この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

こんばんは。コメ太郎です。

今日はピューマ渡久地の名で知られた元プロボクサーである渡久地隆人さんが逮捕されたニュースについて書かせていただきます。

元日本フライ級王者の身に何が起きたのでしょうか?

スポンサードリンク

事件の詳細は?

事件の詳細をみると、逮捕当時は酒に酔っていたことが分かりました。

元日本チャンピオンも酒には勝てなかったというのでしょうか?

男性の顔を殴ってけがをさせたとして、元プロボクサーの男が逮捕されました。

 逮捕されたのは、元日本フライ級チャンピオンの元プロボクサー「ピューマ渡久地」のリングネームで活動していた渡久地隆人容疑者(49)です。警察によりますと、渡久地容疑者は1日午後10時半ごろ、沖縄県うるま市の多目的ドームの駐車場で30代の男性の顔を複数回殴り、打撲させた疑いが持たれています。渡久地容疑者は当時、酒に酔っていて、警察の調べに対して「殴っていない」と容疑を否認しています。

出典元:テレ朝news

ピューマ渡久地 プロフィール

名前:ピューマ渡久地

本名:渡久地隆人(とぐち たかと)

生年月日:1969年11月20日(49歳)

出身地:沖縄県石川市

血液型:A型

学歴:興南高等学校 日本大学農獣医学部中退

経歴は?

ピューマ渡久地さんといえば鬼塚勝也さん、辰吉丈一郎さん、とともに「平成の三鳥羽」と呼ばれるほどボクシング界では恐れられる存在でした。

高校入学でボクシングを始め18歳でプロ入りを果たし、全日本新人王A級トーナメント優勝日本プロスポーツ大賞内閣総理大臣新人賞などの名誉ある賞を数々受賞し1990年に王座を獲得しました!

1991年に所属ジムとのトラブルを起こし無期限ライセンス停止という重い処分を受けましたが、2年後に更生し再びリングに戻ります。

しかし、そこからはブランクに陥ります・・・

1995年に同フライ級チャンピオンの岡田明広さんを倒し王座奪還を果たしますがその後は病気と3回連続TKO負けで1999年に引退しました。

スポンサードリンク

犯行動機は?

今回の事件の犯行動機について見ていきましょう。

現在のところ詳しい犯行動機は公表されていません。

しかし、犯行当時酒に酔っていたとの報道があることから酔って見境なく暴行してしまった可能性が高いでしょう。

また、ピューマ渡久地さんは以前から病気療養中といわれており、病気の鬱憤を晴らすために酒を飲み八つ当たりした可能性も考えられます。

病気については後ほど紹介します。

顔画像は?

ピューマ渡久地さんのことを知らない方のために顔画像を見ていきましょう。

 

男前ですが、リングの上では鋭い眼差しがいかにもボクサーといった印象を受けます。

この甘いマスクでは女性ファンも相当いたことでしょう。

嫁や子供は?

ピューマ渡久地さんは1993年に「生田聡美」さんと結婚し2女一男の子宝にも恵まれています。

ちなみに妻である聡美さんの顔画像はこちら。

夫であるピューマ渡久地のためにボクシングを一から研究しトレーニングメニューや減量法を学び献身的にサポートしていました。

が、しかし!

2006年に2人は離婚し、3人の子供は聡美さんについていき渡久地さんは1人になってしまいます・・・

離婚の原因は渡久地さんの慣れないジム経営で夫婦仲が悪化したとのこと。

最近では娘と息子3人で仲睦まじい家族写真も公開されていました。

病気がヤバい!

渡久地さんは1998年の飯田覚士さんと対戦前に「脳梗塞」の疑いがあり試合中止のなった過去がありました。

その当時の症状は痙攣し、全身が硬直、痙攣と尋常ではない症状が出ていたとのこと。

診断の結果は脳梗塞ではないとの診断ですがその後も幾度か倒れてしまったようです。

これに不審に思った周囲の方は病院を再診することを強く勧め、再び検査したところ「重責癲癇(じゅうせきてんかん)」という病気を患っていることが発覚!

重責癲癇は記憶がなくなっていくことがあるとのことで、渡久地さんも久しぶりに再会した自身の娘のことを理解するのに時間がかかったようです。

さらには右半身の麻痺も出てきているようで、日常生活にも支障が出ていることでしょう。

過去にも酒に溺れたことがあった報道もありましたので、今回の暴行事件も病気に対するストレスで酒に溺れていたのかもしれません。

ネットの声

https://twitter.com/majiyan3/status/1146003903634259968

スポンサードリンク

 

最後に

ピューマ渡久地さんについて書かせていただきました。

どんな理由があるにせよ暴行することは許されないことです。

しかし、渡久地さんの現在(病気・離婚)を見ると少々胸が痛みます。

保釈後は誰かの支えが必要になるでしょう。

せめて妻との再婚ができれば救われると思うのですが・・・

 

最後まで閲覧していただきありがとうございました。