入江聖奈(ボクシング)のプロフィールは?出身中学校や高校はどこ?

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

入江聖奈さんをご存知でしょうか?

なんと入江さんはボクシング女子フェザー級の選手なのですが、オリンピック出場が内定しており注目を集めています!

そんな入江聖奈さんとはどのような選手なのでしょうか?

早速リサーチしていきたいと思います。

入江聖奈 プロフィール

プロフィール

名前:入江聖奈(いりえ せな)

ニックネーム:イリエワニ

生年月日:2000年1月9日

年齢:19歳

出身地:鳥取県米子市

身長:164cm

好きな食べ物:いちご

好きなタレント:バカリズム

ボクシング 階級:フェザー級

得意技:左ジャブ

 

経歴は?

入江さんがボシングを始めたきっかけは母親でした。

入江さんが小学校2年生の時に母親が読んでいた漫画「頑張れ元気」の主人公がチャンピオンベルトを巻いているのを見て憧れを持ち、ボクシングを始めたのです!

その後、本格的にボクシングを開始するために地元鳥取のボクシングジム「シュガーナックルボクシングジム」に所属しボクシング人生をスタートしたのです!

所属当初は、女の子ということもあり「対戦練習はしないで!」との親の助言で対戦なしの練習をスタートしていましたが徐々に本格的な練習をスタートし始めて試合に出た際に相手にパンチが当たった瞬間、快感を覚えたと言います。

中学校は?

入江さんの中学校は地元である米子市内にある「米子市立 御藤ケ丘中学校」に通っていました。

運動神経が元々良かったこともあり、陸上部に所属した入江さんは若干1年生ながら駅伝の選手にも選ばれていました。やはり幼い頃からボクシングで鍛えたスタミナは同世代の中でも郡を抜いていた存在であったことでしょう。

と同時に超ハードな練習もこなしていたのも事実!

なぜならば陸上選手として朝練、午後練をこなした後に、ジムに行き夜練としてボクシングの練習をしていたのです!若干オーバーワーク気味とも取れるこの練習量。

入江さんはこの練習量を見事にこなしていき、努力で強くなっていった選手という事が分かります。

高校は米子西高!

高校は、中学校と同じく地元である「米子西高」に進学した入江さん。

中学校時代は無敗を経験したいたのですがここで初めて敗北を経験したのです!高校1年生の時のインターハイでフライ級代表の並木月海さんに負けました。

この相手こそ同じくオリンピック(東京五輪)の出場枠に選ばれた並木月海さんなのです。

入江さんはこの悔しさをバネに必死で練習し、高校1年の時の全日本大会で見事優勝を果たします!

しかし、その後に行われた選抜大会でライト級代表の濱本紗也さんにも敗北を期してしまいますが、高校2年生と高校3年生は無敗を貫きました。

現在は日体大!

https://www.instagram.com/p/B6U2OxaBg-S/?utm_source=ig_embed

現在は日体大に進学し、昨年の2019年に行われた世界選手権ではベスト8という素晴らしい成績を収めています!

最後に

ボクシング女子でオリンピック出場を決めた入江聖奈さんについて書かせていただきました。

ライバルである並木月海さんと出場することもあり互いに競い合える立場であることから良い成績を残してくれることでしょう。メダルも十分狙える選手ですので応援していきたいと思います!

頑張れ入江選手!

併せてコロナウィルスでオリンピックに支障が出ないことを願っています。