この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

こんばんは。コメ太郎です。驚きのニュースが入ってきました。

テレビ番組「探偵!ナイトスクープ」の局長(司会)を務めてきた西田敏行さんが、番組を降板すると発表しました。

「探偵!ナイトスクープ」は1988年3月に始まった長寿バラエティ番組です。

特に、関西圏では絶大な人気を誇っている番組です。

初代局長は上岡龍太郎さんが務めてきましたが、2001年芸能界引退に伴い、西田敏行さんが第2代目局長を務めてきました。

しかし、ここにきての番組降板。

以前から、西田敏行さんには重病説があり、それが原因ではないかと言われています。

降板の理由と、次の局長が誰になるか調べてみました。

番組で降板を発表

降板は10月18日放送の番組内で発表されました。

俳優の西田敏行(71)が18日放送のABC「探偵!ナイトスクープ」(金曜後11・17)で、11月22日の放送を最後に同番組を降板することを発表した。

 この日の番組のラストで、西田は「今日もご視聴ありがとうございました。探偵諸氏には申し上げたんですけども、テレビをご覧の皆様に、ここで私、局長からちょっとお知らせしたいことがございます」と切り出し、「実はですね、2001年の1月から約19年間務めてまいりました『探偵!ナイトスクープ』局長の職を、最終日の11月22日の放送をもって辞したいというふうに考えております」と自ら報告。降板を決断した経緯については「11月22日の放送で詳しく申し上げたいと思います」とした。

 「ともかく明るく楽しく幸せな時間をありがとうございました。そのことだけは申しておきたいと思います」と視聴者に感謝。最後は明るく「探偵諸君、ありがとね~」と呼びかけた。

 西田は同番組で12年間にわたり初代局長を務めた元タレント、上岡龍太郎氏(77)の後を受け、2001年1月から2代目局長に就任。持ち前の明るさ、涙もろさで上岡氏を超える19年間、お茶の間に親しまれた。上岡氏の降板後しばらくの間は、探偵や顧問が「局長代行」を務めていた。

引用元:サンケイスポーツ

最後の出演は11月22日の予定で、その際に降板理由を発表する予定です。

上岡龍太郎さんから西田敏行さんに交代するときは時間があり、探偵や顧問が交代で「局長代行」を務めていましたが、今回はどうなるのでしょうか。

前回と違い、その場で発表と言う可能性もあるかもしれません。

西田敏行さんのプロフィール

本名:西田敏行(にしだ としゆき)

生年月日:1947年(昭和22年)11月4日(71歳)

出身地:福島県郡山市

血液型:B型

学歴;明治大学農学部中退

西田敏行さんは、日本を代表する俳優です。

特に、映画「釣りバカ日誌」の浜ちゃんこと浜崎伝助が有名です。

他にもNHK大河ドラマで歴代最多の4回主演(「山河燃ゆ」「翔ぶが如く」「八代将軍吉宗」「葵 徳川三代」)を務めています。

歌手としても、「もしもピアノが弾けたなら」がヒット。

紅白歌合戦には「歌手」「司会」「審査員」という異なる立場で出演しており、他にこのような出演をされた人はいません。

紫綬褒章や旭日小授賞なども受賞しています。

西田敏行さんは歩けないから降板?

さて、西田敏行さんには以前から重病なのではないかと言う噂があります。

それは、西田敏行さんは「歩けない」からだというのです。

まず、西田敏行さんは過去にも病気などで休んでいたことがあります。

・2001年 頸椎性脊髄症

・2003年 心筋梗塞

・2016年 頸椎亜脱臼、胆のう炎

「頸椎性脊髄症」は首の骨が変形して、頸椎の神経が圧迫されることで、手足がしびれる病気です。

この時は、手術を受けて復帰しています。

「心筋梗塞」ですが、西田敏行さんは1日80本以上タバコを吸うヘビースモーカーで、それが原因と言われています。

この時は、一ヶ月ほど入院していました。また、これを機に禁煙をしています。

「頸椎亜脱臼」は自宅ベッドから転落をして発症。その入院の際に、胆のう炎も発症したため、頸椎の手術とは別に、胆のう摘出手術を行いました。

この「頸椎亜脱臼」の後ですが、歩行が困難になったのではないかと言われています。

実際に、ドクターXでは車いすに出演したりと、立っている姿を見なくなっています。

また、杖をついて歩いているという話しもあります。

そのため、他にも病気を併発しており、それが降板の原因になったのではないかと思われます。

次の局長は誰?

西田敏行さんの降板発表とともに、話題になっているのは次の局長は誰かということです。

前回の上岡龍太郎さんから西田敏行さんへの交代の時は、次のような流れでした。

・2000年3月末 上岡龍太郎さんが芸能界引退、局長を降板

・局長が決まるまで、レギュラーメンバー等が「局長代行」を交代で担当。

・2001年1月 西田敏行さんが局長就任

上岡龍太郎さんの次の局長について、次の条件で人選を行っています。

・「探偵!ナイトスクープのファンであること、できれば阪神タイガースのファンであることが望ましい」

・「探偵局員より年長者であること」

・「上岡龍太郎さんクラスか、それ以上の大物であること」

西田敏行さんは探偵ナイトスクープの大ファンで、他の条件にも当てはまるので依頼が行ったそうです。

また、阪神タイガースのファンであったことも決め手だったそうです。

ただし、スケジュールの都合から、2001年1月の就任となりました。

おそらく、今回もこの条件で局長は決められると思います。それでは、誰になるのでしょうか。

次の方々の名前が挙がっています。

・松本人志 ・上沼恵美子 ・石坂浩二 ・笑福亭鶴瓶 ・生瀬勝久 ・渡辺謙 ・辰巳琢郎

このほかに、先ほどの条件を満たす人で、なおかつ西田敏行さんより若い人でいないか探してみました。

・梅沢富美男

富美男は阪神タイガースの名選手「藤村富美男」から命名、西田敏行さんと同じ福島県出身です。

冠番組が視聴率が好調なのに終了したのですが、もしかしたら局長のオファーがあったのかもしれません。

・細川茂樹

岐阜県出身で、阪神タイガースのファンでもあります。

俳優としても西田敏行さんに並ぶ活躍を見せています。

・板尾創路

お笑い芸人ですが、俳優としても活躍をされていて、芸歴や芸能界でのポジションも文句ありません。

大阪出身で、もちろん阪神タイガースのファンでもあります。

ネットの声

https://twitter.com/iyankeppe/status/1185525368788156423

最後に

今回の降板については、関西圏の方々にとっては大ニュースで、様々な意見が飛び交っています。

特に、第3代目局長には注目が集まっています。

まずは、11月22日の放送がどうなるのか、楽しみです。

最後まで閲覧していたきありがとうございました。