この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

こんばんわ。コメ太郎です。衝撃のニュースが入ってきました!

2014年のソチ五輪スノーボード男子ハーフパイプで銅メダルを獲得した平岡卓選手が、ひき逃げ容疑事情聴取されていることが判明しました。

さらに、ひき逃げに加えて飲酒運転の疑いも。

ひき逃げ事故の詳細と、平岡選手について調べてみました。

事故の詳細

奈良県葛城市で9月に乗用車で追突事故を起こし、負傷者を残して逃げたとして、奈良県警が道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、2014年ソチ冬季オリンピック(五輪)のスノーボード男子ハーフパイプ銅メダリストの平岡卓選手(23)を任意で事情聴取していたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。今後、書類送検する方針。

取材に応じた平岡選手の関係者によると、平岡選手は事故の前夜、酒を飲んでいた。当日起床後に運転し「ブレーキとアクセルを踏み間違えて追突した」と周囲に説明。県警は飲酒の有無を調べる。

捜査関係者によると、平岡選手は9月29日午前9時55分ごろ、葛城市新庄の県道で乗用車を運転中、軽乗用車に追突。軽乗用車の女性(40)が軽いけがをしたが、そのまま逃走した疑いがあるとしている。

軽乗用車は弾みで歩道に乗り上げ、4歳男児と39~49歳の男女3人に接触。この4人も軽いけがをした。

平岡選手は奈良県御所市出身。平岡選手の関係者によると、その日のうちに事情聴取を受けた。

引用元:日刊スポーツ

ソチオリンピック、スノーボードの銅メダリスト平岡卓選手が、先月下旬、奈良県内で5人がけがをしたひき逃げ事件で、警察から事情を聴かれていることが捜査関係者への取材で分かりました。任意の調べに対し容疑を認めているということで、警察は今後、書類送検する方針です。

ひき逃げの疑いが持たれているのは、ソチオリンピックのスノーボード男子ハーフパイプで銅メダルを獲得し、ピョンチャンオリンピックでも日本代表に選ばれた平岡卓選手(23)です。

先月29日、奈良県葛城市の県道で、乗用車が軽乗用車に追突して40代の女性や4歳の男の子など合わせて5人が軽いけがをしました。

乗用車は現場から逃走していましたが、平岡選手がこの乗用車を運転していたとして、警察から事情聴取を受けていることが捜査関係者への取材で分かりました。

平岡選手は現場の隣町の御所市出身で、任意の調べに対し容疑を認めているということです。

警察は容疑が固まり次第、ひき逃げの疑いで書類送検する方針で、当時、酒を飲んで運転していた疑いもあるとみて調べています。

平岡選手の父親は、16日朝、取材に対し、「息子からひき逃げなどの話は聞いていないし、驚いている。今後の対応は弁護士と相談して決める」と話していました。

引用元:NHK

事故は平岡選手の地元、奈良県で9月発生しました。

ブレーキとアクセルを踏み間違えたそうですが、前日にお酒を飲んでいたそうで、飲酒運転の可能性があります。

追突された車に乗っていた女性、さらに歩道にいた子供を含む4人、計5人が負傷しました。

ひき逃げだけも重罪ですが、負傷者が出ています。

さらに飲酒運転の場合、もっと重い罪になる可能性が高いです。

平岡選手について

氏名:平岡 卓(ひらおか たく)

生年月日:1995年10月29日(23歳)

出身地:奈良県御所市

学歴:立命館大学スポーツ健康科学部

平岡選手は奈良県出身で、父親はモーグルの選手だったのですが、小学1年生の時からスノーボードを始めました。

小学2年生の時に西日本の大会で優勝すると、全国大会や国際大会参戦、数々の大会で優勝を果たします。

2012-13年シーズンにはスノーボードW杯初優勝、2014年にはソチ五輪に日本代表として出場し、銅メダルを獲得しました。

2018年の平昌五輪にも日本代表として出場しています。

平岡選手のSNSを調査

View this post on Instagram

@yuyaakada

A post shared by taku hiraoka (@taku_hiraoka) on

平岡選手はインスタグラムとFacebookをしています。

インスタグラム→https://www.instagram.com/taku_hiraoka/

Facebook→https://www.facebook.com/taku.hiraoka.1

定期的に更新はされていますが、事故については触れている投稿はありませんでした。

コメントには、事件に関してのものが多く書き込まれています。

今後、何かしらのメッセージを発することがあるのでしょうか?

ネットの声

最後に

オリンピックメダリストと言う華麗な経歴をもつ平岡選手ですが、このようなことになり非常に残念です。

今回の事故には被害者の方もいる人身事故です。

ご自身の罪の重さを受け入れ、償ってもらうことを願うばかりです。

最後まで閲覧していたきありがとうございました。