この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

こんばんは。コメ太郎です。またも、子供が事件に巻き込まれました。

兵庫県で、11歳の女の子を誘拐したとして26歳の会社員の男性が逮捕されました。

女の子は無事だったのですが、2人の知り合ったきっかけは「無料通信アプリ」だったということです。

男はなぜ犯行に及んだのか、また男のプロフィールや顔写真、SNSを調査しました。

事件の詳細

今回の誘拐事件について、以下のように報じられています。

兵庫県内で11歳の女の子を路上で車に乗せ自宅に誘拐した疑いで、26歳の会社員の男が逮捕されました。

未成年者誘拐の疑いで逮捕されたのは、兵庫県姫路市の会社員・小南裕司容疑者(26)です。

小南容疑者は今月19日の午後0時45分ごろから約3時間にわたって、小学6年の11歳の女の子を兵庫県内の路上から車に乗せ、自宅に誘拐した疑いがもたれています。

警察によると、小南容疑者と女の子は無料通信アプリ「カカオトーク」で知り合っていたということです。

小南容疑者は警察の調べに対し、容疑を認めているということです。

引用元:関西テレビ

この報道では触れられていませんが、事件が発覚したきっかけは、女の子が同居している祖母に「ネットで知り合った人の家に行っていた」と話したことです。

それを聞いた祖母が警察に被害届を出したのです。

また、女の子のスマートフォンの位置情報で、知らない場所にいることを家族が不審に思ったという、報道もあります。

今回の事件は、女の子が自分の意思で容疑者の自宅に行っているのですが、未成年者誘拐は、本人が同意していても、保護者の同意が無ければ成立します。

故に、今回は家族がダメだといえば誘拐になってしまうのです。

小南裕司容疑者の素性、顔写真・SNSを発見!

今回逮捕された容疑者について、報道されているのは以下の通りです。

氏名:小南裕司(こみなみ ゆうじ)

年齢:26歳

職業:会社員

住所:兵庫県姫路市

今回、小南容疑者は兵庫県警の飾磨警察署に逮捕されています。そのため、居住地は飾磨警察署管内(姫路市の南部)だと思われます。

SNSですが、兵庫県姫路市在住の同姓同名のアカウントがありました。

容疑者のもので間違いないでしょう。

※11月29日現在、フェイスブックアカウントは削除されてしまいました。

投稿が確認できませんが、おそらく友達のみに公開しているものと思われます。

また、Facebookアカウントの友人を見ますと、「市川高校」出身の方が多いので、小南容疑者の母校の可能性が高いです。

「市川高校」は、兵庫県市川町にある私立高校で、主な同窓生にはネプチューンの名倉潤さんや、元ポロ野球選手の小田幸平さん(巨人→中日)がいます。

女の子を自宅に連れ込んでいるので、一人暮らしの可能性があります。

今回の事件に使われたカカオトークとは?

さて、今回の事件では「カカオトーク」というアプリが容疑者と女の子との接点となっています。

どのようなアプリなのでしょうか。

「カカオトーク」は韓国企業が開発した無料通話・メッセージアプリです

無料通話・メッセージアプリと言えば「LINE」ですが、この二つはほぼ同じアプリですが、一つだけ大きく違う所があります。

それは「タイムライン」で、「カカオトーク」にはタイムラインがありません。

「カカオトーク」と「LINE」は、どちらも韓国生まれのアプリです。

日本では圧倒的に「LINE」が有名ですが、韓国では「カカオトーク」のほうが主流です。

また、「カカオトーク」が「LINE」より早くリリースされています。

日本では、「LINE」と「カカオトーク」の両方のアプリをスマホに入れて、「LINE」をメインに使って、「カカオトーク」をサブに使うという人が多いようです。

これは、「LINE」はスマホ1台で1個しかアカウントが作れないため、2つのアカウントが欲しい人が「カカオトーク」を使っているからです。

では、「カカオトーク」を使って、どのようにして2人は知り合ったのでしょうか。

考えられるのは「ネット掲示板」で、ネット上には出会い求めて、「カカオトークのID」を書き込む掲示板があるのです。

それで、どちらかが書き込んでいた可能性があります。

ネットの声

最後に

いくら合意があったといえ、未成年を勝手に自宅に連れ込みのは犯罪になります。

しかも、小学生が被害に遭っています。

また、今回は誘拐のみしか報道されていませんが、わいせつ目的だった可能性もあります。

容疑者には、しっかりと罪を償っていただきたいと思います。

最後まで閲覧していただきありがとうございました。