この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

滑川康男さんという人物を知っていますか?

現在、韓国で大ブレイク中で注目の人物なのです!!

ん!?

でも名前が滑川康男ですから日本人ですよね?

一体、滑川康男さんとはどのような人物なのでしょうか?

スポンサードリンク

滑川康男 プロフィール

本名:滑川康男(なめかわ やすお)

韓国の芸名:Kang Nam(カンナム)

生年月日:1987年3月23日

血液型:A型

身長:177cm

体重:64kg

趣味:サーフィン、スノボ、作曲

特技:英語、韓国語、ギター、ピアノ

所属事務所:(日本)ハニープロモーション(韓国)ジャングルエンターテイメント

経歴や芸能界に入ったキッカケは?

デビューのキッカケは、東京の赤坂で韓国人の男性に声をかけられたことがキッカケです。

その声をかけた男性は、、、

なんと、所属事務所の社長!!

そうです、韓国のジャングルエンターテイメントの社長さんなのです。

いきなり社長にスカウトされるとは物凄い幸運の持ち主です・・・

その誘い文句が、「韓国でHIPHOPを立ち上げようとしているから韓国へ来い。もし韓国へ来たら1週間でクルーザー、ヘリを使って撮影する」といわれたのだそう。

完全に怪しすぎます・・・

普通の人だったら行かないのですが、滑川さんは鵜呑みにして韓国へ立ちます。

韓国に行ったはいいが、残念ながら騙され?てしまい芸能活動もなくただ月日が経ってしまいます。

そんな時あるバラエティ番組に出演するチャンスを自身で掴み、10分間ですが出演することに成功!

するとまさかの大反響でブレイクしてしまいます!!

その後、2011年にHIPHOPグループの「M.I.B」でデビューを果たしています。

社長の力というよりも自身の力で切り開いたと言うように感じます・・・笑

国籍は?ハーフ?

まず気になるのが、滑川康男さんの国籍ですよね?

調べてみた所、国籍は日本人ということが判明!!東京都江戸川西葛西で生まれているようです。

しかしなぜ、韓国で活動しているのか?

これについては両親に答えがありました!

なんと滑川さんはハーフだったのです。

父親は日本人で、母親が韓国人でした!

これで韓国で活躍するという理由が分かりましたね〜。

幼いころから母親の影響で韓国語が身についていたんでしょうね。

ユイと熱愛?

滑川康男さんにはユイという女性の名前のキーワードが浮上しています!

調べてみると、なんとユイと言う女性と熱愛関係だというのです!!

そんなユイという女性は誰なのかというと韓国ガールズグループ「AFTER SCHOOL」のメンバーで女優のユイさんということが判明!

滑川さんがレギュラー出演するバラエティー番組(ジャングルの法則)でユイさんがゲスト出演した際に親密な仲になったようですね。

本人たちは交際を否定しているようですが、車でドライブする姿を目撃されているようなので、間違いないでしょう〜

美男美女カップルですし、もしかしたらゴールイン!なども十分考えられるのでは?

と思ったのですが、たった3ヶ月で破局していたようです。

お互いに多忙を極めていることなどからすれ違っていたようですね。

スポンサードリンク

性格がウザい?

現在、ブレイク中の滑川さんですが、何やら良からぬ噂が・・・

性格がウザいらしいと噂になっているのです。

なぜこんな噂になっているのかというと、ネットでは見た目の金髪やバラエティ番組内でのキャラがハジケ過ぎているのが理由なのでは?

という情報がありました!

一方でTwitterにこんなコメントも発見!

何やら絡みがウザいと言われています。

これはバラエティ番組内のことなのでしょうか?

そこで、実際の番組の動画を見て検証してみましょう!

んん〜

韓国語で分からない・・・

しかし、テンションはかなり高め!!

これがウザいと言われる原因かもしれませんね。

バンドマンだった?

韓国で活躍する前は、日本でバンドをやっていたという滑川さん。

バンド名は「KCB」です。

KCBについて調べてみると、オレンジレンジの元メンバーだったKATCHAN(カッチャン)が2006年に結成したバンドなんですね!!

そこにYA-CHA(やーちゃ)という名前でボーカルを担当していた滑川さんですが、2010年に脱退していました。

現在のKCBの活動は見られないですが、自然消滅したのでしょうか?

スポンサードリンク

まとめ

滑川康男さんについてまとめました。

実は日本人で性格はウザいなど、良いことから良くないことまで判明しましたね。笑

現在は韓国で活躍していますが、今後は日本でも活躍の場を広げてくると思われますので、皆さんよく名前を覚えておいてくださいね〜

最後まで閲覧していただきありがとうございました。