この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

こんばんは。コメ太郎です。驚きのニュースが入ってきました。

大阪市内の劇場で、ポリ袋をかぶるパフォーマンスをしていた、60歳の男性が舞台上で倒れ、救急搬送されましたが、死亡が確認されました。

死因は窒息死で、頭からポリ袋をかぶるという芸をしていたのですが、その最中に倒れてしまいました。

今回亡くなった男性はどのような人物なのか調査しました。

事故の詳細

今回の事故について、以下のように報じられています。

25日午後8時35分ごろ、大阪市北区菅栄町3の15、劇場「路地裏実験場T-6」で、ポリ袋をかぶるパフォーマンスをしていた大阪市都島区、古川敏正さん(60)が倒れ、病院に搬送されたが死亡が確認された。窒息したとみられる。

 曽根崎署は司法解剖して死因を調べるとともに、業務上過失致死容疑を視野に入れ、安全管理が適切だったかどうか主催者から事情を聴く。

 署や消防によると、会場のリニューアルを記念した公演で、午後7時に開演し約20人の観客を前に複数の出演者が順番に芸を披露。古川さんは舞台で頭から半透明のポリ袋をかぶり、じっと立っている芸を披露していたが、数分後に倒れた。観客の女性が119番した。

 劇場の経営者によると、袋をかぶって倒れることは演出で予定されていて、スタッフもしばらく異常に気付かなかった。

引用元:サンケイスポーツ

スタッフや観客も、それはパフォーマンスだと思っていたようで、しばらく異常に気付かなかったそうです。

すぐに気付いて対応していれば、亡くなるというようなことは無かったと思います。

事故現場はどこ?

今回、事故現場となった「路地裏実験場T-6」の住所は大阪府大阪市北区菅栄町3-15になります。

もともとは、音太小屋(ねたごや)という名前でしたが、この事故あった日にリニューアルオープンして、名前が変わりました。

当日のプログラムに、今回亡くなられた古川さんの名前があります。

舞台活動での名義はカタカナで「フルカワトシマサ」となっています。

また、事故現場だった会場の運営をされている方のSNSアカウントがありました。

https://mobile.twitter.com/neta_tetsu

古川敏正さんの顔画像、SNSは?

今回亡くなられた古川敏正さんについて報道されている情報です。

・氏名 古川敏正(ふるかわ としまさ)

・年齢 60歳

・住所 大阪市都島区

調査をしたところ、古川さんのFacebookアカウントとTwitterアカウントを発見しました。

https://www.facebook.com/toshimasa.furukawa.5

https://twitter.com/85pgbkjsh093zr9

友達の中に古川さんの弟さんのアカウントがあったので間違いありません。

顔写真の方も確認できました。

古川さんの弟さんは、ご自身のFacebookで、古川さんの事故について投稿されていました。

兄が昨晩、他界致しました…若い頃から演劇、パフォーマンス等で自己表現を行い、60歳の折返しの年に終幕しました…ヤクタタズプロジェクトを立ち上げ…これからのスタートでしたが…太く短く…生涯を終えました。FBを通じて彼の取り組みをお伝え致したく投稿致します…

引用元:https://www.facebook.com/yoshitaka.furukawa.75

古川敏正さんの舞台活動について

古川さんは、弟さんの投稿にあるように、若いころから演劇やパフォーマンスをされていました。

「ヤクタタズプロジェクト」という、「相模原障害者施設殺傷事件」をモチーフにした演劇をやるもので、古川さんが中心となって行っていました。

このプロジェクトの紹介する記事に、古川さんの詳細なプロフィールがありました。

フルカワトシマサ(元クライン文庫店主)プロフィール
1994~2015年:クライン文庫経営(20年間の営業を持って、2015年に破綻)
2019年:   戯曲「ヤクタタズ!」-AAF戯曲賞最終候補5作品ノミネート-
〇個人作品
1986~1990年:ART NOISE LIMITED WORK 1~9
       [旧摩耶観光ホテル/東京・テレプシコール/京都・西部講堂他]
1992~1993年:Walking Step 1~7[大阪/京都/東京/ドイツ/オランダ/フランス/スペイン]
       【平成4・5年度 文化庁芸術文化振興基金助成金・
        大阪市舞台芸術活動振興助成金対象作品】
〇コラボレーション作品
1994年:レオナルド・ダ・ヴィンチの憂鬱 [伊丹・AI・HALL]
     【平成6年度 文化庁芸術文化振興基金助成金対象作品】
1994~1997年:Walking Steps Ⅰ~Ⅲ
       [大阪市中央公会堂/扇町ミュージアムスクエア/AI・HALL]
       【平成6・7年度 文化庁芸術文化振興基金助成金・
        大阪市舞台芸術活動振興助成金対象作品】
〇企画・運営(GENOM/I.A.C.)
1992~1997年:「アートアーキテクチャーⅠ~Ⅳ」
       [神戸・旧摩耶観光ホテル/大阪・扇町ミュージアムスクエア/京都・西部講堂

引用元:https://camp-fire.jp/projects/view/187776?fbclid=IwAR20o8Vj1NbOY8TztqWCsWZRxICkELWwm0Vh6RpBvwcWzU_w_OkV7CLbz9s

もともとは、書店の経営をされていましたが、廃業し自己破産をされたそうです。

また、実のお父さんは「60歳の時に市バスにはねられて亡くなった」、祖父は「60歳の時に中央市場の2階から落ちて亡くなった」そうです。

しかし、奇しくも古川さんも60歳で亡くなってしまいました。

古川さんはかなり波乱万丈の人生を歩んできたことが分かります。

参照→https://camp-fire.jp/projects/view/187776?fbclid=IwAR20o8Vj1NbOY8TztqWCsWZRxICkELWwm0Vh6RpBvwcWzU_w_OkV7CLbz9s

ネットの声

最後に

舞台上で窒息死するという今回の悲しい事件ですが、周りの方々が早く気づいていれば、このようなことにはなりませんでした。

古川さんは、以前からこのようなパフォーマンスをされていたようですが、それくらい舞台活動に力を入れていた方で、関係者の方からは悲しみのコメントが出ています。

生涯現役を貫いていたのかもしれません。

ご冥福をお祈りいたします。

最後まで閲覧していただきありがとうございました。