この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

悲しいニュースが飛び込んできました!

紫艶(しえん)さんが3月上旬にお亡くなりになられていたことが発覚したのです。

紫艶さんといえば、2016年に落語家の桂文枝さんとの愛人関係を暴露し、話題になっていましたね!

そんな紫艶さんですが年齢的にもまだ41歳とお若いので死因に注目が集まっています。

一体、死因はどのようなものだったのでしょうか?

スポンサードリンク

概要は?

 2016年に落語家・桂文枝(75)との愛人関係を告白した演歌歌手の紫艶さんが3月上旬に死去していたことが2日、分かった。41歳だった。

 関係者によると、紫艶さんは都内で暮らしており、連絡が取れなくなった母親が心配し自宅を訪ねたところ、亡くなっていたという。病死とみられる。

 兵庫県出身の紫艶さんは00年、日本有線大賞新人賞を受賞。16年に文枝との20年に及ぶ関係を写真誌「フライデー」に告白し、大騒動となった。

 文枝はこの日、なんばグランド花月で行われた公演に3回出演。最後の出演を終えた午後5時ごろ、迎えの黒のワンボックスカーが到着した。多くの報道陣や、100人近いやじ馬が押し寄せる中、車は関係者出入り口付近にべったり横付け。グレーのハンチング帽、マスク姿の文枝は、関係者に厳重ガードされながら足早に車に乗り込み、「師匠、紫艶さんが亡くなられたことに、ひと言お願いします」という報道陣の呼びかけに応じることなくグランド花月を後にした。

出典元:東スポ

紫艶 プロフィール

名前:紫艶(しえん)

本名:中江ひろ子

生年月日:1978年1月17日(41歳)

職業:歌手(演歌)

経歴は?

紫艶さんの経歴について見て行きましょう。

現在まで演歌歌手という職業を続けてきたのも歌唱力の高さにありました。

なんと、2歳9ヶ月から民謡を歌い始めたいたというのですから驚きです!

18歳になると「吉本演歌歌謡曲選手権」で優勝し、歌唱力の高さが知れ渡ります。

その後、現在の紫艶としてデビューし「渋谷のネコ」でデビューを果たします。

2000年には日本有線大賞を受賞しましたが、2012年に突然の休業。

2016年にはセクシー女優としてデビューし世間を騒がせていました・・・ちょうどその頃ですね。桂文枝さんと愛人関係が取り沙汰されたのは!

現在の顔画像は?

2016年当時は桂文枝さんとの愛人関係でメディアに度々登場していた紫艶さんですが、最近はほとんどテレビでも見なくなりましたね・・・

そこで現在の姿が気になりますね?

早速調査して見ました!

すると、紫艶さんのブログにて画像を発見!

出典元:http://www.diamondblog.jp

出典元:http://www.diamondblog.jp

ブログの最新記事は2019年2月で止まっています・・・

上記の顔画像は2018年4月頃の顔画像のようですね。

さすがは芸能人だけあり、お綺麗にされていますね〜

スポンサードリンク

死因がヤバい!?

さて、ここからが本題ですが、紫艶さんの死因について迫って行きたいと思います。

各メディアが死因として報じていたのは「病死」でした。

しかし、紫艶さんには持病はないことが明らかになっていることから矛盾しているようにも思えます・・・

そんな中、調べを進めていくと関係者が気になるコメントをしていました。

それは、

「精神的に弱かったので、薬を服用していることは知っていました。それは初めて私と出会った時から飲んでいましたね、彼女はお酒を一滴も飲めないんですが、薬の影響か、ひどい時に呂律が回らないこともありました。何カ所も病院に通っていたようで、おsれは駅札から聞いて初めて知りました、。部屋には薬がいっぱいあったようで、薬の飲みあわせが悪くて命を落としてしまったのかもしれませんね」

このような内容でした。

このことから推測するに一番の死因は薬物の過剰摂取ではないかと思われます。

その時桂文枝さんは?

紫艶さんが18歳の時から20年間もの間、愛人として囲ってきた桂文枝さんですが、死去報道を耳にした時に絶句されていたそうです!

不倫関係が明るみに出ると自身の立場がなくなることを恐れ、否定し続けていた桂文枝さん。

この否定的な報道を見た紫艶さんは相当病んでしまったらしく、精神状態も不安定だったようです。

今回の死因とも言われる薬物の過剰摂取も、そのことがキッカケといっても過言ではありませんよね?

幾ら何でも18歳の少女を愛人に仕立て、自身の立場が危なくなるとポイ捨てし、終いには死去報道で無言を貫くとはなんとも冷たい方なのでしょうか?

ネットの声

スポンサードリンク

 

最後に

紫艶さんの死去報道について書かせていただきました。

ネットでは紫艶さんの死去に対する悲しみと同時に桂文枝さんへのバッシングが多数挙げられていました。

紫艶さんはもっと違った人生を送ってもらいたかったですね・・・

とにかく今は紫艶さんのご冥福を心よりお祈りいたします。