この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

2020年3月29日23時過ぎ、タレントの志村けんさんが、新型コロナウイルスによる肺炎のため亡くなりました。享年70歳でした。

国民的な人気を誇った「ドリフターズ」で活躍し、昭和、平成、令和と渡ってお笑いの第一線を牽引し一時代を築いたと言ってもいい志村けんさん。日本を代表するコメディアンでした。

https://twitter.com/senpai_hato_/status/1244429349912055809

生涯独身を貫いた志村けんさん。そのため、奥さんやお子様はいらっしゃいません。

唯一、志村けんさんの病状を詳しく明かしていたのは兄である志村知之でした。

そんな志村けんさんのお兄様の志村知之さん等、気になるところを深く調べていきます。

志村知之さん プロフィール

志村けんさんは三人兄弟の末っ子です。ちなみに、本名は康徳(やすのり)。芸名の「けん」は、お父様の名前「憲司(けんじ)」から取ったそうです。

志村けんさんのお父様とお母様は既にお亡くなりになられています。

前述したように、志村けんさん自身には奥さんもお子様もいないということは、お兄様で長男の知之(ともゆき)さんと次男の美佐男(みさお)さんがしむらけんさんの相続人となります。

知之さんは現在73歳。美佐男さんは72歳。共にご健在です。二人は、志村けんさんの病室に真っ先に駆けつけ、最後を看取ったとされています。

しかし、新型コロナウイルスに感染する恐れがあることから、同室は許されなかったそうです。火葬場にてお骨も取れないということです。コロナウイルスは、なんて罪なことをするのでしょうか。

職業は?

知之さんは、東京都の東村山市の職員として定年まで全うし、定年後も臨時職員として2017年まで働いていたとのことです。

志村けんさんとは顔も似ていることから、よく比較されたそうですが、あまりの真面目っぷりが、逆に志村けんさんを余計に浮かび上がらせてしまっていたようです。

そして、美佐男さんも公務員だったそうです。

遺産相続。トラブル発生!?

相続すると簡単に言いますが、あの志村けんさんの財産を相続するわけですよ。金額が気になるところです。

下世話ではありますが早速調べたところ、50億円は軽く超えるだろうということです。

志村けんさんは昭和40年代後半から、テレビに、しかも、ゴールデンタイムに出続けていたわけですし、他にも舞台、中でもCD(レコード)の売り上げは、子供たちを中心に売れに売れまくって社会現象にまでなったほどです。

特に『東村山音頭』は、志村けんさんの地元である東京都東村山市の知名度を全国区に押し上げました。

昭和時代にあった高額所得者番付のトップ20の常連だった志村けんさん。逸話ですがかつて昭和時代のプロ野球のトップ中のトップである王貞治さんが契約更改でサインしたという会見をテレビで見ていて、その額がテレビに映った時、志村けんさんは「それだけ?」と呆れていたと言います。

単純に、志村けんさんの兄弟である知之さんと美佐男さんの二人で均等に分けたとしても25億円超!!

果たして事はそんなにすんなりと行くでしょうか?

どうやら、志村けんさんには、愛人や隠し子がいるらしい?のです。

志村けんの隠し子or愛人!?

2002年に志村けんさんは、『変なおじさん』なる本を出版しています。その中で、売れない付き人時代(昭和40年代前半)に、当時同棲していた女性との間に男の子ができたそうです。この女性とは、周囲の反対もあり結婚まで至らなかったそうです。

その後、この女性とお子様は消息は不明です。

これは推測になりますが、志村けんさんは、女性とそのお子様へはちゃんと面倒はみていたと思われます。

とはいえ、遺産相続というキーワードが絡んでくると話はややこしくなります。

遺産のゆくえ

事実婚や内縁関係では、相続人にはなれません。

ですが、そのいわゆる愛人との間にできた子供には、志村けんさんが認知していれば相続人になります。

志村けんさんは、今回、いきなりという形で新型コロナウイルスを罹ってお亡くなりになったわけです。遺書などは、恐らく残してはいないでしょう。

こう考えていくと、志村けんさんの遺産をめぐる問題は、一筋縄ではいかないでしょうね。余計なお世話ですけど……。

まとめ

今回、志村けんさんを中心にその周辺等色々調べてみましたが、とにかく志村けんさんは気さくで気遣いのある人だということでした。

本人も、著作の中で親と兄さんたちの影響がとても大きいと語っています。今でも、二人のお兄さんには頭が上がらないそうです。

お兄さんで長男の知之さんも、志村けんさんが亡くなられた際の報道陣に囲まれての会見で、涙ながらに志村けんさんの死去をとても残念がっていました。

まだまだやりたい事が一杯あっただろうにと。こういった光景を見るにつけ、知之さんは、とても弟の志村けんさんを愛していたのだなと思った次第です。

改めて、志村けんさんのご冥福をお祈りいたします。