この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

恐ろしい事件が起きたのは2020年226日午前450分頃でした…

岡山県赤磐市の自宅近くのコンビニにおいて日本刀で妻を刺したとし、小林芳宜容疑者が逮捕されました。最初の通報は小林芳宜の母親で「息子が刀を振り廻している」というものだったようです!

事件の概要

その直後には、セブンイレブン赤磐穂崎店の従業員から「男が女性を刺している」との通報があって、県警赤磐署員が駆けつけたところ、コンビニ店内で血だらけになっている女性が見つかり、約1時間後に死亡が確認されました。

また、最初に通報した小林芳宜容疑者の母親も頭に怪我をしていることが分かっています。

県警によると、殺されたのは民家に住む無職の小林利枝さん(50)でした。自宅にいた自営業の夫である小林芳宜容疑者(51)を殺人容疑で逮捕しました。小林芳宜容疑者は、店内で妻の利枝さんの腹などを日本刀で複数回刺し、殺害しようとしたもので、小林は容疑を認めているそうです。

小林芳宜容疑者は、妻の利枝さんと母親の3人暮らしで、自宅から逃げ出した利枝さんを、北へ約400メートルにあるコンビニまで追いかけ、日本刀で複数突き刺して殺したと見られています。

現場は、JR山陽線瀬戸駅から西に3キロのところで、山陽自動車道の山陽インターチェンジの約2キロ、田畑の広がる一角だということです。付近の住人もそんなのどかな場所で、妻を日本刀で刺し殺すといった悲惨な事件が起きるとは思ってもみなかったのではないでしょうか。

小林芳宜容疑者 分かっていること

名前:小林芳宜

年齢:51歳

住所:岡山県赤磐市穂崎

職業:自営業

小林芳宜容疑者が妻を殺した動機とは?

小林芳宜容疑者は、日本刀を振り廻し妻を執拗に追いかけまわした末、コンビニ内で妻の腹などを数か所刺すという残忍な殺し方をしていますから、そこには激しい怒りがあったことが伺えます。

実際の小林芳宜容疑者の殺害動機などは、これから警察で取り調べるはずですが、いったい小林芳宜容疑者と利枝さんには何があったのでしょうか?

金銭問題や異性問題などが考えられますが、小林芳宜容疑者が日本刀を所持していたことや、日本刀を振り廻して殺害に使うという行為自体が危ない人間ではないかと充分想像できます。

きっとこの夫婦は普段から喧嘩が絶えなかったのかもしれませんし、その辺の事情などは、同居していたと見られる小林芳宜容疑者の母親の証言で分かって行くのではないでしょうか。

また、近所の人達の聞き込み調査などで、普段の小林芳宜容疑者の様子や夫婦の関係なども、今後分かってくるかもしれません。しかし、現時点では小林芳宜容疑者の詳しい殺害動機などは分かっていません。

小林芳宜容疑の顔写真などはあるのか?

小林芳宜容疑者の顔写真なども、現在のところ分かっていません。この事件で今のところ小林芳宜容疑者のことで分かっていることは、年齢が51歳で職業が自営、住所は岡山県赤磐市穂崎、小林芳宜の容疑は殺人容疑だということくらいです。

事件現場となった岡山県赤磐市穂崎のセブンイレブンの画像がネット上でも見ることができますが、周囲が田畑にかこまれた一見のどかな場所で、とてもそんな凄惨な事件が起きた場所とは思えません。

この事件のネットでの反応は?

ネット上でもこの事件について、どうして日本刀で妻を殺さなければならなかったのか?コンビニに日本刀を持ちこんでいいのか?そもそも日本刀を所持しているところが危ない人間では?といった声があがっています。

まとめ

やはり、夫婦喧嘩の末に日本刀で殺害するというのは、常軌を逸しているとしか言えませんね。周囲の住人たちも、きっと恐怖におののいていることでしょう。

今後小林芳宜容疑者の殺害動機などが明らかになると思われますが、今回の事件は信じられないような、本当に恐ろしい出来事だと言えるでしょう。