この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

新型コロナウイルス関連の安倍晋三首相及び政府の対応に、批判が高まっています。

特に、ここ最近の批判はかなりひどいものです。

それは、話題になっていた星野源さんの動画に安倍首相がコラボしたり、日本の全世帯にマスク二枚配布を決定したり……。疑問視されるものが続いたからかもしれません。

実はコレ、どうやら佐伯耕三さんという方が一枚かんでいるようなのです。

言ってみれば、政府の一連のプロデュ―スを担ったとも取れますが、世間の受けはイマイチのようですね。

では、この佐伯耕三さんとは何者なのでしょうか?なぜ、彼がこのようなプロデユースをすることになったのでしょうか?色々と調べる価値がありそうなので、早速、調べてみました。

スポンサーリンク

佐伯耕三プロフィール

  • 名前:佐伯耕三(さえき こうぞう)
  • 出身地:兵庫県
  • 年齢~44歳

 

佐伯耕三さんは、灘中学→灘高校→東京大学法学部というエリートの代名詞的な学歴を歩んで、1998年に経済産業省に入省します。

2013年に安倍内閣が組閣されて以降、内閣副参事官として官邸のメンバーに加わります。

そして、安倍総理のスピーチライターとなり安倍総理の信頼を得て、2017年に当時では史上最年少の首相秘書官に抜擢されて現在に至ります。

もう絵に描いたような出世コースであり、羨ましいくらいのトントン拍子といって良いでしょう。そんな佐伯耕三さんが、今回、この一連のコロナウイルス問題で、皮肉にも名前を大いに知らしめることになります。

星野源とコラボ動画の発案者

4月5日(日)に星野源さんが、Youtubeで『うちで踊ろう』という動画を投稿されました。

これは、星野源さんが、新型コロナウイルスの感染を家にいることで防げることと、それぞれのみんなの「内」の中にあるものをこの動画の中にぶつけてもらって、コラボの輪を明るく楽しく広げていきましょう!という意図で始まったのですが、あれよあれよという間にコラボの輪が広がっていき、星野源さんも想像以上の反響の大きさに驚いていました。

そんな矢先に、安倍首相が、星野源さんのこのコラボ動画に参戦!?してきたのです。

安倍首相が家の中で、読書をしたり、愛犬と戯れたりと、明らかに「なんか違う」感テイストの動画に、ネットは大騒ぎとなるわけです。

そして、このコラボ動画に参加を勧めたのが、他ならぬ佐伯耕三さんだったというわけです。

確かに、今一番、星野源さんのコラボ動画は、ネット上で話題になっているコンテンツの一つであるわけですし、乗っかるのもわからなくはないですが、佐伯耕三さんは動画の意図を汲み間違えたとしか思えません。

日本テレビ系の情報番組『スッキリ』内で、MCの加藤浩次さんが、「僕らを馬鹿にしてるのか!?」と、久しぶりの狂犬っぷりな発言をしていたくらいです。

だったら安倍首相には、星野源さんの歌に合わせてキレッキレのダンスを披露してほしかったですね。

スポンサーリンク

マスク2枚で大炎上?

そして、日本人全員ではなく、日本全世帯に布マスク二枚を配るという通称『アベノマスク』。

全員ならともかく、全世帯にってところに、ツッコミどころをちゃんとおさえているフシがありますが、これもどうやら佐伯耕三さんが安倍首相に勧めたようです。

布マスク二枚といえども、無いよりはあった方がまだマシではありますが、いかんせんタイミングが悪すぎでしたね。

せめて、あと一週間早く発表していたら、流れは全然違っていたと思われます。

なんにせよ、佐伯耕三さんは、安倍首相の側近のチームの中では、44歳と若手の部類に入るそうなので、このテのマーケティングや時代の空気感的なものの情勢の分析等は、安倍首相から任されているのであろうと思われますが、今のところ全てが裏目裏目に出ているというのが現実です。

次なる手は?

一部週刊誌等では、佐伯耕三さんらの次なる一手は、もうすでに準備中で、近日中にも発表があるという事ですので、とても楽しみに待ちたいところですが、今度こそは批判の嵐ではなく、賞賛の嵐を巻き起こしてもらいたいところです。

ちなみに、新型コロナウイルス対策にまつわるこうした仕掛け人的状況にいることを本人は、とても責任感と使命的なものを感じていると、周囲の関係者に話しているそうです。

佐伯耕三さんは、自民党や官僚関係者等からは、仕事ができる人間として一目置かれている人物だそうなので、今後も政界で活躍されていくのでしょうが、くれぐれも国民を置いてけぼりにはしていかないでほしいと、切に願うばかりであります。

スポンサーリンク

まとめ

まだまだ長引きそうな、この新型コロナウイルス関連の諸問題。医療的な方面はともかくとして、経済的な諸問題は、佐伯耕三さんのような頭が冴えてキレる方々に、一刻も早い解決をお願いしたいです。

佐伯耕三さん達が考える政策が、明日の日本の行方を左右すると言っても過言ではないのですから。

そして、一日も早く、元の生活に戻れますように……。