この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

スポンサーリンク

石田千尋さんと聞いてまずは「陰陽師」とイメージすることでしょう。

そんな石田千尋さんがまさかの変死した事が明らかになっており、世間の注目を集めています。

一体、石田千尋さんの身に何が起きたのでしょうか?そして死因や病気、病名、年齢や現在の顔画像、噂される「胸形千尋」についても見ていきたいと思います。

石田千尋 訃報で変死?

石田千尋さんの訃報が報じられたのは8月1日の早朝でした。

各メディアによって石田千尋さんの「変死」が突如報道され世間が震撼しており注目度の高さが分かります。

そんな石田さんのお亡くなりになるまでの様子をまとめます

  • 2008年頃までは羽振りが良く1億円の豪邸を渋谷に建てた
  • 2014年に自宅は差し押さえ
  • 2013年ごろから「Qアノン」信奉する
  • 2021年12月ごろに体調不良のツイートを複数行う
  • 2021年12月31日にお亡くなりになられた

現代の陰陽師として知られた石田さんにしてはあまりにも静かであり、疑問の残る死ですね。。

石田千尋 死因の病気や病名は?

石田さんの死因となる病気、あるいは病名については現段階では明らかにされておりません。

ですが!

石田さん自身が自身のtwitterにて体調不良になっている内容のツイートを多数投稿さえれており、その時の症状については詳細なまでに分かります。

    このように日に日に悪化している自身の体の状況を明かしています。

    最後のツイートは2021年12月28日であり「最後の戦いなのに何もできない」とツイートしており、この3日後にお亡くなりになられています。

    症状から見ると確実に命に関わる病気を患っている事は言うまでもありませんが、がん、あるいはなにかしらの大病だったのでしょうね。

    同居人のA氏に病院に行くことを促されますが、石田さん自身頑なに病院には行かず、「Qアノン」の救助を待っているという信仰の強さも見られます。

    石田千尋 現在の年齢や顔画像は?

    石田千尋さんの現在の年齢ですが、正式年齢は公表されていません。

    スポンサーリンク

    しかし、石田さんの妹と思われる人物のツイートに年齢のヒントが隠されていました。

    このツイートには「end of 30’s」とツイートされており、この時が39歳と考えると現在は55歳ではないかと言われています。

    続いて現在の顔がですが、2008年以降から急激にメディアに出現する機会が激減しており、プライベートなどの顔画像を見ることはできなくなっています。

    家族や兄弟とも疎遠になっており、一緒に仕事絵推していたとされる人物でさえ、決別してしまっていたとも言われており、石田さんの顔画像を知る人物は無くなるまで同居していたA氏だけだと思われます。

    胸形千尋とは?

    胸形千尋とは石田さんがうんえしているtwitterアカウントです。

    本名である、石田千尋名義のtwitterは2017年6月で更新が止まっていますが。

    胸形千尋名義のtwitterアカウントはお亡くなりになる3日前まで更新がされていたので普段使いされていたのはこちらの名義であった事がわかります。

    因みにこの胸形というアカウント名の由来は謎ですが。

    石田千尋 嫁や子供は?

    石田さんに関して嫁や子供に関する情報を調べてみたらネットにとある情報が書かれていました。

    それは結婚し、息子がいると言う情報です。

    ですが、名前や顔画像といった情報は一切公開されていませんので、一般人である可能性が高く、

    石田さんの最期は同居人といたとなると家族関係も微妙なものだったのかもしれません。

    ネットの声

    • 数回ですがTwitterでやりとりをさせて頂いた事が有りショックです・・在〇チョソのTVスタッフが原因で干された・・・辛かった事だと思います。 ご冥福をお祈りします。 ゆっくりお休みください・・

    • 石田千尋氏が活躍する小説まであったんだよな。 儲けた時に対策しておかないとね。 この人はスクールとかは開講しなかったのかな・

    • 石田氏と言えば、使役した霊に「攻めあぐねよ!」って無茶振りした人だよね

    • なんというか、死んだ人のことをどうこう言うのはあれだけど、ちゃんと学ばない人が祓いとかに手を出しちゃいかんという見本だな。

    • あの当時から疑問だったが、陰陽道はもう現代に残されていないはずでは?と。土着化した「いざなぎ流」とかを除いて。

    最後に

    私自身も石田千尋さんはよく金スマで拝見しており、その当時は除霊などの行為を見て衝撃を受けていました。

    まさかこのような最期を遂げていたとは非常に心が苦しく感じます。

    今は石田千尋さんのご冥福をお祈りいたします。