この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

悲しいニュースが飛び込んできました。

ピアニストとして知られる荒井千裕さんがお亡くなりになられました。

そんな荒井さんですが、お亡くなりに直前までコロナワクチンの副反応に悩まされていたのです。。。

荒井千裕さんとは一体どのような方だったのか、そして死因や経歴、年齢などについてもみていきたいと思います。

スポンサーリンク

関連記事

荒井千裕(ピアニスト)訃報で死因は?

荒井さんの訃報は23日に報じられ、15日にお亡くなりになられたことが公表されました。

そんな荒井千裕さんの死因に関しては正式には公表されておりませんが、冒頭でも書かせていただいた通り荒井さんはお亡くなりの直前までコロナワクチンの副反応で悩まされていたのです。

4月23日にモデルナの3回目の接種直後に荒井さんの場合は以下のような激しい副反応悩まされていました。

  • 歩行困難
  • 筋肉痛
  • 全身の痛み
  • 体重減少
  • 筋力低下で歩けない

正直これをみると辛い生活を強いられていたことが想像できます。

さぞかし日常生活もつらかったことでしょう。

さらに荒井さん自身のツイッターでもワクチンん接種直後からら体調不良に関してのツイートが連発されており、自身や関係者なども体調不良の原因はコロナワクチンと確信しています。

このことを踏まえると死因に関していえば断定はできないもののコロナワクチンによるものの可能性が非常に高いと言えるでしょう。

スポンサーリンク

荒井千裕(ピアニスト)年齢や経歴は?

荒井千裕さんの年齢や経歴に関してプロフィール形式にしてみていきます。

プロフィール
  • 名前:荒井千裕(荒井千裕)
  • 享年:57歳
  • 職業:ピアニスト
  • 所属:ARAI CHIHIRO PIANO LESSON講師

経歴

荒井さんがピアノを始めたのは4歳の時でした。

その後ピアニストになる転機が訪れます。

6歳の時に音楽教室で「絶対音感」があると言われてソルフュージュという楽譜を読むことをメインに学ぶ訓練を進められて本格的に訓練を始めます。

その後徐々に頭角を表していき、バンド活動やオーケストラを経験後に香港で心と体を楽に使って演奏する方法を習得します。

日本と香港、そして欧州をメインに活動を行い数々のリサイタルを行なってきました。

近年はYouTuにも演奏動画をアップされており活動の幅を広げておりました。

荒井千裕(ピアニスト)結婚した夫や子供は?

荒井さんは既婚者であり、夫とのやり取りのツイートが度々アップされております。

自身の体が思うように動かずに日常生活がままならない状態で旦那様もサポートされておりました。

ですがまさかお亡くなりになるとは本人もご家族も夢にも思わなかったことでしょう。。。

一方でお子さんに関しては情報がありませんでした。

ネットの声

  • 私は反ワクではありませんが、ご冥福をお祈りします。

  • ピアニストの荒井さん ワクチンを接種された後にずっとワクチンの後遺症に悩まされ歩くのも困難になったことがツイートされて9月15日に逝去されました(1965〜2022) こんなことが許されてなるものか

  • ワクチン後遺症で約5カ月間、苦しまれていたとのこと。 9月15日はちょうどピアニスト目指している私の息子の誕生日でした。 安らかに。YOUTUBEチャンネル、息子にも教えて荒井千裕さんの技術、少しでも継承させます。

  • 重篤なワクチン後遺症。 1日も早い、行政での手厚い整備が必要だと思います。

  • ワクチン後遺症で亡くなられた荒井千裕さんがお気の毒でならない

スポンサーリンク

最後に

荒井千裕さんの訃報について書かせていただきました。

荒井さん音楽はいつまでも人々の心の中で生き続けることでしょう。

荒井千裕さんのご冥福を心予知お祈り致します。