この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

こんばんは。コメ太郎です。驚きのニュースが入ってきました。

福岡県警の福岡空港警察署副署長である50代の警視が、面識のない女性にキスをして懲戒処分となりました。

2019年9月に部下の結婚式に参列して集合写真を撮る際に、キスをしたそうです。

本人は、酒に酔って覚えていないということですが、福岡県警は公表していませんでした。

また、この50代警視は依願退職をしています。

今回、依願退職した警視の実名、顔写真を調べました。

事件の詳細

事件については、以下のように報じられています。

参列した結婚式で同席の女性にキスをしたとして、福岡県警の福岡空港署副署長の50代警視が戒告の懲戒処分を受けていたことが21日、県警への取材で分かった。警視は同日までに依願退職した。

 県警などによると、警視は9月に部下の結婚式に参列し、集合写真を撮る際に近くにいた女性にキスをした。女性とは面識はなく、警視は「酒に酔っていて覚えていない。申し訳ない」と話しているという。

 県警は公表基準に満たないとして処分を発表していなかった。県警監察官室は「県民の信頼を裏切って申し訳ない」としている。

公表をしなかったこと、また警視の名前などを匿名にしていることに対して非難が集まっています。

部下にとっては、一生に一度の晴れ舞台だったのに、このようなことになってしまい、ショックを受けているのではないでしょうか。

50代警視の名前が判明!顔写真も発見!

(手前の眼鏡の人物が福岡空港警察署副署長・八尋辰彦)

福岡県警は、警察官の人事異動を公表しています。

特に警部以上であれば、新聞に掲載されています。

よって、「警視」「福岡空港警察署副署長」の異動を調査すれば、おのずと氏名は判明します。

調査したところ、「福岡空港警察署副署長」は、2019年2月に新しい人が異動していることが分かりました。

その後、異動した形跡がないので、2019年2月に赴任した副署長が、依願退職した副署長で間違いないと思います。

女性にキスをして、依願退職をした警視は八尋辰彦です。

また、少し前の物になりますが、顔写真も発見できました。

50代で警視というポジションにいることから、キャリア組ではなくノンキャリア組のようです。

確認できる経歴は、

・2009年ごろ 博多警察署少年課長

・2010年2月 警部 警務課長補佐

・2015年2月 任警視 小倉北署生活安全管理官

・2016年2月 警視 粕屋警察署地域管理官

・2018年2月 警視 田川警察署地域管理官

・2019年2月 警視 福岡空港警察署副署長

このようになっています。

ここ最近は、1年ごとの異動が多いようです。

また、八尋辰彦のものと思われるフェイスブックもありました。

https://www.facebook.com/baxun1

ここ最近は更新されていないようです。

フェイスブックのプロフィールをもとにすると、「福岡県福岡市出身」「福岡県立宗像高校卒業」「年齢54~55歳」となります。

ネットの声

 

最後に

公務員と言う身でありながら、見ず知らずの女性にキスをして自主退職をした福岡空港警察署副署長の50代警視。

市民の生活を守る立場でありながら、今回のような行為は許させるものではありません。

また、福岡県警もこのような不祥事があった際は、速やかに警察官の実名等を公表してほしいと思います。