この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

こんにちは。コメ太郎です!

驚きのニュースが飛び込んできました。

芸能レポーターの福岡翼さんをご存知の方は多いはずですが、

なんと2019年4月20日にお亡くなりになられていたことが判明しました!

過去にはレポーターとしていっ誠意を風靡していただけに注目が集まっています。

気になる死因や、病気説について調査します。

スポンサードリンク

詳細は?

福岡翼さんの訃報はメディアではこのように報道され注目が集まっています。

芸能リポーターや映画評論家などとして活躍した福岡翼さんが、今年4月20日に慢性心不全増悪のため亡くなっていたことが4日、分かった。79歳だった。

関係者によると、福岡さんは11年に心筋梗塞で倒れ、心臓の手術を受けたという。その後はテレビ番組出演などの仕事をセーブし、都内の自宅で1人で過ごすことが多くなった。今年初めから、体調が優れないと親族に漏らしていたといい、何度か通院していたようだ。様子を確認しに自宅を訪れる親族と定期的に会っていたが、4月に自宅で亡くなっていたところを親族に発見されたという。

福岡さんは高知県生まれ。小学館で「女性セブン」などの編集に携わった後、フリーライターとなり、芸能リポーターやコメンテーターとして活躍した。昨年9月にテレビ朝日系「ワイド!スクランンブル」に出演し、亡くなった樹木希林さんや内田裕也さんのエピソードなどを明かしていた。映画にも詳しく、日刊スポーツ映画大賞の選考委員を長く務めていた。

出典元:日刊スポーツ

福岡翼 プロフィール

名前:福岡翼(ふくおか つばさ)

本名:たすく

生年月日:1940年3月3日(享年79歳)

出身地:高知県土佐清水市

職業:芸能レポーター

経歴

福岡翼さんは高校卒業後に早稲田速記大学を卒業しています。

その後、週刊誌の代名詞でもある女性週刊や女性セブンの編集を10年もの間行なっていました。

芸能レポーターとしてお茶の間に親しまれていましたが、そのほかにも映画の評論活動としても活躍されていました。

死因は?

さて、福岡さんがお亡くなりになられた直接の死因はどのようなものだったのでしょうか?

2011年に心筋梗塞で倒れ、心臓の手術を受けてからはほとんど仕事はされていなかったようですね。

本人からは明かされていませんが、心筋梗塞による後遺症があったのかもしれません。

仮にその後遺症が言語などに出ていたとしたら、レポーターとしては致命傷ですからね。。。

直接の死因は「慢性心不全」と公表されています。

心不全とは簡単にいうと、血液のポンプである心臓が何らかの原因で血液を送り出せなくなり、死に至る症状の事です。

きっと、相当な苦しみだったと思われますね。。。

スポンサードリンク

病気と戦っていた!?

福岡さんは、2011年の心筋梗塞発症以来、長い闘病生活をしていたものと思われます。

しかも都内の自宅で1人で!

心細いですね。。。

闘病中は心の支えとなるのは家族ですが、福岡さんは気丈にも一人暮らしを続けていたようです。

周囲には病気のことを一切いわなかったといいます。

嫁や子供は?

福岡さんについて嫁や子供の情報はありません。

生涯、独身を貫いていました。

しかし、家族はいるようです。

親族との食事会に姿を見せなかった福岡さんを不思議に思った一人が、福岡さんの妹さんに電話し、自宅に向かったところ、お亡くなりになられていたようです。

自宅で静かに息を引き取った福岡さん、最後は何を想っていたのでしょうか?

ネットの声

スポンサードリンク

 

最後に

福岡翼さんの死因について書かせていただきました。

福岡翼さんのご冥福をお祈りいたします。