この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

日本中が安堵の声で包まれています。

山口県周防大島町で行方不明になっていた藤本理稀ちゃん(2)を保護した人物が話題になっています。

その名も尾畠春夫さんです!

なんでもこの人物ボランティア活動を普段から行っており、

今回の行方不明の捜索にあたってから僅か30分で見つけたのこと!!

一体、どのような人物なのでしょうか?

スポンサードリンク

事件の詳細

山口県周防(すおう)大島町で12日から行方不明になっていた藤本理稀(よしき)ちゃん(2)

=同県周防市=が15日午前6時半ごろ、同街家房の曽祖父付近から数百メートル北東の山中で発見。保護された。

県警によると、理稀ちゃんは脱水症状はみられるが、目立った外傷はみられず、受け答えも出来ているという。

県警によるとボランティアで捜査に加わっていた大分県の70代の男性が、理稀ちゃんの名前を連呼しながら山に入っていくと「ぼく、ここー」と返事があった。理稀ちゃんは沢の近くでしゃがんでいたといい、男性があめ玉をあげると。かみ砕くように食べたという。

男性は理稀ちゃんを持参していたバスタオルにくるんで山を下り、途中で警察官と合流して曽祖父宅へ送り届けた。

理稀ちゃんは母親(37)や祖母らと面会し受け答えもできていたという。その後、山口県柳井市内の病院に搬送され診察を受けている。

理稀ちゃんは12日午前10時半ごろ、祖父(66)と兄(3)と歩いて約400メートル離れた海岸に海水浴に向かったが、家を出て100メートルのところで「帰る」などと言って、1人で家に戻ろうとしてという。

祖父は理稀ちゃんが曽祖父宅の近くまで歩く姿を見ていたが、その後に家を出た母親と他の子供2人は理稀ちゃんに会わず、行方がわからなくなっていた。

県警や消防などは12日から捜索を継続、150人体制で曽祖父宅の周辺を中心に側溝や傾斜の下、井戸や空き家などを捜していた。

引用元:朝日デジタル

尾畠春夫さん プロフィール

名前:尾畠春夫(おばた はるお)

年歴:78歳?

住所:大分県日出町

尾畠さんに関する情報は一般人のためあまり出回っていないようですね。

しかしながら、現在79歳という年齢にもかかわらず、この炎天下の中山道を歩き回るという行為は相当酷ですよね?

普段から体を鍛えていないと若年層でも倒れてしまいます。

尾畠さんは日常的に体を鍛えるスポーツなど行っていた可能性があるように思えます。

スポンサードリンク

職業は?

さて尾畠さんの職業について調べていきます。

年齢的に定年退職しているハズ!

しかし!

尾畠さんは現役で行っている職業がありました、ボランティアです。

なんと普段からボランティア活動をしていた尾畠さんは、2011年に発生した東日本大震災の時や、熊本地震、その他行方不明者捜索に活躍している人物でした。

このような方がいると感じるだけで日本は思いやりの国なんだとつくづく実感します。

嫁や子供は?

尾畠さんの家族について調べてみましたが、情報はありませんでした。

一般人なのでやむを得ません。

しかし、仮にご家族の方がいらっしゃったら、人のためにここまでできるといった尾畠さんの行動を誇りに思っていることでしょう。

なぜ見つけられた?

ここで一つ疑問が生まれます。

なぜ150人体制で捜索していた県警や消防が発見できずに、尾畠さんは捜索開始後、わずか30分で発見できたのでしょうか?

秘訣は子供の習性をよく理解していたことでした!

尾畠さんは以前にも大分で行方不明になった2歳の女児を捜索していた経験があります。

その経験から子供の習性をこう話していました。

「下ることはないと思っていた。不思議なもんで、子供っていうのは、上にあがるのが好きみたい。」

この習性を活かし、まだ山の中にいることと予想し捜索してから僅か30分で発見!

150人体制の警察や消防は面網丸つぶれですね・・・

側溝や井戸、空き家などを捜索していたようですが完全に見当違いなことが目立ってしまいましたね・・・

今後の行方不明者の捜索に是非取り入れていただきたいものです。

スポンサードリンク

まとめ

ボランティア活動をしている尾畠春夫さんについて調査しました。

行方位不明だった理稀ちゃんの家族は感謝してもしきれないくらいだと思います。

とにかくこの尾畠さんのような人物を後世にも伝えられるような活動が必要だと感じました。

ボランティア集団の代表として教育していただきたいと感じます!

最後まで閲覧していただきありがとうございました。