた言葉があった。

「パクりやがって!」

男は身体全体に怒りをにじませながら、吐き捨てるように言ったという。めくれたTシャツのおなかの部分には赤い絵柄の入れ墨があった。男が倒れていたあたりには血の足跡が残っていたという。

女性は「男の顔は緑の怪物の映画に出てくる主人公みたいな顔色だった。血の気がなかったからなのか、すごい顔をしていた」と声を震わせた。【松浦隆司】

出典元:日刊スポーツ

青葉真司のコンビニ強盗とは?

青葉真司容疑者の事件の詳細は2012年6月21日に読売新聞で報じられていました。

堺署は20日、常総市鴻野山、無職青葉真司容疑者(34)を強盗と銃刀法違反の疑いで逮捕した。

発表によると、青葉容疑者は早実午前0時20分頃、坂東市弓田の「ココストア岩井弓田店」でカウンターにいた男性店員(50)に包丁を突きつけて脅し、レジから現金2万1000円を奪った疑い。

青葉容疑者は同日午前11時頃、同署に出頭したという。「遊ぶ金が欲しかった。オウムも次々に捕まっており、逃げきれないと思った」などと話しているという。

いかがでしょうか?

いまから7年前の時に34歳となると、ちょうど今が41歳。犯人と同じ年齢で濃厚ですね・・・

スポンサードリンク

青葉真司 プロフィール

名前:青葉真司(あおば・しんじ)

年齢:41歳

出身地:茨城県?

現住所:さいたま県?

facebookや顔画像は?

年齢的にもSNSを利用している可能性が高いのでfacebookで検索してみると同姓同名のアカウントは数件存在しています。

しかし、本人と特定できていないので掲載することは遠慮させていただきます。

残念ながら一般人のため顔画像もまだ分かっておりません。

ネットの声

スポンサードリンク