この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

悲しいニュースが飛び込んできました!

1月6日午後6時25分ごろ、「靴下屋」「タビオ(Tabio)」などを運営するタビオ株式会社の代表取締役会長である越智直正さんと妻の麗子さんが、奈良県広陵町三吉の町道で軽トラックにはねられ、亡くなりました

タビオの会長・越智直正さんはどのような方だったのか、死因や自宅、子どもの存在などについて調査してみました。

スポンサーリンク

越智直正(タビオ会長)死因は事故で嫁も!

「靴下屋」「タビオ(Tabio)」などを運営するタビオ株式会社の代表取締役会長である越智直正さんと妻の麗子さんは、奈良県広陵町三吉の町道で横断歩道のない片側2車線の直線道路を横断中、軽トラックにはねられ、搬送先の病院で亡くなったことが確認されました。

越智直正さんは享年82歳、麗子さんは享年71歳で、お二人の死因は心臓破裂ということです。

心臓破裂とは、心筋梗塞や外傷により、心臓の壁に穴が開いて破れることで、緊急手術が必要となるのですが、越智直正さんと麗子さんの場合は残念ながら助からなかったということですね。

軽トラックを運転していたのは、奈良県田原本町大網の会社員・出口博章容疑者であり、香芝署に自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)の疑いで逮捕されていて、容疑を認めているということです。

なお、葬儀については近親者のみで執り行い、後日お別れの会を実施する予定ということです。

スポンサーリンク

越智直正(タビオ会長)の自宅は豪邸

越智直正さんは、1977年3月にタビオ株式会社を設立し、靴下専門店である「靴下屋」は全国展開しているほど成功しており、代表取締役会長も務めていらっしゃいましたが、どんな豪邸に住んでいたのでしょうか?

ニュースでは、奈良県広陵町疋相に住んでいると報じられていて、実際Googleの衛星写真からでも分かるほどの広さの豪邸を持っているということで有名のようで、ストリートビューではさらにその豪邸さが分かります。

タビオ株式会社の平成29年度の有価証券報告書では売上高が16,36,173(千円)、経営利益が493,380(千円)となっていて、取締役の役員報酬が5人で116,400(千円)となっていました。

そのため、1人当たり2,300万円以上の役員報酬があるということですが、越智直正さんは会長なので年収は2,300万円を超えていると思われます。

また、息子の越智勝寛さんの自宅は大阪府大阪市平野区の戸建て住宅だそうです。

越智直正(タビオ会長)の子供の存在は?

タビオ株式会社の代表取締役会長である越智直正さんは82歳、麗子さんは71歳でしたので、お孫さんがいてもおかしくない年齢だと思いますが、お子さんはいらっしゃるのでしょうか?

越智直正さんと麗子さんは、1968年頃に結婚され、2人の息子さんを授かりました。

1969年に生まれた長男の勝寛さんはタビオ株式会社の代表取締役社長、次男の康彦さんはタビオ株式会社の取締役として働いていらっしゃいます。

越智直正さんによると「長男の勝寛さんは普通の子で今も普通」ということですが、越智直正さんは農家の家に生まれたため、長男が家を継ぐのが当たり前の家庭で、勝寛さんにも小さい頃から「お前がお父さんの跡を継げ」と言い続けていたそうです。

しかし、勝寛さんは音楽にハマって大阪芸術大学も中退してしまい、バイトをしながらドラムを買っていたというです、

越智直正さんは怒るかと思いきや「25歳までは音楽をやっていい。25歳になっても音楽で食べていけないのであれば会社をちゃんと継げ」と言っていたということです。

結局、勝寛さんは越智直正さんの友人が社長を務めていた化粧品会社で修行を積んで、1997年、28歳の時にタビオ株式会社に入社しました。

タビオ入社後は、商品本部長、取締役第一営業本部長を経て、2008年5月に代表取締役社長に就任され、そのタイミングで越智直正さんは代表取締役会長に就任されました。

ネットの声

1月6日午後6時25分ごろ、奈良県広陵町三吉の町道で軽トラックにはねられて亡くなったタビオ株式会社の代表取締役会長・越智直正さんについて、ネットでも様々な声が上がっているため、その一部をご紹介していきます。

  • 事故の状況から同情する声が多数挙がっていますね…

  • 裸足がトレードマークの会長だったと記憶…お悔やみお申し上げます。

  • 安らかにお眠りください。 ありがとうございます。 いただいた言葉忘れません。

  • この凄い豪邸はどうなるんでしょうかね。

  • えっ、あの靴下屋の?

スポンサーリンク

 

最後に

1月6日午後6時25分ごろ、奈良県広陵町三吉の町道で軽トラックにはねられて亡くなったタビオ株式会社の代表取締役会長・越智直正さんについて書かせていただきました。

越智直正さんと麗子さんのご冥福をお祈りいたします。