この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

久野倫太郎さんが話題になっています!

なぜなら、NHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺」で主人公の金栗四三(中村勘九郎)の幼少期を演じるからなのです!

年齢はまだ8歳で知名度もほとんどない人物にもかかわらず、主人公の子役として抜擢され注目されているようです。

さて、久野倫太郎くんとはどのような人物なのでしょうか?

スポンサードリンク

「いだてん」とは?

「いだてん」は、日本人が初めて五輪に出場した明治の終わりから、東京に五輪がやってきた1964年までの半世紀を描く、宮藤官九郎さんのお路地なるストーリー。テーマは「東京とオリンピック」。近現代史の大河ドラマは1986年の「いのち」依頼33年ぶり。勘九郎さんが日本で初めて五輪に参加したマラソン選手の金栗四三、阿部サダヲさんが「東京オリンピック」実現に執念を燃やす政治記者・田畑政治(たばた・まさじ)を演じ、”リレー形式”で主演のバトンをつなぐ。NHK総合で毎週日曜午後8時ほかで放送。

引用元:MANTANWEB

久野倫太郎 プロフィール

名前:久野倫太郎(ひさの りんたろう)

生年月日:2010年11月21日(8歳)

出身地:熊本県

血液型:A型

星座:蠍座

身長:120cm

特技:絵を書くこと、和太鼓

所属事務所:(有)アクティブハカタ

経歴

久野倫太郎くんの経歴を見てみた所、情報が殆どありませんでした。

それもそのはず!なんと素人だったのです!

子役オーディションを開催したところ、全国から1500人の応募があり、その中で久野倫太郎くんが選ばれました。

理由はなんとチーフ演出の井上剛さんが「何色にも染まっていない」という理由だけで起用を決意したのだそうです。

応募したキッカケは祖母が応募したということでした。

撮影時は台本を渡さずに「こんなお話だよ」と説明したのみで後は自然体で撮影したのだそう!

まさに野生の勘とでも言うのでしょうか?

これで役が成り立っているのですからある意味天才子役の誕生とも言えそうですね。

スポンサードリンク

顔画像は?

久野倫太郎くんのことをまだ知らない方のために顔画像を見てみましょう。

引用元:https://activehakata.com

いかがでしょうか?

いかにも元気のいい男の子といった感じですね。

この自然さが子役にピッタリとハマったのでしょう。

小学校はどこ?

現在小学校2年生です。

どこの小学校に通っているのか調べてみましたが、公表されていないようですね。

しかし、同じ小学校の同級生も友達がNHKの大河ドラマに出演したとなると驚きですよね?

そして、全員テレビを見てチェックすること間違いなしです!

小学校でも一躍有名人になっていることでしょうね。

両親は?

久野倫太郎くんの両親について調べてみましたが、一般人のためか情報は殆どありませんでした。

因みに

このオーディションは両親ではなく、祖母が応募したとのことでしたので、両親はそこまで乗り気ではなかったのでしょうか。笑

しかし、両親の職場でも話題は倫太郎くんで持ちきりでしょうね。

スポンサードリンク

最後に

久野倫太郎くんについて書かせていただきました。

NHKの大河ドラマに出演し、一躍有名になる子役も多いことから、今後あらゆる場面で子役のオファーが来るものと思われます。

これからの久野倫太郎くんの活躍に期待していきたいですね。

最後まで閲覧していただきありがとうございました。