この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

悲しいニュースが飛びこんできました!

なんと国民的アニメ「ちびまる子ちゃん」ちゃんの作者である、さくらももこさんがお亡くなりになられました。

まだ53歳という若さだったのですが一体何があったのでしょうか?

スポンサードリンク

さくらももこさん訃報

漫画「ちびまる子ちゃん」で知られる、漫画家さくらももこさんが15日、乳がんのため死去した。

53歳。葬儀は近親者で営んだ。

引用元:毎日新聞

さくらももこ プロフィール

https://twitter.com/Ryoma_twice_/status/1034048814489821184

名前:さくらももこ

本名:非公開

旧姓:三浦

生年月日:1965年5月8日(53歳)

出身地:静岡県静岡市清水区

職業:漫画家、エッセイスト、作詞家

血液型:A型

身長:159cm

経歴

さくらももこさんといえば、知らない人はいないくらいに有名なアニメ「ちびまる子ちゃん」の作者です。

自身の幼少期の体験を漫画やアニメにし、子供から大人まで楽しめる作品に仕上がっています。

多くの人々は共感したことがあるのではないでしょうか?

その他にもエッセイストとしても優秀で、「もものかんずめ」や「さるのこしかけ」「たいのおかしら」はいずれもミリオンセラーの大ヒットを記録していました。

死因は?

さくらももこさんの死因ですが、乳がんと公表されていました。

どうやら、以前から闘病生活をしていたのでしょうね。

乳がんの原因は飲酒や喫煙が挙げられていました。

調べてみると、さくらももこさんはそのどちらも好んでやっていたようです。。。

漫画家というのは身体も動かさずにひたすら頭からネタを振り絞るという職業ですから、喫煙などリラックスの一環として好んでいたのかもしれません。

旦那はいてバツイチ?

さくらももこさんの結婚歴について調査しました。

調べてみて驚いたのですが、さくらももこさんはバツイチだということが!!

さくらももこさんが25歳の1989年「リボン」編集者である「宮永正隆」さんと結婚しました。

幸せな結婚生活が続くと思われたのですが、1998年に突如離婚を発表。

どうやら旦那の亭主関白や金遣いの荒さ、女性関係などの問題から離婚という決断に達したそうです。

その後2003年に再び婚期が訪れます。

インストレーターの「うんのさしみ」さんと再婚を果たしました。

その後は現在2018年まで結婚生活を送っていることから、さくらももこさんを大切にするいい旦那さんだったのでしょう。

恐らくさくらももこさんの闘病生活の際も寄り添って看病していたものと思われます。

スポンサードリンク

子供はいるの?

さくらももこさんはバツイチの経歴がありますが、子供はいるのでしょうか?

調べてみるとWikipediaにも長男がいることが公表されていました。

一人目の旦那さんである宮永正隆さんとの間に1994年に長男が生まれています。

さくらももこさん同様、顔出しなどは全くありませんでしたが、ペンネームでは「さくらめろん」、そして本名は「陽一郎」さんと言うようです。

ちびまる子ちゃんはどうなる?

さくらももこさんの訃報で、ちびまる子ちゃんの放送が終了!?という声も多数上がっています。

しかし、放送局のフジテレビは、今後も放送継続を発表しているようです!

番組開始当初のメンバーがさくらももこさんの意思を引き継いで制作していくということでした。

ちびまる子ちゃんファンとしては一安心ですね。

まあ、筆者もその一人なのですが。。。笑

因みに、ちびまる子ちゃんのお姉ちゃん役の水谷優子さんの命日は2016年5月17日。

そして、そのお姉ちゃんが大好きだった西城秀樹さんの命日が2018年5月16日と水谷優子さんの1日前。そして同じ年にさくらももこさんがお亡くなりになるというのは偶然なのでしょうか?

何か強い繋がりがあったことのように思えて仕方がありません。

Twitterでも悲しみ声

https://twitter.com/hisakineko/status/1034045778077962240

どうやら幼い子がいる母親世代からのツイートが殺到していますね。

年齢的にも今のお母さん世代の方が幼少期に観ていたアニメのようで、丁度自身と重なる部分が多くあり、思い入れのある作品だったのかもしれません。

スポンサードリンク

まとめ

さくらももこさんの訃報をお伝えいたしました。

まだ53歳という若い年齢で悲しみの声が多数寄せられていますが、さくらももこさんと、ちびまる子ちゃんは多くの方の心の中で生き続けることでしょう。

さくらももこさんのご冥福を心よりお祈りいたします。