この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ミスター慶應のファイナリストである渡辺陽太容疑者の事件が発覚し一夜明けた今日、

いろいろな情報が明らかになってきました。

特に家族による情報に関心が高まっており当サイトでも渡辺陽太容疑者の父親は渡邉哲也さんであることを突き止めました。

さて、お金持ちと噂される渡邉哲也さんの人物像とはどのようなものなでしょうか?

スポンサードリンク

事件の詳細

酩酊状態の女性に乱暴したとして。神奈川県警神奈川署は16日、準強制性交容疑で東京都港区西麻布野慶応大学2年、渡辺陽太容疑者(22)=別の暴行容疑で逮捕、処分保留=を再逮捕した。

「酔っていたので思い出せません」と容疑を否認している。

再逮捕容疑は9月29日午前4時5分ごろから約20分にわたって、横浜市西区北幸の雑居ビル内で、酩酊状態だった別の大学に通う1年生の女子大学生(19)=川崎市高津区=に乱暴したとされている。

同署によると、2人に面識はなく、女子学生が友人と飲酒した後、1人で路上を歩いているところを、渡辺容疑者に雑居ビルに連れ込まれ、1階の踊り場で乱暴されたという、その後、現場から150メートル離れた路上で、渡辺容疑者が女性学生の腹を蹴っているところを、同署員が暴行容疑で現行犯逮捕していた。暴行容疑については容疑を認めている。渡辺容疑者は、ミスター慶応コンテスト2016に出場していた。

引用元:産経ニュース

渡邉哲也 プロフィール

引用元:https://buzip.net/chiba/ganshou/top/

名前:渡邉哲也(わたなべ てつや)

年齢:不明

職業:社長

社名:Kスクエア(第一元商グループ)

事業内容:土木、とび

所在地:千葉県千葉市若葉区都賀4−4−5

従業員数:職員41名 従業員254名

経歴

渡辺陽太容疑者は麻布十番に住み、一流ブランドを身に着けている、いわゆる富裕層で育っているようです。

なぜなのかというと答えは祖父や父親の職業にありました。

どうやら祖父の代から続く土木会社の社長でした。

社歴を見てみましょう。

・1974年4月 株式会社 地商土木 設立

  株式会社地商土木グループの創設者である渡邊元が培った実績とノウハウを基盤に

        渡邉哲也が独立

・1994年1月 株式会社 第一元商 設立

・2005年9月 株式会社 宮崎興業 設立

・2009年1月 株式会社 シマノ 設立

・2009年5月 有料老人ホーム アートヒルズ蘇我 設立

・2010年11月 ピラミッドワークス 設立

・2012年1月 株式会社 バックヤード 設立

・2014年5月 Kスクエア 設立

・2015年2月 Kスクエア 沖縄事業所 設立

このように手広く義業を拡大してきた模様です。

土木とは関係のない老人ホームまで展開しており、父親である渡邉哲也さんはかなりのやり手社長

と言えるでしょう。

しかし、息子である渡辺陽太容疑者がこのような事件を起こしてしまった以上、これらの企業すべて無傷とは行かないでしょう・・・

スポンサードリンク

黒い噂も!?

祖父の代から続く土木会社(地商)について調べてみるといい噂がなく、殆どが黒い噂ばかり。

「貧困ビジネス」とまで言われており、華やかな社長業の裏側には汚れたビジネスが垣間見えます。

家族の顔画像も流出!

渡邊陽太容疑者の兄弟と思われる写真が流出していました。

このように家族の情報まで流出してしまっているのが現状です・・・

まだ幼い妹もいるのに世間からは犯罪者の家族として見られてしまうのが気の毒ですね。

スポンサードリンク

 

最後に

渡邊陽太容疑者の父親である渡邉哲也さんについて調査しました。

順調に事業を拡大してきたようですが、息子の逮捕により思わぬ大打撃を受けそうです。

つい先日も女優の三田佳子さんの次男である高橋祐也被告がまた不祥事を起こしましたが、今回の事件と類似していると思われます。

やはり、子供に対して必要以上にお金を与えてしまうとろくな大人にならないという良い教訓ではないでしょうか。笑

最後まで閲覧していただきありがとうございました。