この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

タレントの森川愛さんが話題になっています!

6月5日(日)に放送されるドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』では、自宅に29歳の男性と、その男性との子どもを身ごもった30歳の女性を居候させていて、さらに香港からきた11歳の少年も居候させようとしているタレントの森川愛さんの家庭が取り上げられます。

タレントの森川愛さんはどのような方なのか、現在の顔画像や経歴、旦那さん、子どもなどについて調査してみました。

スポンサーリンク

森川愛(タレント)現在の顔画像

タレントの森川愛さんは下記のSNSアカウントを持っていて、ご自身の現在の顔画像も投稿されています。

  • ツイッター(名前:森川愛、ユーザー名:@ai_morikawa)
  • インスタグラム(名前:Ai Morikawa、アカウント名:@morikawa_ai)
  • YouTubeチャンネル「森川愛と鈴木玄太朗 Official Channel」(チャンネル登録者数約1,400人)

インスタグラムでは宣伝や料理、お出かけした時、ライブなど、色々な画像を投稿されているようです。

森川愛(タレント)の経歴!

タレントの森川愛さんは1979年9月25日、鹿児島県で生まれました。

1999年6~8月にはテレビ東京「サウンドらりーLOVE&KISS」にレギュラー出演し、「愛プリ」というニックネームで親しまれます。

「サウンドらりーLOVE&KISS」内のオーディションにて結成された女性ユニット「wOne(ワン)」のメンバーとなり、2000年1月にメジャーデビューを果たしました。

wOne(ワン)解散後もタレントとして活動をつづけ、2004年以降は複数のIT企業にて新規事業の立ち上げに関わり、2012年には、

  • ネット通販事業
  • 母親の為のSNS事業
  • 勤怠管理システム事業

などを手掛ける自身の株式会社エージェーピーを起業し、働きたいママのための「保活セミナー」なども開催しています。

2016年には小説「Be Yourself〜立命の記憶〜」を執筆、2018年には発達障害啓発短編映画『凹凸~こんな二人がいます~』の原作・脚本・主演を担当し、現在は小説家や脚本家デビューを目指しながら、2017年より音楽活動も再開されていて、ライブ活動なども行っていらっしゃいます。

スポンサーリンク

森川愛(タレント)の旦那や子供の存在は?

タレントの森川愛さんは結婚されていて、3人のお子さんがいらっしゃいます。

森川愛さんは鈴木玄太朗さんという歌手と「森川愛と鈴木玄太朗 Official Channel」というYouTubeをやっているため、「夫婦なのでは?」という声もあがっていますが、調べたところ、お2人は夫婦ではないようです。

森川愛さんの旦那さんは一般人であり、名前や年齢など詳しい情報については公開されていないようなのですが、プログラマーをされている方のようです。

2010年に第一子となる長男を出産し、その後次男を出産(時期は不明)、2015年には第3子となる長女を出産しています。

お子さんの名前や顔画像などは公表されていませんでした。

森川愛さんは香港からやってきた11歳の少年を居候させようとしていることなので、ご長男と同じくらいの年齢のお子さんということですね。

また、元々居候させていた29歳の男性の子どもを身ごもった30歳女性も、もうすぐ出産を控えているということなので、森川家には子供が5人になりますね。

ネットの声

6月5日(日)に放送されるドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』にて、自宅に29歳の男性と、その男性との子どもを身ごもった30歳の女性を居候させていて、さらに香港からきた11歳の少年も居候させようとしている生活が取り上げられるタレントの森川愛さんについて、ネットでも様々な声が上がっているため、その一部をご紹介していきます。

  • 居場所のない人に無償で住居を提供なんてどうゆう事なのでしょうか謎が謎を呼ぶね

  • 分け隔てなく人を平等に愛せる人はすごい。無償の愛はまわりを変えて行く。やってる本人はたぶん当たり前のことだと思ってるんだろうな。

  • 一歩間違えると犯罪に巻き込まれる可能性あるし善意でやってるんだろうけどやらないほうがいいよ

  • 本日のザ・ノンフィクションは森川愛さん!実は面白い経歴の持ち主 くっそ面白い人生

  • カッコいい生き方だよね

スポンサーリンク

最後に

6月5日(日)に放送されるドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』にて、自宅に29歳の男性と、その男性との子どもを身ごもった30歳の女性を居候させていて、さらに香港からきた11歳の少年も居候させようとしている生活が取り上げられるタレントの森川愛さんについて書かせていただきました。